Kindle版エヴァンゲリオンが1冊162円で安売りしてたから全巻まとめ買いしてしまった

一昨日、AmazonのKindle本のランキングを見ていると、漫画『新世紀エヴァンゲリオン』(貞本義行/カドカワコミックス・エース)がトップ10に多数入っていることに気づいた。

価格を見ると、1冊あたり162円。12巻と13巻は168円。

紙の本よりも1冊あたり約400円も安い。

1冊あたりの金額が、ペットボトルのジュース程度の金額。

この金額設定は、恐ろしい。

無駄遣いと思いながらも毎日のようにジュースを買ってしまう私にとっては、ジュースを買うような軽い気持ちで、抵抗感なく買ってしまえる金額。

1巻から11巻までの合計金額:1782円。

12巻と13巻の合計金額:336円。

Kindle版だと、1巻から13巻まで2118円で買えてしまう。

紙の本よりも合計金額で約5200円も安い!

既に、13巻は紙の本でプレミアム限定版を買っていたし、その他にも何冊か紙の本で持っていたけれど、構わずKindle版で全巻買ってしまった。

紙の本があるのに、もったいないのではないか、という気持ちは多少あったが、出張先でもiPad miniにインストールしたKindleアプリで、エヴァンゲリオンがいつでも見られるのであれば、と思って買ってしまった。

既に紙の本を持っていても、安ければ(人によっては高くても?)電子書籍を買ってしまう人は私だけではないだろう。

出張だらけの私にとっては、紙の本よりも電子書籍の方が本当に有難い。 

Kindle版エヴァンゲリオン、今日だけで2時間ぐらい読んでいる。

面白い!

まとめ買いしてよかった。

13巻まで読んで気づいたのだが、まだ最終巻である14巻が紙の本、Kindle版どちらでも販売されていないようだった。

最終巻も含めて全巻買ったつもりだったが、既存のものを全巻買っただけのようだった。

紙の本で13巻を買っているくせに、13巻が最終巻ではないことを忘れていた。

最終巻、早く、発売してくれないかなぁ。

  
 

前へ

「プリンターをオフラインで使用する」にチェックを入れてもオンラインにならないプリンタ

次へ

ビジネスホテルで洗濯機と乾燥機を使用した場合に要する時間と料金