「たかのこの湯」(鷹ノ子温泉)のホームページをやっと見つけた

愛媛県松山市の地元に昔から住んでいれば、鷹ノ子温泉(タカノコオンセン)という有名な温泉を知っている人は多いと思う。
過去に何度か、温泉に入ったことがある人もいるだろう。

私のブログ記事を見る限り、私が鷹ノ子温泉を最後に訪れたのは、どうやら8年前の2004年1月6日のようだった。
※8年前の私のブログ記事:たかの子温泉 (愛媛県松山市鷹の子町)

この時の温泉施設名は、漢字の「鷹ノ子」ではなく、「たかの子」だった。

それから、いつだったかは忘れたが、「たかの子温泉」は閉鎖されてしまい、少し寂しい思いがしていた。

鷹ノ子温泉の存在をわすれかけていた頃、私が年に何回も利用している「媛彦温泉」の経営母体と同じ会社が、鷹ノ子温泉をリニューアルしてくれるようだ、という話を聞き、大変わくわくしていたところ、ついこの間、いつの間にか、リニューアルオープンしたようだった。

新しくできた鷹ノ子温泉の施設名は、「たかのこの湯」と言うらしい。

「鷹ノ子」→「たかの子」→「たかのこ」と「タカノコ」の部分が全部平仮名になったようだ。

妻が、行ってみたいかも、と思ったらしくて、「たかのこの湯」のホームページを検索サイト(Google)で探そうとしたが、検索結果ページの2ページ目にもなかったらしくて、検索サイトでは見つからない、と諦めたようだった。

だが、妻は、たまたま「たかのこの湯」のチラシを持っていたので、そのチラシに書いてあるURLをブラウザに手打ちし、無事に、「たかのこの湯」のホームページを見ることができたようだった。

リニューアルオープンしたばっかりなので、「たかのこの湯」のホームページへのリンクが、外部のサイトからあまり張られていないことが原因かもしれない。

普段、私のブログに鷹ノ子温泉関連のキーワードで訪問する方はほとんどいないのに、ここ最近多い(と言っても日に数件)のは、たぶん、「たかのこの湯」のホームページを見つけられなくて、私のブログ記事に迷い込んでいるのであろう、と思う。

以下が、「たかのこの湯」のホームページのようなので、迷っている方は、以下よりアクセスしてください。

「たかのこの湯」ホームページ
http://takanokono.jp/hotspring_takanoko/
※ホームページのURLが変更となっていることをコメントで地元民様にご指摘頂き、2014年1月1日にURLを修正しました。

日帰り温泉施設の「たかのこの湯」ではなくて、ホテルを探して迷っている方は、以下よりアクセスしてください。

「たかのこのホテル」ホームページ
http://takanokono.jp/
※まだ私や家族は「たかのこの湯」に行っていない。

近々、行ってみたいと思っている。
今、行ったら、人が多いのかなぁ。

  
 

前へ

デルモンテ「食塩無添加トマトジュース」(紙パック/200ml)を飲んだ

次へ

ひまわり乳業株式会社「高知育ち トマトヨーグルト」を食べる