内藤寿七郎 『赤ちゃんのSOSがわかる本—「あら、どうしましょう!」を「ホッとしたわ」に変えるQ&A』

日本人として初めてシュバイツアー博愛賞を受賞した著者が、母乳、ミルク、離乳食、アレルギー、夜泣き、発育、しつけ、病気などについての疑問をQ&A形式で分かりやすく説明してくれている。 ところで、本書の著者紹介を見ると、著者の肩書きは「日本小児科医会会長」となっているが、2004年6月更新の「日本小児科医会の組織」というホームページを見ると「日本小児科医会名誉会長」のようだった。1906年生まれということだから、今もご健在であれば、100歳!すごいなぁ。本の内容としては、著者の長年の医師としての経験に基づいて書かれているので「なるほど!」と納得できる良い本だと思った。
  
 

前へ

電車男

次へ

Shattered Glass / ニュースの天才