星野之宣 『大いなる回帰』

表題作他、「ウラシマ効果」「WAR OF THE WORLDS」「ターゲット」「灼ける男」「美しい星」「葬送船団」「鋼鉄のクイーン」「カルネアデス計画」「超新星メギド」という9つの作品が収録されている。もちろん、全てSF。表題作の「大いなる回帰」は、「2134年にハレー彗星が地球に衝突することを避けるために、2060年の人達がハレー彗星を消滅させる・させない、という攻防が描かれている。その背景には、ハレー彗星など「彗星こそが生命の母体」(主人公の父親の言葉)という考えがある。果たして、このお話のように金星に彗星を衝突させたらどうなるのかなぁ、と思って楽しくなった。
  
 

前へ

作:La ZOO/絵:荒川静恵(あらかわしずえ) 『はじめてのあかちゃんあそびえほん ママだっこ』

次へ

Tim Burton's Corpse Bride / ティム・バートンのコープスブライド