木戸次郎 『株はあと2年でやめなさい—そして2008年、修羅場がやってくる』

2006年頃までに株はやめなさい。どんなに遅くても北京オリンピックが開催される2008年までには株はやめなさい、という内容の本。ワイドショーなどで取り上げられるほど世間で流行中のネット株を社会勉強を兼ねてちょっとやってみようかな、と思っていた私に、「まずこの本から読んでみたら?」と妻に勧められた。妻はこの本を読んではいないのだが、ネット株チャレンジ=大損という方程式を暗記している妻にとっては、この本のタイトルだけで、私を諌めるのにぴったりだと思ったのだろう。 本の内容の大半が、政治問題についてのお話で、政治や世の動向に注目しておくことが株価の推移を推察する上で非常に役立つということだった。全体的に最後まで面白く読めたと思う。
  
 

前へ

落雷で地響き

次へ

[監修]Net Life Navigator [発行者]若松範彦 『一番よくわかるネット株の始め方—この一冊で今日からできる!』