水木しげる 『今昔物語』(上)

「色事師平中」「霊鬼」「大江山の悪夢」「老医師の恋」「かぶら男」「堂の主」などは、男女の色に関するもの。男女の色に関しては、古代から現代まで変わることのない永遠のテーマですね…。水木しげるのイメージが強いお化けを扱ったものはこの本にはあまり収録されていない。しかし、「かぶら男」の話などはかなり下品なのだけど、う〜ん、昔も今も、こういう下品な話はあったんですね。ここでは解説しにくいので、興味ある方は読んでみてください。
  
 

前へ

猫! 四国霊場51番札所石手寺にて (愛媛県松山市)

次へ

水木しげる 『今昔物語』(下)