夏目漱石 『坊っちゃん』

明治時代の愛媛県松山市を舞台とした小説。漱石が松山中学の英語教師として松山に1年間滞在した時の経験に基づいて書かれています。松山市は、この小説の影響(恩恵)をとても受けています。例:坊っちゃん団子、坊っちゃん列車、坊っちゃんスタジアム、坊っちゃん文学賞・・・など。
  
 

前へ

冨樫義博 『HUNTER×HUNTER 14巻』

次へ

村上春樹 『TVピープル』