宮部みゆき 『クロスファイア(上)』

青木淳子(あおきじゅんこ)(25、6歳)が主人公。悲しい、孤独に満ちた青木淳子の物語です。———青木淳子は超能力者で、パイロキネシス(念力放火能カ)という能力を持っている。その超能力ゆえに、青木淳子は自らを「装填された銃」と呼び、制裁すべき対象を探しながら質素な生活を送っていた。そんなある日、廃工場で「放射」を行っていると、偶然、凶悪な若者達と遭遇する。そして・・・。
  
 

前へ

[文]村上春樹・[絵]安西水丸 『ふわふわ』

次へ

宮部みゆき 『クロスファイア(下)』