新潟駅から徒歩3分のビジネスホテル・ターミナルアートインに宿泊して宿泊者特典の抗酸化陶板浴を500円で利用した感想

先日、JR新潟駅から歩いて3分程度の距離にあるビジネスホテル・ターミナルアートインに宿泊した。

ターミナルアートインの住所:新潟県新潟市中央区笹口1丁目15-1 [Googleマップで場所を確認する]

ターミナルアートインの入口(夜間の様子)
ターミナルアートインの入口(夜間の様子)。

ターミナルアートインの入口(翌日の早朝の様子)
ターミナルアートインの入口(翌日の早朝の様子)。

ターミナルアートインの5階客室通路
ターミナルアートインの5階客室通路。

通路には東芝のズボンプレッサーが5台ほど並んでいた。
ズボンプレッサーを使いたい人にとっては、これだけの数があると誰かが使っていて利用できない、ということは起きにくいであろうから利便性が良さそうだ。

ターミナルアートインのシングルルーム(部屋の入口から中をのぞいた時の様子)
ターミナルアートインのシングルルーム(部屋の入口から中をのぞいた時の様子)。

ターミナルアートインのシングルルームのベッド
ターミナルアートインのシングルルームのベッド。

ベッドのシーツは清潔で寝心地がよかった。

ターミナルアートインのシングルルームの机、椅子、テレビ
ターミナルアートインのシングルルームの机、椅子、テレビ。

机は十分広く、ノートPCを広げて作業しても特に不便さは感じない。

ターミナルアートインのシングルルームの浴室ドアの張り紙「ミネラル・活性水」
ターミナルアートインのシングルルームの浴室ドアの張り紙「ミネラル・活性水」。

レストランの朝食、飲料水、バスルーム、トイレ、洗面などにミネラル・活性水を使用しているとのことなので、健康に良さそうだ。

ターミナルアートインのシングルルームのユニットバス(トイレ、洗面台、浴槽)
ターミナルアートインのシングルルームのユニットバス(トイレ、洗面台、浴槽)。

風呂は少し狭いけれど、ビジネスホテルなのでこんなものであろう。
また、今回、風呂は別の施設のものを利用したのでこの風呂は使用しなかった。
トイレ、洗面台は清潔で快適であった。

ターミナルアートインご宿泊のお客様ご招待 抗酸化陶板浴 ゆらく駅南 500円 ご利用券
ターミナルアートインご宿泊のお客様ご招待 抗酸化陶板浴 ゆらく駅南 500円 ご利用券。

ホテルでのチェックイン時に、このご利用券をもらった。
ホテルから歩いて30秒ぐらいの距離に、ターミナルアートインと名前が似ているホテルターミナルインというホテルがあり、そのホテル内に抗酸化陶板浴 ゆらく駅南があるようである。

ご利用券によると、通常1800円もする料金がターミナルアートインの宿泊者には500円で抗酸化陶板浴 ゆらく駅南が利用できるということであった。
温泉、銭湯などの入浴施設が大好きな私としては、陶板浴には強い興味をかきたてられる。
24時間営業なので、日付がもう変わった深夜の時間帯でも行くことができるので、行ってみた。

ホテルターミナルイン 抗酸化陶板浴 ゆらくの看板、入り口(夜の様子)
ホテルターミナルイン 抗酸化陶板浴 ゆらくの看板、入り口(夜の様子)。

ホテルターミナルイン 抗酸化陶板浴 ゆらくの看板、入り口(早朝の様子)
ホテルターミナルイン 抗酸化陶板浴 ゆらくの看板、入り口(早朝の様子)。

抗酸化陶板浴 ゆらく駅南の看板
抗酸化陶板浴 ゆらく駅南の看板。

抗酸化陶板浴 ゆらく駅南のフロント(ホテルターミナルイン内)
抗酸化陶板浴 ゆらく駅南のフロント(ホテルターミナルイン内)。

この日まで私は「抗酸化陶板浴」というものを知らず、読み方も知らなかった。
抗酸化陶板浴とは、こうさんかとうばんよくと読むようだ。

岩盤浴に似ているけれど、岩盤浴よりも暑くない。
陶板の上にバスタオルを敷いてその上に横たわる。
横たわる時間は、その時の体調によっても異なるのだろうけれど、私は60分ほど横たわっていた。
最初の10分程度では特に何も感じないが、時間が経つにつれて徐々に汗をかきはじめて、体がぽかぽかに温められて気持ち良くなった。
居心地がいいので朝まで寝たら気持ちいいのだろうか、という誘惑にかられそうになったけれど、いくら健康に良さそうなものであっても、何事もやりすぎは体によくないであろうから、60分ほどで切り上げた。
シャワー室があるので、そこで汗を洗い流し、備え付けのシャンプーとボディソープで髪と体を洗った。

毎週、ストレス発散及び健康増進目的で温泉か銭湯には行っているけれど、今後は陶板浴も選択肢の1つに入れたいと思った。

JR新潟駅周辺で宿泊する良いホテルを探している人には、とても気持ちがよい抗酸化陶板浴が500円で利用できるターミナルアートインがオススメ!


前へ

紐を追いかけてソファーの下に突っ込んで停止する猫-ゆきお

次へ

名古屋駅から徒歩7分の銭湯・炭の湯ホテルに宿泊した感想