建設途中の松山市立余土中学校

小学校4年生の娘と一緒に自転車でウロウロしていた時に、建設途中の松山市立余土(よど)中学校の前を通ったので、自転車を停めて、現在の様子を見てみた。

建設中の余土中学校の新校舎等(愛媛県松山市保免西4丁目810-1)
建設中の余土中学校の新校舎等。
住所:愛媛県松山市保免西4丁目810-1付近。

秋頃に見た頃と比べると、かなり建設が進んでいた。
工事現場の壁に設置されていた看板を見ると、工事の期間は平成27年3月18日から平成28年3月18日までとのこと。
もう3か月もしないうちに、工事が完了するようだ。
ついこの間までは、この辺りには余土中学校のグラウンドぐらいしかなかったのに、もうこんな立派な建物が建っているとは!
学校ほどの大きな施設の建設でも1年もあれば終わるようなので、早いものだなぁ、と驚いた。
2016年1月2日現在は、余戸駅の近くにある余土中学校。
この新しい場所(アクアパレットに近い場所)に、余土中学校が移転するのは間もなくのようだ。

建設中の余土中学校の新校舎等の完成イメージ図(愛媛県松山市保免西4丁目810-1)
建設中の余土中学校の新校舎等の完成イメージ図。

工事現場の壁に飾ってあったこの完成イメージを見ていると、余土中学校の校舎の屋根にはソーラーパネルが付く予定のようだ。
私が25年前に通った中学校(余土中学校とは違う中学校)には当然ソーラーパネルなど設置されていなかったので、時代の流れを感じた。
ソーラーパネルが設置されることで、生徒達に何かメリットがあるといいなあ。

《関連リンク》
解体工事中の旧余土中学校校舎等の様子-2016年9月3日昼頃
余土中学校 新校舎見学会に参加。愛媛県材の木造の床、壁、教室が綺麗。

  
 

前へ

Amazon Prime Musicが楽しすぎる

次へ

階段に無造作に置かれた段ボール箱の中を後ろ足二足で立ち上がり覗きこむ猫-ゆきお