PHPのfile_get_contents()関数でURLを指定してページ情報を取得する方法

PHPのfile_get_contents()関数でURLを指定すると、インターネット上に公開されているページの中身(HTMLソース等)を取得できる。

《書式》

$tmp = file_get_contents("ここにURLを記入する");
※変数$tmpの中にページの中身が格納される。

《Windows 7のコマンドプロンプトでfile_get_contentsを使用し、ページの中身をテキストファイルとして出力する例》

C:\php-5.4.5-Win32-VC9-x86>php -r "$tmp = file_get_contents(\"http://nobuneko.co
m/index.php\");echo $tmp;" > aaa.txt

(1)https://nobuneko.com/index.phpにアクセスしてHTMLソース等のページ情報を取得する。

(2)取得したページ情報を変数$tmpに格納する。

(3)$tmpの中身をechoで標準出力する。

(4)標準出力した内容をテキストファイル「aaa.txt」に出力する。
※上記の例の場合、aaa.txtは、カレントディレクトリのC:\php-5.4.5-Win32-VC9-x86直下に出力される。

《備考》

存在しないページを取得しようとした場合、以下のようなエラーが表示されるので注意すること。

PHP Warning: file_get_contents(https://nobuneko.com/index.html): failed to open
stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found
in Command line code on line 1

  
 

前へ

ホテルルートイン横浜馬車道の大浴場のお湯が37.5度しかなかった

次へ

マクドナルド小倉駅前店には充電できるコンセントがない