ホテルルートイン横浜馬車道の大浴場のお湯が37.5度しかなかった

本日の神奈川県横浜市への出張では、「ホテルルートイン 横浜馬車道」に宿泊している。

前回宿泊した時に利用した、ホテルの11階にある「ラジウム人工温泉大浴場『旅人の湯』」という大浴場が気持ちよかったので本日も楽しみにしていた。

しかし、ホテルにチェックインする時に、フロントの人からかなり申し訳なさそうに、本日の大浴場は(清掃が遅れたとかそういった理由だったと思うが)、お湯がぬるい可能性があります、という説明を受けた。

その時に、もしかすると、そろそろ大丈夫かもしれない、ということだったのだが、私としては、それからさらに2時間ぐらい時間を空けて大浴場に行った。

シャワーからお湯が出なかった。

チロチロ、というレベルでもなく、全く出なかった。

いくつかのシャワーを試していると、チロチロ、というレベルでシャワーが出ることもあった。

シャワーは使えないから、仕方ないので、洗面器で浴槽のお湯をすくって浴槽のお湯で体を洗うことにした。

普段なら普通にしないことだが、もう仕方がない。

このような状況なので、嫌な予感、と思いながら、浴槽に手を突っ込んでみると、ぬるい。

浴槽に温度計が設置されているで、見てみると、「37.5度」くらいだった。

これでは、体を洗った後で浴槽につかっても、体はあまり温まりそうにない。

前回の印象が良かっただけに残念。

時間をあけてから再度お風呂場に戻ってくる、ということは面倒だったので、今日は諦めて、ぬるい浴槽につかって我慢した。

次回宿泊する時は、温かいお湯だといいなぁ。

  
 

前へ

松山空港9時35分発、羽田空港行きのANA便(ANA584)が25分遅延した

次へ

PHPのfile_get_contents()関数でURLを指定してページ情報を取得する方法