CASIOの腕時計「G-SHOCK」シリーズの青いデザインの型番(AW-591-2AJF、M100A-1AJF、AWG-100BC-1BJF)が素敵だ

これまで、あまりCASIOの腕時計のG-SHOCKシリーズには興味がなかったのだが、つい最近、AW-591-2AJFという型番の青いデザインの時計を見て大変興味を持ってしまった。


[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック STANDARD アナログ/デジタルコンビネーションモデル AW-591-2AJF メンズ

これまで興味がなかったのに、何故、興味を持ってしまったのか。

青が美しいからだ。

暗い青ではなく、明るい青、というのも良い。

時計の短針にも青が使われているのが良い。

残念なのは、このデザインのG-SHOCKには、ソーラー充電機能がなく、電波による自動時刻合わせ機能がない、という点だけ。

他の青いデザインのG-SHOCKシリーズを探してみると、M100A-1AJFとAWG-100BC-1BJFが見つかった。

しかし、これらは、青いことは青いが、私が興味を持ってしまったAW-591-2AJFのような明るい青ではない。

値段も、AW-591-2AJFの2倍〜3倍する。

だから、これらには目もくれない、ということではなく、青のデザインが明るくない点は残念だが、これはこれで良いかも、と思って、目移りをしてしまった。

本当は、もう買う気満々で、昨日あたりに買おうとしていたのだけれど、迷ってしまって買えなくなった。

高校生の時には時計を身に着けていたけれど、携帯電話やPHSを持ち歩くようになってからは、時計を身に着けなくなってしまった。

しかし、時計があったらいいなあ、と思う時はよくある。

特に、バイクに乗っている時や出張時に色々な乗り物に乗るのに時間を気にしながら移動している時だ。

高校を卒業してから16年も時計を身に着けずに生活できているので、今すぐ腕時計を買わないといけない、というような切迫した事情などはないので、のんびりと他のメーカーの時計も見るなどして考えてみたいと思う。

といったことを1時間ほど前に書いたのだが、17時15分頃に、amazon.co.jpで
[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック STANDARD アナログ/デジタルコンビネーションモデル AW-591-2AJF メンズ
を注文してしまった!

つまり、結局のところ、一番最初に私の興味をかきたてた「AW-591-2AJF」という定価1万2600円の安い価格帯の時計を購入することになった。

注文した時計が自宅に到着するのが楽しみ!



  
 

前へ

会社の事務机にカップラーメンとお菓子を保管できるようになった

次へ

100円ショップ・ダイソーのiPod touch第2世代用の液晶画面保護フィルムをiPod Touch第4世代用に使用できるかどうか