PostgreSQLでの「\cd」コマンドによるカレントディレクトリの変更方法

psqlであるデータベースに接続した後、カレントディレクトリ(現在のディレクトリ/作業ディレクトリ)を変更したい場合がある。
そのような場合は、

\cd ディレクトリ名

と入力し、[Enter]キーを押すことで、カレントディレクトリを変更できる。

《備考》PostgreSQL8.1のヘルプに記載されている情報
\cd [DIR] change the current working directory

《例》Linux(CentOS 5)+PostgreSQL 8.1でカレントディレクトリを変更する方法
[root@nobuneko ~]# psql -U postgres nobuneko_database
Welcome to psql 8.1.23, the PostgreSQL interactive terminal.

Type: \copyright for distribution terms
\h for help with SQL commands
\? for help with psql commands
\g or terminate with semicolon to execute query
\q to quit

nobuneko_database=# \cd /home/nobuneko ※/home/nobunekoをカレントディレクトリとする場合の例

  
 

前へ

久しぶりに3日連続で休んだ

次へ

WILLCOM W-ZERO3 WS003SH(S)にやっと電話帳データを移行した