WILLCOM W-ZERO3 WS003SH(S)にやっと電話帳データを移行した

約2ヶ月前の8月21日に電話機をWILLCOM W-ZERO3 WS003SH(S)に変更してから、ずっと怠けていたことがある。

それは、それまで使用していたW-ZERO3 [es] WS007SHに登録されていた電話帳データをWILLCOM W-ZERO3 WS003SH(S)に移行する作業だ。

移行していなかったので、アドレス帳には1件も登録がないまま、2ヶ月間を過ごしてきたことになる。

妻からは、

「電話がかかってきた時に、誰から電話がかかってきたか分からないと電話にとるのが怖くない?かける時にはどうするの?」

とか言われたのだが、

「電話がかかってくる人は決まっている人しかいないので、電話番号を見たら分かるから、怖くない。それに電話なんてほとんどかかってこない。かける時も同じ理由で問題ない。電話をかける相手は、よく電話がかかってくる相手と同一人物なのだから、着信履歴を見て電話をかければ問題ない。」と返事をしたこともある。

念のため、それまで使用していたW-ZERO3 [es] WS007SHも持ち歩いていたが、結局、それを使用して電話帳を見ることは、たぶん、この約2ヶ月の間一度もなかった。

もう永遠にこのままでもいいかも、と思っていたのだが、その気持ちが変わった。

本日、実家のNTT固定電話番号が廃止され、IP電話番号だけになった、という連絡メールが届いていることに気づき、さて、IP電話番号って何だろう、と思った。

私が記憶している電話番号は、実家のNTT固定電話番号、自分のPHSの電話番号、会社の連絡先の3つしかない。

何と、未だに妻の電話番号も、自宅のNTT固定電話番号も覚えていない。

だから、実家のIP電話番号などは覚えているわけがない。

妹に電話して聞こうと思ったのだが、妹の電話番号も覚えていない。

うーん、こうなると、もう諦めるしかない。面倒くさくてやる気になれなかったのだが、ついに、W-ZERO3 [es] WS007SHに登録されていた電話帳データをWILLCOM W-ZERO3 WS003SH(S)に移行する作業を行った。

※以下のサイトを参考にしながら、「PIM Backup application (v2.8.5)」というソフトウェアをPHS端末の計2台にインストールして、電話帳データの移行作業を行った。

【データ移行・前編】W-ZERO3シリーズからAdvanced/W-ZERO3[es]へ乗り換えるためのデータ移行方法
http://www.willcom-fan.com/wzero3/entries/tantan/000394/

PIM Backup - v2.8
http://www.pocketpcfreeware.com/en/index.php?soft=1806

PIM Backup application (v2.8.5)
http://www.dotfred.net/
※このサイトで、「Download PIM backup v2.8.5 for WM5 & WM6 (ZIP file)」というリンクより、PPCPimBackupV2.8.5_wm2005.zipというファイルをダウンロードした。

移行作業は、20分程度で完了した。

電話帳データには、妹の電話番号も実家のIP電話番号も入っていたので、これで困ることはないだろう。

何故、この20分という時間を私が面倒くさがっていたのか、他の人の感覚ではたぶん理解できないだろう。

娘と一緒にアニメDVDを何本も観る暇があったら、できないことはないだろう、と思われそうだが、アニメDVDは、ただ再生して眺めているだけで良いから楽なのだが、この電話帳移行作業はたとえ20分と言えども、自らが主体的に作業しないといけないし、多少頭を使わないといけない作業なので、私にとっては、ハードルが高かったのだ。

みっともない言い訳をしているが、この2ヶ月間の私には、その20分がしんどくてできなかった。

たぶん、今日何とか作業ができたのは、必要に迫られた、ということもあるが、3週間ぶりに休日がとれた、少し心に余裕ができた、という理由もあるかもしれない。

まだ肩がかなり痛いし、偏頭痛も残っているが、今朝までよりは随分マシになった。

  
 

前へ

PostgreSQLでの「\cd」コマンドによるカレントディレクトリの変更方法

次へ

PostgreSQLでの「\copyright」コマンドによる著作権表示の方法