伊予鉄道古泉駅と野良猫の様子


古泉駅北側から見た古泉駅。

エミフルMASAKIがオープンした影響だと思うが、古泉駅ホームにはたくさんの人がいた。
これまでの古泉駅では、こんな光景は滅多にないのだろうが、今後はこれが当たり前になるのだろうか。


古泉駅ホーム下にはこれまでと同じように猫がいたので安心した。
ホームの壁にお尻をくっつけて座る白黒猫。


駐輪された自転車のタイヤとタイヤの間から出てきたところで私を見つけて「あ、しまった」といったような顔で口を開けている猫。


しかし、すぐに毛づくろいをはじめた。


古泉駅ホーム下・西側の地面を歩く猫2匹。
1匹は尻尾を立てている。
2匹でどこに行くのだろう。
・・・荒野を冒険する2匹の猫の後をつけてみたいが、この敷地は立ち入り禁止なので外から眺めるだけにした。


線路をまたごうとする猫達。
尻尾を立てた1匹は既に前脚を線路のレールの上に置いたようだ。
もう1匹は西側・松前駅方面を見ている。電車が来ないかどうかを見ているのだろうか。


古泉駅南側からみた古泉駅とエミフルMASAKIの駐車場(ただし、この辺は店員さん専用の駐車場っぽい)。

  
 

前へ

森田まさのり 『ROOKIES』 全24巻

次へ

エミフルMASAKIの2階からの眺めとリラックマと娘