今日はたぶん娘が生まれて初めてファイルを作成した日

娘がパソコンのキーボードやマウスを触るのが好きなのは知っていたのだが、本日はすごいことをやってくれた。なんと、ファイルを勝手に作ったのだ。私と妻の記憶に間違いがなければ(あるいは私達夫婦が知らないところでパソコンに触っていないのであれば)、たぶん娘が生まれて初めて作成したファイルではないだろうか。

残念ながら娘が作成したファイルは既に削除してしまったのだが、娘がファイル作成に利用したQXエディタの「最近編集した文書一覧」から娘が作成した正確なファイル名を確認することはできた。以下にQXエディタで表示されるエラーメッセージを表示する(既にファイルが削除されているのでこのようなエラーメッセージが出る)。



ファイルは「ccccccccvm9オ、.ン」というファイル名で作成されている。拡張子が「.ン」というのが面白い。こんな愉快な拡張子は初めて見たので大いに笑ってしまった。
娘の小さな手がキーボードをバンバンと叩いたり、押さえつけたりするだけで偶然このようなファイルができてしまった。もし、もっと好き放題させたら、重要なファイルを変更されたり消去されたりしそうで大変怖い(笑)。

私の目の前で娘はこの偉業を生後わずか9ヶ月(あと10日で10ヶ月)でやってのけた。その時に娘の行為に感動はしたのだが、何故かこの記念すべきファイルを私は消去してしまったのだ。時間が経つにつれ、この重要さに気づかなかった私の愚行に対する後悔の念が強くなっている・・・。

娘が将来本格的にパソコンを使い始める日が楽しみだ。
  
 

前へ

スーパーでの福引の結果

次へ

IDE−USB 2.0変換アダプタで外付ハードディスク化