ホイールボタンに溝がないAmazonベーシックの有線マウスが良い!

愛用していた有線マウスが先日壊れてしまったので新しく買い替えることにした。
同じ商品を買おうと思ってネットで探してみたところ、生産終了品だったために取り扱い終了となっているサイトが多く、たまに販売されているサイトを見つけても値段が高かったので仕方なく別の商品を探すことにした。

ネットで数多く販売されている有線マウスの商品写真を見ていてすぐに気づいたことがある。

これまで愛用していたマウスのホイールボタン(スクロールボタン)は表面がツルツルしていたが、現在、ネットで販売されているマウスの多くがホイールボタンの表面はツルツルしておらず、溝が入っている!

指でホイールボタンを操作した際には溝があった方が指が滑りにくい、という利点があるのかもしれないが、日常的に長時間ホイールボタンを利用する私としては、ホイールボタンの溝に触れた時の指の感触に違和感を覚えて使いにくい、ということがないだろうか、と不安になってしまった。
そこで、ホイールボタンに溝がない有線のマウスにこだわってAmazonのサイトで商品を探したところ、レビュー数がかなり多く、とても高評価の商品が見つかったので試しに買ってみた。

買った商品は「Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック」だ。

以下、商品レビュー。

Amazonベーシック マウス USB有線 ブラックの箱
Amazonベーシック マウス USB有線 ブラックの箱。

マウス1つにしてはやけに大きい箱ではあるが、これは梱包がしっかりしているだけで、マウス本体はそこまで大きくはない。
箱には日本語で「3ボタンUSB有線マウス」、英語で「3-Button USB Wired Mouse」と書かれている。

Amazonベーシック マウス USB有線 ブラックの箱の蓋を開けた時に見える箱の中身
Amazonベーシック マウス USB有線 ブラックの箱の蓋を開けた時に見える箱の中身。

マウス本体が段ボールでしっかりと包まれており、見えているのはUSBケーブルのみ。
これだけ丁寧に梱包されているので、配送中にマウスが壊れることはほぼないであろう。

Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック
Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック。

黒色の落ち着いたデザイン。
「amazonbasics」というブランドのロゴが目立っているが、私は気にならない。
大きさについては、大きすぎず、小さすぎずと言ったところ。個人的には普通サイズだと思う。
Amazonのサイトに掲載されている「商品の寸法」(幅 × 高さ)では「10.9cm×6.1cm×3.4cm」となっている。


Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック(底面)
Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック(底面)

底面にはシリアルナンバー等が書かれている。
前部に2か所、後部に1か所、滑り止めがある。

Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック(左側面)
Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック(左側面)。

Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック(右側面)
Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック(右側面)。

上から見ても横から見てもマウスのホイールボタンに溝がないことが分かる。

このマウスを購入してから1か月半ほど使用してみての感想。

長いことホイールボタンに溝がないマウスを使っていた「長年の慣れ」も関係しているとは思うが、ホイールボタンに溝がないAmazonベーシックの有線マウスはホイールボタンを長時間触っていても指が疲れたり、ホイールボタンを触った時の感触にも違和感を覚えることはなかった。
左クリック時、右クリック時のボタンを押し込む時の感触も気にならなかった。
とても使いやすいマウスだ。
私が現在日常的に使っているMicrosoft Surface Pro 6のWindows 10、MacBookAirのWindows 10のどちらも、マウスのUSBケーブルを指すだけですぐに使い始めることができた。
Amazonのサイトの情報によると、WindowsとMac OSの両方に対応しているようであるから、Windowsユーザ、Macユーザのどちらでも使えるマウスのようだ。

ブランドとメーカーが「Amazonベーシック(AmazonBasics)」になっているからだろうか。値段が安い割に良い商品だった。
買ってよかった。

前へ

愛媛県立松山北高校の写真(2020年の写真8枚+1990年代の写真1枚)