800円以下のエレコムのキーボードが激安なのに高品質 - 長時間の快適タイピングが可能になった

2か月ほど前にWindowsパソコン用のキーボードを購入した。

これまで使用してきたタブレットPCに付属している簡易的なキーボードではタイピングした時の手指の感触が快適ではなく、短時間だと耐えられるけれど長時間だとキータイピングするたびにイライラ感と疲労感が蓄積されていき、作業が終わる頃にはとてつもないストレスを感じていたから、これを何とか解消しようと思ってタイピングの快適なキーボードを購入することにした。

そもそもタブレットPCに付属するキーボードは、長時間快適にキータイピングができるように使いやすさを第一優先とした設計思想にはなっていない。
使いやすさよりもモバイル性を重視し、キーボード面積の縮小、重さの軽減のために「あまり使われない」と判断されたキーは削除され、タブレットの液晶画面サイズにぴったり収まるようにキー配置が行われている。
滅多には使わないけれどあると便利なキーであるとか、人間の手指が操作するのに押しやすい絶妙の位置にキーが配置されている、というわけではない。
本来のパソコン用のキーボードは、人間の手指で操作しやすいことを主条件としてキー配置が設計されているものであるが、モバイル性重視の簡易的なキーボードは人間の手指で操作しやすいかどうかは主条件ではない。

パソコン用のキーボードで長時間快適に文章を書き続けられるようにするためには、キーボードの購入が必要であると考えたので購入した。
現時点ではお金持ちではない私にはパソコン用のキーボード購入に使えるための予算は限られているから、1,500円以内のキーボードを探した。

Amazonで1,500円以内のキーボードを探すと複数ヒットした。

検討した結果、私が購入したのはエレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKという商品。

気になる価格だが、2か月前購入した時は税込772円だった。
それでも十分安いのに、2018年12月1日現在はもっと安くなっていて、なんと税込669円
1,500円以下という価格帯で探していたのに、その半額にも満たない激安価格帯のキーボード。

安すぎるキーボードは品質が悪いと考える人もいるかもしれないけれど、そんなことはない。
価格設定がどうであろうと、高かろうと安かろうと良いものは良く、悪いものは悪い。

このエレコムの激安キーボードを2か月ほど使用してみて感じたのは、何千円、何万円もするゲーミング用のキーボードには負けていると思うけれど、それは比べる相手が悪すぎるだけ。
この何十年もの間に私が使ってきた色々なキーボードの中では、かなり使い勝手がよいと思えるキーボードであることは確かだ。

このエレコムのキーボードは安い割には結構良いぞ、いやいや、かなり良いぞ、という感じである。

エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKの箱
エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKの箱。

とても簡素な箱だ。
通常、家電量販店などで並んでいる高価なキーボードの箱にはキーボードのカラー写真が印刷されていることが多く、箱にもそれなりの費用がかかっていると考えられる。
キーボードを衝撃から守ったりして綺麗な状態で梱包しておくだけであれば、このような段ボール紙の簡素な箱でも全く問題ない。

【エレコムのキーボード・TK-FFCM01BKの商品情報】
ブランド:ELECOM(エレコム)
商品重量:599g
梱包サイズ:12.8 x 43.5 x 2.4cm
メーカー型番:TK-FFCM01BK
カラー:ブラック
商品の寸法:幅 × 高さ 43.5 x 2.4 cm
OS:Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP

エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKの箱の中に収まる未開封のキーボード
エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKの箱の中に収まる未開封のキーボード。

エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BK
エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BK。

安い値段ということもあり無線ではなく有線のキーボード。
有線のキーボードであれば電池交換または充電切れについての心配や手間を考えなくてよい、という利点がある。
無線キーボードが欲しかったわけでもないので、有線のキーボードで十分満足している。

エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKの裏面
エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKの裏面。

エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKの裏側の角度調整爪(閉じた状態)
エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKの裏側の角度調整爪(閉じた状態)。

エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKの裏側の角度調整爪(開いた状態)
エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKの裏側の角度調整爪(開いた状態)。

キーボードは斜めに傾いていた方がキーを打ちやすいから、角度調整用の詰めがあると便利である。

エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKのキー配列(左側)
エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKのキー配列(左側)。

エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKのキー配列(中央)
エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKのキー配列(中央)。

エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKのキー配列(右側、テンキー)
エレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKのキー配列(右側、テンキー)。

モバイル性重視の簡易的なキーボード、小型のノートパソコンのキーボードには、通常、テンキーが付いていない。
テンキーがあると、数字を集中的に入力したい時に便利である。

今回購入したエレコムの激安キーボードを使用してみた感想としては、高価なゲーミング用キーボードのように気持ちが良すぎるほどの打鍵感はないけれど、長時間ブログを書くために使用するキーボードとしては十分気持ちが良い打鍵感。

今回の記事もこのエレコムのキーボードで書いているのだけれど、これまでに簡易的なキーボードで感じていたイライラ感や疲労感からは完全に解放されている。
長時間快適にキーボードで作業をしたいのであれば、やはり使いやすいキーボードを購入した方がよい。
使いやすいキーボードは高価なものではなくても、1,500円以下の価格帯のキーボードでも十分である。
どのメーカーのキーボードも十分な品質があるかどうかは分からないので、現在の私からのおすすめは上述したエレコム キーボード 有線 メンブレン式 USB接続 ブラック TK-FFCM01BKとなる。

簡易的なキーボードでは満足していない人、パソコン用のキーボードが壊れたので安くて良い物を探して買い替えようと思っている人、どちらの人にもオススメできる良い商品だと思う。

【ショッピングサイトで1,500円以内のキーボードを探す】
Amazonで1,500円以内のキーボードを探す
楽天で1,500円以内のキーボードを探す

  

前へ

日本製の箸がやはり安心できておすすめ - イシダのかわいいうさぎデザインの天然木の箸を購入して使用した感想

次へ

東京ではコートはいつから着ればよいのか - 2018年12月初旬なのに暑い!