末廣ラーメン本舗で中華そばを食べた感想

昨夜の22時頃、夕食を食べられるお店を探すために、宿泊先の宮城県仙台市内のホテル「ホテルクラウンヒルズ仙台青葉通り(BBHホテルグループ)」にほど近いアーケード型の商店街をぶらぶらと歩いて仙台駅に向かっていると、夜の22時だという遅い時間にもかかわらず、お店の外まで行列を作っている中華そば屋さんがあることに気づいた。

中華そば屋さんの名前は、末廣ラーメン本舗。

末廣ラーメン本舗の看板と暖簾
末廣ラーメン本舗の看板と暖簾。

看板には、「昭和十三年創業 駅前屋台中華そば」と書かれており、かなり歴史がある中華そば屋さんであることが分かる。

これは美味しそうだなあ、と思って行列に並ぶ。
この日の仙台市内は、昼間からやや肌寒い気温で、夜もとても涼しかった。
この涼しさなら、長時間待つことも平気だ、と思いながら30分ほど待つことを覚悟していたが、10分も待たないうちにお店に入ることができた。
どうやら、私が一人客だったため、お店の人が団体客の人に、私を先に案内してよいか、という話をしてくれたようだった。
団体客としても、誰か1名だけ店に入っても仕方がないので、私を先に通すことについては快く了承してくれていたようだった。

末廣ラーメン本舗店内カウンターに並ぶ取り放題のネギ
末廣ラーメン本舗店内カウンターに並ぶ取り放題のネギ。

どんぶりいっぱいに入っているネギが無料で取り放題、食べ放題とのこと。
ネギ好きの私にとっては、大変嬉しい。

末廣ラーメン本舗の中華そば(並)と半チャーハン
末廣ラーメン本舗の中華そば(並)と半チャーハン。

お値段は、合計1000円のセット価格。

少しお値段は高めだが、なかなかの量だし、お肉もたっぷり入っているし、ネギが食べ放題なこと、そして何よりも美味しいことを考えると、決して高くはないお値段。

何度か通いたくなるほど美味しいと思える中華そばだった。

末廣ラーメン本舗の外観と2016年7月20日22時34分頃の行列の様子
末廣ラーメン本舗の外観と2016年7月20日22時34分頃の行列の様子。

私が食べ終わってお店を出た時のお店前の様子。
まだ行列ができているが、皆、楽しそうに待っている。
このお店の中華そばが、おいしいから待てるのであろう。

また、私も行きたいと思う。

  
 

前へ

仙台駅の駅弁「炭火焼風牛タン弁当」を食べた感想

次へ

ポケモンGOで生まれて初めてポケモンをプレイしてみた感想