iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008のレビュー(バッテリーは最初から充電済みだった!)

Amazon Japanで注文したWindows 10タブレット「iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008」が無事に指定したコンビニに届いたので、コンビニで受け取り、アパートに持って帰る。

以下は、Amazonの箱を開封してから、iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008を起動するあたりまでのメモ。

片手で持つiRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の箱
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の箱は、このように片手で簡単に持てる。

箱に入ったままでも、とても軽い。
箱は綺麗な白色で、堅く厚みがあり、ちょっとやそっとの衝撃では壊れそうにない安心感がある。

箱を開封して中身を取り出す。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の箱と中身
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の箱と中身。

Windows 10タブレット、日本語マニュアル、USBケーブル、ACアダプター、クーポン券が付いていた。
Windows 10タブレットは、衝撃を吸収する白くて柔らかい袋の中に入っていたので、このタブレット用の袋を100円ショップなどで購入するまでは、この白い袋を使わせてもらうこととする。

ACアダプターは、日本のコンセントに挿すことができる日本仕様だったので安心した。
海外仕様だったら変換アダプターを購入しないといけないところであったが、日本語マニュアルが付いてくるぐらいだから、そんな心配は無用であったのかも。

USBケーブルは他の商品を購入しても付属品として入っていることが多いので、個人的には、USBケーブルはたくさん持っていて不要だと思ったが、持っていない人にとっては有り難いかもしれない。
USBケーブルよりも、HDMIケーブルの方が欲しかった。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の液晶画面に貼られていた注意事項
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の液晶画面に貼られていた注意事項。

この注意事項は英文で、付属していた日本語マニュアルでは特に説明がされていないようであったが、特に難しい英文ではないので、内容としては理解できた。
英単語の綴りが間違っていることは気になったが。

1.Remove the thin film by grasping a corner of the film and peel it alway from the screen.
「peel it alway from」は、「peel it away from」(alwayではなくaway)のことだと思うが、要するに、タブレットの角にあるフィルムをつかんで、スクリーンからフィルムを剥がしてください、という指示。
指示に従い、フィルムを剥がす。

2.Charge the tablet for about 10 hours before the first time use.
タブレットを初めて使用する場合は、使用する前に約10時間充電してください、という指示。
この指示を読み、10時間というとてつもない長さにがっかりしてしまうが、ACアダプタで充電を開始すると、予想外のことが判明した。(後述する。)

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の液晶画面
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の液晶画面。

液晶画面に貼られていた注意事項のフィルムを剥がすと、なんと驚くことに、液晶画面には液晶保護フィルムらしきものが貼られているように見える。(このブログの写真では分かり難いけれど。)
実際に液晶保護フィルムなのかどうかは、詳しい情報を見つけることができていないので分からないが、私としては、自分で液晶保護フィルムを買ってきて貼り付ける必要性は感じないので、このまま使おうと思った。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の裏側
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の裏側。

白色デザインで綺麗な印象。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の側面の各端子部
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の側面の各端子部。

左から順に、TF CARD(マイクロSDカード)の差込口、イヤフォン用の差込口、マイクロHDMIケーブルの差込口、マイクロUSBの差込口、スピーカーが並んでいる。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のACアダプター
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のACアダプター。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のACアダプターに記載されている内容
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のACアダプターに記載されている内容。

Model/品番:JHD-AP012J-050200AA
Input/入力:100-240V~ 50/60Hz 0.35A
Output/出力:5V 2000mA

All WAYS SUPPLY CHAIN CO.,LTD
Shenzhen Jihongda Power Co.,Ltd

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)に表示された電池の絵
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)に表示された電池の絵。

ACアダプターをコンセントに挿すと、間もなく液晶画面中央に緑色の電池の絵が表示された。

電池の絵は、iPhoneやiPad miniやiPod touchで充電をするときに表示される絵に似ている。
電池の中身全てが緑色で表現されている。
電池(バッテリー)が満タン......かも。

どうやら、液晶画面に貼られていた英語の注意書きとは異なり、初めてタブレットを使用する前に10時間も充電する必要はなさそうだった。
ひょっとしたら日本向けの製品だけかもしれないが、あるいは、私がたまたま運が良かっただけかもしれないが、商品購入時点でWindowsタブレットのバッテリーが充電された状態で、すぐに使用できるのは嬉しい。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の起動中の画面
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の起動中の画面。

タブレット側面の電源ボタンを押すと、システムが起動して、「Walknbook W3Mini Powered by iRULU」のロゴが表示された。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の「こんにちは」画面
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の「こんにちは」画面。

Windows10のセットアップ画面が最初から日本語で表示された。
たったこれだけのことだが、日本向けにきちんと調整して販売されている商品であることが分かるので、私の中でiRULUというメーカーの評価が上がった。

これなら、英語が苦手な人にとっても親しみが持てると思う。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の起動後の画面
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)の起動後の画面。

あっさりとWindows 10のセットアップが終わり、Windows 10の起動が完了する。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のスタートメニューに表示されているアプリケーション
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のスタートメニューに表示されているアプリケーション。

Windows 10らしいお馴染みのメニューが表示された。
電源ボタンを押してから、ここまでの間に要した時間は10分程度だろうか。
ブログ用の写真撮影やメモなどの時間を省くともっと短い時間でセットアップは終わったであろうと思う。(具体的に実際にかかった時間が3分程度なのかどうかは覚えていないが、とにかく早かった。)
昔のWindowsに比べると、セットアップに要する時間が随分短縮された。

さて、初期セットアップ直後の主なリソースの使用状況は以下の通り。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のCドライブ使用状況
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のCドライブ使用状況。

「空き領域 19.6 GB/28.0 GB」との表示。
約20GBの空き領域があるようだ。
これだけあれば、私としては十分かな。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のCPUの使用状況
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のCPUの使用状況。

CPU:Intel(R) Atom(TM) CPU Z3735F@ 1.33GHz
使用率:41%
速度:1.58 GHz
プロセス数:71
スレッド数:981
ハンドル数:33237

最大速度:1.33 GHz
ソケット:1
コア:4
論理プロセッサ数:4
仮想化:有効
L1キャッシュ:224KB
L2キャッシュ:2.0MB

※後日使用して分かったことだが、これまでAtomは遅いという印象しかなかったが、ブラウザでのサイト閲覧程度であれば、遅いという印象は全くなく、ストレスなくさくさくと動いた。
私がWindowsタブレットを購入した目的は、主にブラウザでのサイト閲覧と、ブラウザでのブログ更新程度となるのだが、その目的をかなえるには十分なスペックであることが使用してみてよく分かった。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のメモリの使用状況
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のメモリの使用状況。

メモリ:2.0 GB DDR3
使用中:1.3 GB
利用可能:647 MB
コミット済み:1.4/2.6 GB
キャッシュ済み:676 MB
ページプール:288 MB
非ページプール:153 MB

速度:1333 MHz
スロットの使用:1/1
フォーム ファクター:DIMM
ハードウェア予約済み:63.3 MB

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のディスク使用状況
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のディスク使用状況。

ディスク0 (C:):Generic NCard
アクティブな時間:100%
平均応答時間:1626 ミリ秒
読み取り速度:502 KB/秒
書き込み速度:836 KB/秒

容量:28.9 GB
フォーマット済み:28.8 GB
システム ディスク:はい
ページ ファイル:はい

以上のスペックのWindows 10タブレットPCをわずか11,888円という激安価格(1万2千円以下!)で新品で購入できたのは、驚異的としか言いようがない。
すごいコストパフォーマンスだ。

iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のバッテリー残状況
iRULU Walknbook W3Mini 8 JW008(Windows 10タブレット)のバッテリー残状況。

確認すると、バッテリーの絵(電池の絵)の中のメモリが満タンになっており、絵の隣には「100% 充電していません」というメッセージが表示されている。

購入してすぐに使えるのは本当に便利。
※後日、バッテリーについては、こまめに充電をしておかないとバッテリー切れになりやすいことに気付いた。
バッテリーの持続時間については、私がそれまで使っていた、iPad miniの方が長かったと思う。
iPad miniなら、機内モードにしなくても1週間ぐらいはバッテリーが平気で持っていたが、このWindowsタブレットは2日程度しか持たない。

外出先で作業をする場合は、ブルートゥースキーボードで長時間文章を入力するような作業を行う場合は、3時間程度しか持たないが、まあ、3時間も持てば、私としては十分。

このWindowsタブレットはかなり気に入ったので、今後、長く愛用していきたいと思う。

  
 

前へ

松山空港のみかんジュースタワーがおいしそう

次へ

猫とカラスの距離感-桜田公園にて