Microsoft Word 2013の改訂番号の削除方法が分からなかったので新規作成した

つい先日、Microsoft Word 2013を操作していて気づいたこと。

Microsoft Wordで作成されたファイルを右クリックしてプロパティの[詳細]タブで表示される「プロパティや個人情報を削除」から作成者名や会社名などの情報は削除できるのだが、「改訂番号」については削除されないことに気づいた。

削除する方法があるかもしれないが、改訂番号......改定履歴まで残っていると碌(ロク)なことがないし、他にも私が知らない情報(印刷をして紙で読む情報以外の何らかの属性情報や隠し情報)がWordファイル内に含まれていると嫌だから、印刷に必要な情報以外は削除しようと思った。

Wordの画面で、これまでの改定履歴がないことも確認したが、Wordの機能だけで削除することには不安が残る。

そこで、Wordファイルで書かれている文言等をCtrl + Aで全て選択してCtrl + C(またはマウス右クリック→コピー)でコピーし、新規に立ち上げた別のWordファイル画面にCtrl + V(またはマウス右クリック→貼り付け)で貼り付け、新しいWordファイルで保存をやり直した。

これで、改訂番号をリセットできたし、予想もしない情報がファイル内のどこかに紛れ込む問題も防止できたように思えた。

「印刷に必要な情報以外は全てファイルから削除」というような便利機能があればいいなぁ、と思った。

  
 

前へ

田原町駅・浅草駅から徒歩5分の天然温泉の銭湯「蛇骨湯」に入った感想

次へ

近づいてキスするように臭い合う猫達-桜田公園にて