愛知県のお茶「西尾っ茶」がうまい

愛知県庁の売店で販売されていた昆布のおにぎりと愛知県西尾市のお茶「西尾っ茶」

愛知県庁の売店で販売されていた昆布のおにぎりと缶飲料の「西尾っ茶」(販売:西尾商工会議所)が今日の昼御飯。

缶飲料に書かれている宣伝によると、愛知県西尾市は日本有数の抹茶の産地とのこと。

売店で、あっさりした飲み物が欲しいと思って商品棚を見ていると、この西尾っ茶のデザインが目立っていて、目に止まり、地元商品が好きな私としては、これは買わないといけないと思って買ってみた。

お抹茶入り緑茶とのことだが、普段、抹茶を飲んでいない私には、抹茶の良さはよく分かっていないと思うのだけれど、この西尾っ茶は、抹茶って、こんなにうまいの!?と思わせてくれるほど、うまかった。

残念ながら、名古屋駅の新幹線ホームの自動販売機で販売されていたのは、別の地域のお茶で、それも好きなのだけれど、他の場所でも買えるから、名古屋駅ホームの自動販売機では、西尾っ茶を売ってほしかった。
売ってたら、何本か買って帰ろうかと思ったほど。
(キオスクで売っていたかどうかは確認していなかったので、今度、確認してみたい。)

Amazonや楽天でも現時点では販売されていないようだった。

次回、愛知県内に来た時には、この西尾っ茶を探して飲もうと思った。

  
 

前へ

品川駅から名古屋駅まで新幹線のぞみ25号博多行で移動

次へ

名古屋駅新幹線ホームできつね きしめんを頂く