WindowsのコマンドプロンプトでPostgreSQL 9.2にpsqlで接続する方法

PostgreSQL 8まと同様に、PostgreSQL 9でも、コマンドプロンプトでpsqlを実行することにより、PostgreSQL 9.2にデータベース接続をすることができる。

《Windows 7のPCにインストールしているPostgreSQL 9.2.1にコマンドプロンプトで接続する方法》

(1)コマンドプロンプトを起動する。

コマンドプロンプトは、[スタート]をクリックし、「プログラムとファイルの検索」入力欄で「cmd」と入力し、[Enter]キーを押下する、などの方法で起動する。

(2)コマンドプロンプトのカレントフォルダ(カレントディレクトリ)を「psql」バイナリが格納されているフォルダに変更する。

「psql」バイナリが格納されているフォルダとは、PostgreSQLをインストールしたフォルダ直下にある「bin」フォルダとなる。

インストールフォルダがC:\Program Files\PostgreSQL\9.2の場合、binフォルダは、C:\Program Files\PostgreSQL\9.2\binとなる。

カレントフォルダをC:\Program Files\PostgreSQL\9.2\binに変更する場合、cdコマンドを用いて以下のようにする。

cd C:\Program Files\PostgreSQL\9.2\bin

上記コマンドを入力後、[Enter]キーを押下する。

(3)psqlコマンドを実行する。

psql -U postgres

上記コマンドを入力後、[Enter]キーを押下する。

以下のようにpostgresユーザのパスワードの入力を求められた場合は、postgresユーザのパスワードを入力し、[Enter]キーを押下する。

ユーザ postgres のパスワード:

psqlの接続に成功したら、以下のようなメッセージが表示される。

psql (9.2.1)
"help" でヘルプを表示します.

postgres=#

  
 

前へ

「いまばりゆるきゃら バリィさん」の自動販売機(SUNTORY)を見つけた

次へ

「坊っちゃん列車と松山城」のジグソーパズルで遊んだ