PHPのバージョンをLinuxコンソールで確認する方法

PHPのバージョンをLinuxコンソールで確認したい場合、Linuxコンソールで

php -v

を実行すれば確認できる。

《PHPバージョンが4.3.9だった時の例》
[root@nobuneko]# php -v
PHP 4.3.9 (cgi) (built: Sep 20 2007 19:31:11)
Copyright (c) 1997-2004 The PHP Group
Zend Engine v1.3.0, Copyright (c) 1998-2004 Zend Technologies

《PHPバージョンが5.1.6だった時の例》
[root@nobuneko1]# php -v
PHP 5.1.6 (cli) (built: Nov 29 2010 16:47:46)
Copyright (c) 1997-2006 The PHP Group
Zend Engine v2.1.0, Copyright (c) 1998-2006 Zend Technologies

《PHPバージョンが5.2.17だった時の例》
[root@nobuneko2]# php -v
PHP 5.2.17 (cli) (built: May 24 2011 22:07:52)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.2.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

もし、phpのパスが通っていなくてphp -vで実行した時に「command not found」となる場合は、phpのフルパスを指定して実行すればよい。

《例》phpのフルパスが/usr/bin/phpの場合
/usr/bin/php -v

  
 

前へ

SSH接続時にユーザ名を指定する方法

次へ

PHPで定義されている関数一覧を表示する方法