Norton Internet Securityのウイルス定義ファイルがハードディスクを食い尽くすことがある

出張続きで自宅の私のデスクトップPCは、たまに家に帰った時にメールの受信ぐらいしかしていない。何週間も帰宅できない時は、メールボックスがパンクしてしまうことを防ぐために、自宅にいる妻にPCを起動してもらって私の代わりにメールを受信してもらうこともある。

そんな時、妻から慌ててこんな連絡が来た。

「また、ハードディスクの空き容量が全くないよ。」

これは、おかしい。数日前にも同じようなことを妻に言われ、ハードディスクから不要だと思われるゴミファイルを何GBも削除したはずだし、メール受信しかしていない私のPCで、わずか数日で何GBもハードディスクを消費することなどありえないからだ。(メールは楽天などから毎日何百通もダイレクトメールが届くが、合計容量はせいぜい数MB程度だろう。)

このトラブルは、私が出張している時は、もうどうしようもないので、私が何とか出張から戻ってきた時に対応することにした。

そして、本日は日曜日。

のんびりと過ごしたいところだが、私の愛用のPCが危機的状況にあるので、何とかしなくては、と思い、頑張って調べてみることにした。

ハードディスクの容量が何者かによって急速に消費しつくされる現象・・・ひょっとしてウイルスに感染したのか?と恐怖を抱きながらも、ハードディスクの容量を短期間で食い尽くす犯人の正体を突き止めるために、冷静になるよう努めた。

地道に容量の大きなファイルやフォルダを探していく作業で、きっと、犯人は分かるはずだ。

まずはCドライブの容量を確認。

ローカル ディスク(C:)のプロパティ

ハードディスクの空き容量は、41MBしかない。

Cドライブの中にあるフォルダそれぞれの容量を確認していき、どのフォルダがハードディスクの領域をたくさん消費しているかを調べていく。

Program Filesフォルダの容量を確認してみると・・・

Program Filesのプロパティ

・・・Program Filesフォルダだけで、37GBも消費していることが分かった。

Cドライブは80GBのハードディスクなのだが、その約半分の容量をProgram Filesフォルダが占有していることになる。記憶は曖昧だが、こんなにも容量は消費していなかったはずだ。

Program Filesフォルダの中で容量を占めているフォルダを探すと、Common Filesフォルダが・・・

Common Filesのプロパティ

・・・30GBを消費していた。

そして、Common Filesフォルダの中にあるSymantec Sharedフォルダが・・・

Symantec Sharedのプロパティ

・・・30GBを消費していた。

犯人はコレだ!

Symantec Sharedフォルダ・・・つまり、シマンテック社のソフトウェアの共有フォルダなので、私のPCに入っているソフトと言えば、Norton Internet Security(ノートン・インターネット・セキュリティ)だ。

これが、何か悪さをしている可能性がある。

Symantec Sharedフォルダの中から、もっとも容量を消費しているフォルダを探すことにした。

Symantec Sharedフォルダ内のフォルダ、ファイル

「VirusDefs」(ウイルス定義?)というフォルダが怪しいと目星をつける。

ウイルス定義ファイルを格納するフォルダであれば、定義ファイルをアップデートするたびに、このフォルダの中の容量が増えていくのは不思議ではない。

VirusDefsフォルダの容量を調べると・・・

VirusDefsのプロパティ

・・・29GBあった。

80GBのハードディスクのうち3分の1以上の容量がNorton Internet Securityのウイルス定義ファイルで占有されている計算だ。

コレは明らかにおかしい。

数日間のうちに何GBもハードディスクが消費されてしまう現象は、Norton Internet Securityのウイルス定義ファイルの更新プログラム(LiveUpdate?)に問題がある、と断定して良さそうだ。

VirusDefsフォルダの中身を見てみると・・・

VirusDefsフォルダ内のフォルダ

・・・535個のフォルダが存在した。

たぶん、これらのどれかがゴミファイルと化しているだろうから、ゴミファイルを削除していけば、容量が回復するのだろう。

しかし、どれを削除してよいのかが分からない。

そこで、シマンテック社のサイトを見てみた。

http://service1.symantec.com/SUPPORT/INTER/sharedtechjapanesekb.nsf/jp_docid/20020624062552943

色々と書いてあったが、「シマンテックプログラムを再インストールする」という記述を見つけた瞬間、

「色々と試すのも面倒だ。もうノートンを再インストールすればいいや。」

と思い、インストール済みの現在のノートンをアンインストールし、ノートン関連のフォルダやレジストリなども根こそぎ削除し、Norton Internet Securityの最新版をインストールした。

すると、ハードディスクの空き容量は41MBしかなかった状況から、30GBも空きができた。

Norton Internet Securityの動作自体も軽快になった。

今後も同様のトラブルに遭遇したら、Norton Internet Securityの再インストールを考慮しようと思った。

  
 

前へ

PostgreSQL 8.3でEUC_JPのデータベースが作成できない時の原因と解決方法

次へ

Movable Type 4でログインに失敗して403エラーになる原因の1つ