SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSを購入して使用した感想

iPhone 7ではイヤホン端子が廃止され、従来の有線のイヤホンを使用するには充電用端子に変換アダプタを装着してイヤホンの端子を接続する必要があり、その方法だと充電しながら音楽を聴くということができなくなった。

これが不便だと思っていたことと、そもそも有線のイヤホンを使うのが面倒だと感じていたこともあり、値段が高そうだけれど思い切って無線のイヤホンであるブルートゥースイヤホンを購入することにした。

なるべく安いもので購入しようとしていたが、家電量販店の展示品で聴き比べをしていると、あまり安いものだと音が軽くて重低音が全く聞こず、iPhone 7購入時に付属する優先のイヤホンよりも明らかに音質が劣化することが分かった。
かと言って何万円もする高額な高級品を買えるほどの予算はなかったので、ギリギリ出せそうな予算内でこれならiPhone付属のイヤホンとほとんど音質が変わらないし値段的にも安いのでこれにしよう...と決めかけた商品があった(参考:JVC HA-FX37BT-B BluetoothとJVC HA-FX57BT-N Bluetoothの感想)。

まさに買おうとした時、ふと思いついて、若干SONY信者な私としてはSONYの製品のコーナーを見てしまう。

これがいけなかった。

当初考えていた予算の2倍ぐらいする価格帯(約8500円)のSONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSを購入することになってしまった。
購入した直後に、自分のお小遣いで購入したにもかかわらず、高額商品を購入したことで妻から少し怒られてしまった...。

SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの箱(表面)
SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの箱(表面)。

この商品はどうやらスポーツ用のブルートゥースイヤホンのようだ。
ジョギングをする時に音楽を聴きたい人にとっては、良さそうだ。
私はスポーツはしていないけれど、通勤時などで使用する。

SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの箱(裏面)
SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの箱(裏面)。

箱の説明書きによると、EXTRA BASSという機能で重低音の再現が良いらしい。

SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの箱(側面)
SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの箱(側面)。

SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BS(箱の中のプラスチックケースに入った状態)
SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BS(箱の中のプラスチックケースに入った状態)。

このように左右のイヤホンを繋ぐ有線ケーブルはシンプルで余計なものは付いていないから、使わない時はポケットに入れてしまっておくことが可能。
この手軽さがとても良い。


ソニー SONY ワイヤレスイヤホン MDR-XB50BS : 防滴/スポーツ向け Bluetooth対応 マイク付き ブラック MDR-XB50BS B

SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの箱(手の指の上に置いた写真。左側と右側のそれぞれのイヤホン)
SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの箱(手の指の上に置いた写真。左側と右側のそれぞれのイヤホン)。

右側のイヤホンには電源オン・オフボタンが付いている。
イヤホンを耳に付けた状態で電源をオンにすると、「Power On (パワーオン)」という音声が聞こえる。
iPhoneのブルートゥースに無事に接続できると、パワーオンの音声に続けて「Blutooth Connected (ブルートゥースコネクティッド)」という音声が聞こえる。
この音声は女性の声で、まるでSF映画やSFアニメに登場する宇宙船やロボットなど未来的な装置を使っているような感覚になり、超絶カッコイイ!
購入後、何度か聞いているけれど、全く飽きることがなく、何度聞いても惚れ惚れする。

SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの右側のイヤホンのUSB充電用端子部の蓋を開いた状態
SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの右側のイヤホンのUSB充電用端子部の蓋を開いた状態。

蓋をぱかっと開けて充電ケーブルを差し込めば簡単に充電できる。
購入直後、私の場合は充電をしなくてもバッテリーが切れていなかったので、充電なしでいきなり5時間程度は使用することができた。
その後、USB充電をして利用しているけれど、通勤時の往復2時間程度の間であれば、バッテリーが突然切れるというようなことは特に起きていない。(仕様上、このイヤホンのバッテリーでは最大8.5時間の連続再生ができるようである。これだけの時間があれば、ほぼOKかな。)

SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの付属品(イヤーピース3組分と充電用のマイクロUSBケーブル)
SONYのブルートゥースイヤホン MDR-XB50BSの付属品(イヤーピース3組分と充電用のマイクロUSBケーブル)。

イヤーピースが3組分もあるので、もし、イヤーピースがボロボロになっても安心だ。
ボロボロになると言っても、簡単にはボロボロになったりしないであろうから、長年この製品を愛用できるようではないかと思う。

このイヤホンは防水仕様なので、雨風が強くて雨でイヤホンが濡れても全く気にせずに使用できる。
購入して良かった!

  
 

前へ

JVC HA-FX37BT-B BluetoothとJVC HA-FX57BT-N Bluetoothの感想

次へ

台風21号で松山発・東京行のJR四国の夜行バスが運休。コトバスエクスプレスを急遽予約して移動したが神戸で途中下車!(2017年10月)