君津駅から船橋駅までの列車の運賃はICカードよりも現金の方が安い

JR君津駅の路線図
JR君津駅の自動券売機の上に設置されている路線図で確認すると、船橋駅までの料金は970円。

路線図に記載されている料金は、SUICA等のICカードで支払った場合の料金ではなく、現金で支払った場合の料金となる。
ICカードでの料金を「YAHOO!路線検索」で確認すると、972円。
つまり、現金払いの方がICカード払いよりも2円安くなる。

紙の切符を発行しなくてよい分だけICカード払いの方が料金が安くなるイメージがあるが、JR君津駅からJR船橋駅まで列車で移動する場合は、現金の方が安いパターン。
列車での移動料金を1円でも安くしたいと考えている人は、現金払い、ICカード払いのどちらがお得になるかを確認するとよいかもしれない。

JR君津駅から970円区間の乗車券
JR君津駅の自動券売機で購入した970円区間の乗車券。
この乗車券でJR君津駅からJR船橋駅まで列車で移動できる。

東 KIMITSU

2019.-5.14
君津→東日本会社線 970円区間 小児480円
102 発売当日限り有効 下車前途無効
0456 20:52

JR君津駅の自動券売機発行の970円分の領収証
乗車券を購入した際にJR君津駅の自動券売機で発行した970円分の領収証。


領収証

______________様
ご利用日付 2019年05月14日
時刻 20時52分
取引内容:乗車券類
購入金額:金970円
お支払方法 内訳
 現金:金970円
伝票番号:21432
・この領収証は大切に保存してください。
・毎度ありがとうございます。
君津駅 券102発行
JR東日本

さて、以下は余談となるが、JR君津駅からJR金町駅までの料金が路線図だと1,490円かかることになる。
JR君津駅から金町に向かう場合、JRだけで移動すると料金が高くなるのでJR船橋駅で下車して京成電鉄の京成船橋駅に乗換をして京成金町駅に向かうと料金を安くできる。
京成船橋駅から京成金町駅まではJRではなく京成電鉄で移動するとICカード支払いで258円、現金支払いで260円となり、この場合は、現金支払いの方が高くなる。

JR君津駅から金町まで安く移動するには、以下の組み合わせがよいと思ったので、現在、以下の組み合わせで移動中。
 JR君津駅からJR船橋駅まで移動(970円 ※現金支払いでICカード支払いの972円より2円安くなる)
 京成船橋駅から京成金町駅まで移動(258円 ※ICカード支払いで現金支払いの260円より2円安くなる)
これらを合計すると、970円+258円=1,228円となる。
JRだけで移動した場合(1,490円)よりも262円も安くなる。

ICカード払い、現金払い、複数の鉄道会社乗換など、ちょっとした工夫で移動に要する費用を節約できる。
なかなか面倒だけれど...ね。

前へ

飯田駅からバスタ新宿まで高速バスで移動した場合の切符、領収書等

次へ

髪ゴムで一人遊びをする猫-ゆきお