名古屋から飯田まで高速バスで移動した場合の切符、領収書等

愛知県名古屋市の名鉄バスセンターから長野県飯田市の飯田駅前まで高速バス「超特急 飯田」で移動したので、バス乗り場、切符、領収書、所要時間等を備忘録として記載する。

【名鉄バスセンター】
ヤマダ電機の隣にある名鉄バスターミナルビル(Meitetsu Bus Terminal Building)
ヤマダ電機の隣にある名鉄バスターミナルビル(Meitetsu Bus Terminal Building)。

名鉄バスセンターは名鉄名古屋駅、近鉄名古屋駅、JR名古屋駅のすぐ近くにある。
名鉄バスセンターは各鉄道会社の名古屋駅から歩いて数分程度の距離にあるので、とても利用しやすい。
2019年2月現在はヤマダ電機がすぐ隣にあるので、ヤマダ電機の営業時間内であればヤマダ電機で買い物をしてから高速バスに乗る、ということもできる。

名鉄バスセンターのフロアに移動するためのエスカレーター
名鉄バスセンターのフロアに移動するためのエスカレーター。

エスカレーターを利用するとバスセンターの3階にまで簡単に移動できる。
エスカレーターで上った先の右前方、目の前には「きっぷうりば(Bus Tickets)」があるので、3階にまで上がれば切符売り場の場所が分からなくて困る、ということはおそらくない。

名鉄バスセンターの切符売り場、コンビニ
名鉄バスセンターの切符売り場、コンビニ。

【バスの停車場所と料金表】
名鉄バスセンターから飯田までのバス停と料金が分かる看板
名鉄バスセンターから飯田までのバス停と料金が分かる看板。

飯田(For Iida) 3F 5

桃花台(Tokadai) 770円
馬篭(Magome) 1860円
駒場(Komaba)(中央道昼神温泉)2210円
伊賀良(Igara)2,350円
飯田駅前(Iida eki-mae)2,420円
飯田(iida)(飯田商工会館)2,420円

【時刻表と所要時間】
名鉄バスセンターから飯田までの時刻表(Timetable)
名鉄バスセンターから飯田までの時刻表(Timetable)。

名鉄バスセンターの5番乗り場から出発する高速バスは飯田行の他に、伊那 箕輪行、新宿行、仙台行、宇都宮 福島行、北九州 福岡行、熊本行があるようだ。
飯田行のバスは午前7時から午後9時までの間、1時間に1本、合計15便も運行されている。
今回私が乗車した便は午前10時0分発の便。

この時刻表には記載がないけれど、バス会社のホームページで確認すると午前10時0分発の高速バスに乗れば飯田駅前には11時54分に到着する予定のようである。
名鉄バスセンターから飯田駅前まで高速バスで移動した場合の所要時間は1時間54分ということになり、2時間もかからないことになる。
高速バスは途中でバス停に止まらないといけないから、自家用車やレンタカーで自分で運転をして名古屋駅前から飯田駅前まで移動したら、1時間30分程度で到着できそうだ。
名古屋から飯田までは車で移動したら結構近い!

電車大好きな私としては本当は電車に乗りたかったけれど、今回、電車に乗ることは諦めた。
名古屋から飯田まで電車で移動をすると5時間、つまり高速バスでの移動時間よりも3時間も余計な時間がかかる上に、高速バスよりも1,000円以上も料金が高いからだ。
高速バスで移動した方が時間とお金の両方を節約できるから、電車での移動は諦めた。

余談だが今から8年後となる2027年には状況が変わっているはずだ。
2027年には名古屋と飯田にはリニア新幹線の駅ができる予定なので、そうなると名古屋から飯田までの移動時間はわずか20分となるようだ。
そうなったら、多少値段が高くても高速バスではなくリニア新幹線で移動することになるだろう。
凄い未来がもうすぐそこに迫ってはいるけれど、今後8年間は、名古屋から飯田への移動は高速バス、又は、車での移動が早い移動手段となる。

【切符】
乗車日の前日となる昨日の夜、きっぷ売り場の窓口で切符を購入した。
もし、満席だったらどうしようかと思ったけれど、席は十分に空いていた。
切符はクレジットカード決済で購入した。

名鉄バスセンターから飯田駅前までの乗車券
名鉄バスセンターから飯田駅前までの乗車券。

[通][M]

中央道高速バス乗車券 名古屋~飯田線(飯田(飯田商工会館)行き)
乗車券 Reserved Ticket
TO:IIDAEKIMAE
名鉄バスセンター(名古屋) ⇒ 飯田駅前
02月19日 10:00発 ¥2,420
14110便 1号車 06D
指定席便のみ有効 運行会社:名鉄バス

払戻や乗車変更は、乗車券に記載された出発時刻前までに「発売窓口」にてお取り扱いをいたします。お電話でのお取り扱いはできませんのでご注意下さい。

名鉄バス株式会社 名鉄バスセンター1発行
2019.02.18 No.0071426058


※クレジットカードで購入したからだと思うけれど、「C制」の印あり。

【領収書】
名鉄バスセンターから飯田駅前までの領収書
名鉄バスセンターから飯田駅前までの領収書。

名鉄BC1号機

No.0100400698
領収書
_______様
金額 ¥2,420
(消費税を含んでいます)
但し、高速バス代として
上記の金額を領収しました。
2019年02月18日
収入印紙    担当:
名鉄バス株式会社
バスセンター
愛知県名古屋市中村区名駅1-2-4
052-561-6381
※注意:高熱や日光に長時間当てないでください

【高速バスの乗り場】
名鉄バスセンターの5番乗り場
名鉄バスセンターの5番乗り場。

きっぷ売り場のすぐ隣に5番バス乗り場がある。
バス乗り場の隣にはコンビニもあるので、時間がある場合はコンビニで飲食物を購入できる。
バスに乗って初めて気づいたが、名鉄バスセンターから飯田駅前までの移動で途中休憩はなかったので、飲食物が必要な人は乗車前に購入しておいた方がよい。
トイレも乗車前に済ませておいた方がよいであろう。

名鉄バスセンターから飯田までの高速バス「超特急 飯田」
高速バスの車体の「超特急 飯田」の標識

バスの車体外側で光る「超特急 飯田」という標識を確認した上でバスに入る。

【高速バスの車内設備】
名古屋からの高速バス「超特急 飯田」の車内設備(座席背面)
名古屋からの高速バス「超特急 飯田」の車内設備(座席背面)。

新幹線や特急列車のようなテーブルは付いていない。
テーブルがないので、ノートPCで仕事をしたい場合は膝の上にPCを乗せて仕事をすることになる。

名古屋からの高速バス「超特急 飯田」の車内設備(座席と窓)
名古屋からの高速バス「超特急 飯田」の車内設備(座席と窓)。

座席は2列×2列のシート。
乗車券に印字されている私の指定席は「06D」で、進行方向に向かって右側の窓際席だった。
満席ではなかったので私の隣に座る人は誰もいなかった。
満席ではないものの、半分ほどの座席は埋まっていた印象であるから、名古屋から飯田に向かう高速バスは人気路線なのかもしれない。
万一のことを考えて、全席指定席が一般的な高速バスに乗車する場合、切符の購入は乗車日当日より、乗車日よりも前の日に予約購入をしておいた方が安心できる。

窓際の壁には充電が可能な「AC100V用コンセント」が付いていて自由に使用できる。

名古屋からの高速バス「超特急 飯田」の車内設備(充電用のコンセント)
名古屋からの高速バス「超特急 飯田」の車内設備(充電用のコンセント)。

コンセントの差し口の上部には以下の注意書きがあった。

ご使用できる機器は、携帯電話やゲーム機器等定格電流0.3A以下の物に限ります

パソコン及びDVD機器のご使用は出来ません

残念ながらこの高速バスのコンセントはノートPCの充電用には使えないようだ。
仕方がないのでノートPCの充電は行わずに、iPhoneの充電をさせてもらった。
移動しているとどんどんバッテリー残量が減っていくiPhoneの充電ができるだけでも有り難い。

飯田駅前のバス停に停車中の高速バス「超特急 飯田」
飯田駅前のバス停に停車中の高速バス「超特急 飯田」

高速バス「超特急 飯田」は予定していた到着予定時刻(11時54分)から9分遅れの12時3分に飯田駅前に到着した。
時間には余裕をもって移動をしているので、これぐらいの遅延は全く問題ない。

高速バスのバス停には風雨から身を守ることができる屋根と壁が付いた待合室があるので、高速バスにこれから乗ろうと思っている人は今日のように雨が降っている日でも安心だ。

バス停付近から見たJR飯田駅前
バス停付近から見たJR飯田駅前。

「飯田駅前」のバス停のすぐ目の前にはJR飯田駅があるので、JR飯田駅から次の目的地に飯田線の列車で向かうのも簡単である。
JR飯田駅前にはタクシー乗り場もあるので、タクシーで移動したい人はタクシーを利用することもできる。
飯田駅は鉄道駅単独だと利便性が良いとは言えないけれど、バスやタクシーと組み合わせると広域的なアクセスの利便性が良い駅だと思う。

本日初めて名古屋から飯田まで高速バスで移動したが、とても快適だった。
機会があれば、また利用したい。

前へ

岡山駅から名古屋駅まで新幹線の自由席で移動した場合の切符・領収書等

次へ

岡谷駅から新宿駅まで特急列車の自由席で移動した場合の切符、領収書等