XIANRUI Lightning Digital AV AdapterでiPhoneの画面を液晶ディスプレイに出力すると写真や漫画が見やすくなって便利!

液晶ディスプレイを購入したので、iPhone内の写真、動画、漫画などを大きな画面サイズの液晶ディスプレイに表示すると見やすくなって便利なのではないかと考えた。

iPhoneの画面を液晶ディスプレイに出力するための方法はいくつかあるようだけれど、もっとも手軽なのはiPhoneのライトニング端子変換アダプタを装着し、変換アダプタから液晶ディスプレイまでをHDMIケーブルで接続する方法であると考えた。

iPhoneのライトニング端子をHDMI端子に変換するためのアダプタについては、Apple純正の「Apple Lightning - Digital AVアダプタ HDMI変換ケーブル MD826AM/A」を購入するのが一番良さそうに思えたけれど、Amazonで販売されている値段が(私が見た時で)税込5,290円であり(定価だと5,800円税別の模様)、ちょっと高いと感じたので、「XIANRUI Lightning-Digital 変換アダプタ HDMI 変換ケーブル ライトニング 分配 iphone/iPad/iPod対応 HD 1080P 画質 HDMI接続ケーブル 音声同期」というApple純正ではない安価な商品をAmazonで購入して試してみることにした。

値段は税込1,499円だったので、Appleの純正品と比べると3,791円ほど安い値段で買えたことになる。
これはお得だ。
もちろん、純正品ではないからきちんと動作するかどうかとか、長期的に壊れずに使えるかどうかは不明であるため、安かろう悪かろうの可能性はあるが...結果的には良い買い物をした、と思えている。

XIANRUI Lightning Digital AV Adapterの商品パッケージ(表面)
XIANRUI Lightning Digital AV Adapterの商品パッケージ(表面)。

XIANRUI Lightning Digital AV Adapterの商品パッケージ(裏面)
XIANRUI Lightning Digital AV Adapterの商品パッケージ(裏面)。

XIANRUI Lightning Digital AV Adapter本体がパッケージに入っている様子
XIANRUI Lightning Digital AV Adapter本体がパッケージに入っている様子。

箱や本体を保護するパッケージが少し雑な品質に思えたけれど、安さを追求しているのであるから、こんなものであろう。

XIANRUI Lightning Digital AV Adapter本体
XIANRUI Lightning Digital AV Adapter本体。

XIANRUI Lightning Digital AV Adapterの説明書
XIANRUI Lightning Digital AV Adapterの説明書。

英語の説明書しかなく、日本語の説明書は付いていなかったけれど、この説明書は読まなくても直感的に使い方は分かるようになっている。
(説明書の図を見るだけでも、どのように配線をすればよいかなどが分かるはずだ。)

XIANRUI Lightning Digital AV Adapter本体にライトニングケーブルとHDMIケーブルを接続した時の様子
XIANRUI Lightning Digital AV Adapter本体にライトニングケーブルとHDMIケーブルを接続した時の様子。

ライトニングケーブルのUSB端子側は充電可能なコンセントに接続し、iPhoneに外部電源を供給する必要がある。
外部電源の供給がないと、液晶ディスプレイにiPhoneの画面を映し出すことはできない。

XIANRUI Lightning Digital AV Adapterを使用してiPhoneのホーム画面を液晶ディスプレイに表示した時の様子
XIANRUI Lightning Digital AV Adapterを使用してiPhoneのホーム画面を液晶ディスプレイに表示した時の様子。

特に難しい操作をすることなく、変換アダプタ(XIANRUI Lightning Digital AV Adapter)を介してiPhoneと液晶ディスプレイをHDMIケーブルで接続するだけで簡単にiPhoneの画面を液晶ディスプレイに映すことができた。

XIANRUI Lightning Digital AV Adapterを使用してiPhone内の写真を液晶ディスプレイに「縦表示」で表示した時の様子
XIANRUI Lightning Digital AV Adapterを使用してiPhone内の写真を液晶ディスプレイに「縦表示」で表示した時の様子。

iPhone内の写真はこのように縦表示も可能だし、iPhoneの画面を横にすることで横表示も可能だ。

XIANRUI Lightning Digital AV Adapterを使用してiPhone内の写真を液晶ディスプレイに「横表示」で表示した時の様子
XIANRUI Lightning Digital AV Adapterを使用してiPhone内の写真を液晶ディスプレイに「横表示」で表示した時の様子。

大きな液晶ディスプレイ全体にiPhoneで撮影した我が家の飼い猫-ゆきおのかわいらしい写真が映し出されると、感動してしまった。
小さな画面で見るよりも、大きな画面で見た方が迫力も感動も大きい。

iPhoneで撮影した動画も液晶ディスプレイで見ることができた。
動画の音声も液晶ディスプレイの内蔵スピーカーで再生することができた。

妻や娘の動画を巨大な液晶ディスプレイで見ていると、まるで目の前に妻と娘がいるかのような臨場感を味わうことができた。
これは嬉しい...けれど、1人暮らし中のアパートの中だと、見れば見るほどかえって寂しさが増してしまうような気がするから、ほどほどにしないといけない。

写真や動画を液晶ディスプレイで見て感動したことで、ふと思いついた。

Amazon Kindleで購入した漫画をiPhoneの小さな画面でKindleアプリを使って読むのは大変である。
文字の少ないバトル漫画なら大丈夫かもしれないが、字が多い漫画だと字が小さくて読みにくい。
ひょっとしたら、画面サイズの大きな液晶ディスプレイで漫画を見ると、読みやすくなるのかな?
と考えて試したところ、とても読みやすくなった。

漫画は画面サイズの大きなAndroidタブレットでも読んでいるけれど、Androidタブレットの画面よりも遥かに大きな画面サイズであるこの液晶ディスプレイで漫画を読むとさらに読みやすい。

iPhoneの画面を液晶ディスプレイに映すための変換アダプタと液晶ディスプレイは、どちらも早く買えばよかった。
(液晶ディスプレイは、Amazonで購入した「I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DB (広視野角/ブルーライト軽減/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)」という商品を使用している。私はとても気に入っている。)

ちなみに純正ではないこの変換アダプタを使ってみて、気になったことは以下の3点。

1.液晶ディスプレイに表示されるiPhoneの時刻が8時間30分未来の時間になってしまう。
2.充電ができていないのに、バッテリー残量が100%の表示になってしまう。
3.変換アダプタがちょっと熱くなる。

1点目は不具合なのか、よく分からない仕様なのかどうかは分からないけれど、写真、動画、漫画を見るだけの用途であれば、特に問題はない。

2点目は常にiPhoneに外部電源から電力を供給しながら変換アダプタを使用することになるので、バッテリー切れの心配はないであろうから、特に問題はない。
問題があるとすれば、出かけようとしている時にバッテリーが満タンだと思っていたら、実は満タンではなかったというシチュエーションであろう。
これは気を付けるしかないと思う。

3点目は、他のアダプタを使用して比較したわけではないから、こんなものなのかもしれない。

これら3点が気になる人は、Apple純正の「Apple Lightning - Digital AVアダプタ HDMI変換ケーブル MD826AM/A」を購入した方がよいと思う。
(Apple純正品に上記3点の問題があるかどうかは不明。)

【iPhoneのライトニング端子をHDMI端子に変換するアダプタを探す】
Amazonでライトニング端子をHDMI端子に変換するアダプタを探す
楽天でライトニング端子をHDMI端子に変換するアダプタを探す

【液晶ディスプレイを探す】
Amazonで液晶ディスプレイを探す
楽天で液晶ディスプレイを探す

  

前へ

猫がライトニングケーブルを噛むから断線防止用カバーとしてCABLE BITE カナヘイの小動物01 うさぎCABを購入した、と思っていたら...

次へ

PDFファイルを印刷中に「統合中」となって印刷ができないPDFファイルが作成されてしまう問題の解決方法