エアコンからの悪臭問題を解決するにはプロのエアコンクリーニング業者(おそうじ本舗)への依頼がおすすめ

数週間前、自宅にいる妻から、エアコンから悪臭がしており、自分で掃除して解決するには手に負えない状況であるから、プロの掃除業者さんにエアコン掃除エアコンクリーニング)を依頼したい、という相談があった。

エアコンから悪臭がすると、妻や娘、飼い猫(ゆきお)の健康を害することになりそうだ。
私は、迷うことなく、「依頼してよいよ」と即座にOKの返事をした。

エアコンのクリーニングの数日前に自宅に帰っていた私は、妻にエアコンの臭いかぐように言われてかいでみると、臭いにおいがした。
エアコンの臭いにおいは、いつからしていたのだろうか。
カビでも生えていたのかもしれない。

妻がエアコンの掃除を依頼したのは、おそうじ本舗という業者さん。
(妻は「お掃除屋本舗」という名前で憶えていたようだが、ウェブサイトを見ると、正しくは「おそうじ本舗」だった。また、当ブログを書いていて気づいたが、「お掃除本舗」ではなく「おそうじ本舗」というように、表記としては「掃除」の部分は平仮名になっていた。)

以下は、おそうじ本舗さんによるエアコンクリーニングの様子。

たまった汚れが原因で悪臭がするエアコン
たまった汚れが原因で悪臭がするエアコン。

カバーを取り外すと、もうこのように汚い状況。
薄汚れた埃(ホコリ)が大量に付着している。
エアコンの悪臭の発生源は、このホコリではなく、ここから奥にある隠れている、素人では手が出せないような領域に付着しているカビなどが原因であろう。

エアコンのお掃除ユニットにたまった大量のホコリ
エアコンのお掃除ユニットにたまった大量のホコリ。

妻によると、エアコンのお掃除ユニットの中のホコリは、これまで全く捨てたことがなかったのでこの有様であった、とのこと。
このホコリの量はすごいなぁ。

これから、エアコンの悪臭の発生源をプロのエアコンクリーニング業者さん(おそうじ本舗)に頼んで取り除いてもらう。

エアコンを掃除中のおそうじ本舗のスタッフ
エアコンを掃除中のおそうじ本舗のスタッフ。

妻によると、おそうじ本舗がエアコンを分解して丁寧に洗ってくれたとのことで、分解できないところは高圧洗浄という手法で、水で洗い流してくれたとのこと。

高圧洗浄のためにナイロンで覆われたエアコンとナイロンから伸びる汚水吐き出し用のナイロンのチューブ
高圧洗浄のためにナイロンで覆われたエアコンとナイロンから伸びる汚水吐き出し用のナイロンのチューブ。


エアコン高圧洗浄の様子(動画)

高圧洗浄によって、エアコン内の汚れが汚水となってどんどんナイロンチューブの中を下っていく。

エアコンの高圧洗浄による汚水がたまり始めたバケツ
エアコンの高圧洗浄による汚水がたまり始めたバケツ。

エアコンの高圧洗浄による汚水で真っ黒な水がたまるバケツ
エアコンの高圧洗浄による汚水で真っ黒な水がたまるバケツ。

このバケツの暗黒水を見ていると、クリーニング前のエアコンがいかに汚い状況であったかが、よく分かる。
クリーニング作業の結果、悪臭はなくなり、エアコンは快適な風を送ってくれているとのこと。

私は仕事で出張のため、この掃除には立ち会っていないけれど、妻によると、おそうじ本舗のスタッフさんは、かなり丁寧に掃除をしてくれたとのこと。
妻は、おそうじ本舗のことを友達(女性)に聞いて知ったとのことで、友達に「よいよ~」と、おすすめされたことが依頼するきっかけになったとのこと。
女性の口コミって、営業的に凄い力があるなぁ。
主婦に人気な業者さん、というのは私も聞いていて安心感があるので、エアコンクリーニング業者さんを探している他の人にもおすすめできると思った。

ちなみに、エアコンクリーニングの一連の作業に要した時間2時間程度。
値段約14,000円だった。

値段は、依頼する作業内容によって変わってくるので、これより安い場合もあれば高い場合もあるであろう。
この値段を高いと思うか、安いと思うかは、人によって考えが違うだろうけれど、今後も長年使用するエアコンで、壊れかけてもおらず、今からすぐに買い替える予定がないのであれば、この値段妥当であろうと思う。

作業を依頼したおそうじ本舗の店舗は、愛媛県松山市内にある松山空港通店
全国各地域の店舗によって、微妙にサービス内容や値段は変わってくるであろうから、エアコンのクリーニングをしたいと思っている人で、値段などが気になる人は、一度、おそうじ本舗に問合せをして見積を取ると良いと思う。

《広告リンク》
エアコンクリーニングなら【おそうじ本舗】

  
 

前へ

ハエトリグモを見つめる猫-ゆきお

次へ

名古屋駅から新潟駅まで新幹線で移動した時の切符と領収書