Excel 2010で空白セルを自動的に着色する方法

Excel 2010で空白セルを自動的に着色したい場合(セルを塗りつぶしたい場合)、「条件付き書式」を使うことで実現できる。

《Excel 2010で空白セルを自動的に着色するための設定手順》

1.マウスやキーボード操作で対象セルを選択する。(複数選択可能)

2.[ホーム]タブ>「条件付き書式」>「新しいルール」を選択する。

3.「新しい書式ルール」画面で「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択する。

4.「ルールの内容を編集してください」の「次のセルのみを書式設定」で「セルの値」を「空白」にする。

5.「書式」ボタンをクリックする。

6.「セルの書式設定」画面の「塗りつぶし」タブで、色を選択し、[OK]ボタンをクリックする。

7.「新しい書式ルール」画面で、[OK]ボタンをクリックする。

※以上で設定は完了となる。

空白セルに自動的に色がつくようになることを確認する。

色がつかなければ、再度設定を確認する。

  
 

前へ

「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」を眺める

次へ

Linux(CentOS 6) - yum installコマンドでgccパッケージをインストールする