wgetのエラー「wget: command not found」の原因と解決方法(Solaris)

Solarisでwgetを使用しようとすると、

wget: command not found

というエラーになり、wgetに失敗する場合がある。

-bash-3.00# wget http://ftp.riken.jp/net/apache/httpd/httpd-2.2.17.tar.gz
-bash: wget: command not found

wgetがインストールされていないのかと思ってpkginfoで確認すると、インストールはされている。


-bash-3.00# pkginfo | grep wget
system SUNWwgetr GNU wget - utility to retrieve files from the World Wide Web (root)
system SUNWwgetu wget - GNU wget

インストールされているのに、「wget: command not found」となるのは、wgetへのパスが通っていないからだ。(もちろん、インストールされていない場合はインストールをしないといけない。)

Solarisでは、wgetのフルパスは/usr/sfw/bin/wgetになるので、このフルパスで実行できるかどうかを試してみる。(下記のようになれば、OK)

-bash-3.00# /usr/sfw/bin/wget http://ftp.riken.jp/net/apache/httpd/httpd-2.2.17.tar.gz
--18:14:30-- http://ftp.riken.jp/net/apache/httpd/httpd-2.2.17.tar.gz
=> `httpd-2.2.17.tar.gz'
Resolving ftp.riken.jp... 134.160.38.1
Connecting to ftp.riken.jp|134.160.38.1|:80... connected.
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 6,597,991 (6.3M) [application/x-gzip]

100%[====================================>] 6,597,991 770.75K/s ETA 00:00

18:14:39 (714.23 KB/s) - `httpd-2.2.17.tar.gz' saved [6597991/6597991]

  
 

前へ

大桟橋バス停前の街灯に「コクリコ坂から」の国際信号旗が掲げられていた (神奈川県横浜市中区)

次へ

Solaris 10でのcronのログの確認方法