IMEの「ローマ字入力」⇔「かな入力」の切り替え方法

→「Alt」キーを押しながら「カタカナ ひらがな ローマ字」キーを押す

・・・いつも父親と母親がパソコンに向かっているのを見ているせいかもしれないが、5ヵ月半の娘がパソコンのキーボードを触るのが好きなようだ。抱っこしながらキーボードに触らせてやると、大変嬉しそうに笑いながら目茶目茶にキーを叩き始める。キーを叩きながらちらちらっとパソコンのディスプレイも見ているようなので、キーを叩くとディスプレイに何らかの応答が返ることにも気づいていて、それを面白がっているのかもしれない(もちろん、気のせいかもしれないが・・・)。
さて、娘が遊び終わった後にキーボードを使用しようとすると、デフォルト設定の「ローマ字入力」が「かな入力」にされていて困ることがある。また、普段、「かな入力」では使用していないので、どのキーを叩けば「ローマ字入力」が「かな入力」に切り替わるのかも不思議だった(実は、これまで「かな入力」にする方法はIMEの設定メニューで行う方法しか知らなかった)。適当に試していると、「Alt」キーを押しながら「カタカナ ひらがな ローマ字」キーを押すことで切り替えられることが分かった。
娘に逆に勉強させられることになって面白い。
  
 

前へ

The Polar Express / ポーラー・エクスプレス

次へ

ワイヤレスマウスの電池残量不足について