今夜の夕食は、炙り焼 牛カルビ重とラーメンの鬼の伝説の一杯豚骨とファミマの天然水 津南

ファミリーマートの店内で食事ができる「イートインスペース」で今日は夕食を頂くことにした。

ファミリーマートで購入した「炙り焼 牛カルビ重」、「ラーメンの鬼の伝説の一杯」、「ファミマの天然水 津南」
ファミリーマートで購入した「炙り焼 牛カルビ重」、「ラーメンの鬼の伝説の一杯」、「ファミマの天然水 津南」

買いすぎたかも!?

ファミリーマートのお弁当「炙り焼 牛カルビ重」
ファミリーマートのお弁当「炙り焼 牛カルビ重」

新発売とのことで、50円引の値段だった。
定価530円が、480円になった。

この弁当を買った理由は、見た目がおいしそうだったから。

お店の人に電子レンジで温めてもらって食べると、見た目で予想した通りにおいしかった。

辛すぎないところも良い。

明星食品のカップラーメン「傑作レシピを再現した幻の味 ラーメンの鬼の伝説の一杯 豚骨」
明星食品のカップラーメン「傑作レシピを再現した幻の味 ラーメンの鬼の伝説の一杯 豚骨」

お値段は216円と、ちょっと高め。

ラーメンのお味としては、ちょっと甘く、こってりしすぎているなあ、スープはあまりたくさんは飲めないかも、という印象を持ってしまった。

ラーメンの蓋についていた調味料を全て投入したのがよくなかったような気がする。

炙り焼 牛カルビ重との組み合わせも良くなかった。

それぞれの食べ物は美味しいはずなのに、方向性の違う味の食べ物を一緒に食べると、何だか胃が苦しくなってきた。

食べる量が多すぎたというのもある。

今度から、ラーメンを食べる時は、弁当ではなく、あっさり味のおにぎり1個ぐらいにしておこう。

ところで、今夜、夕食を食べる場所としてコンビニを選んだのは、カップラーメンを食べたくなったから。

私が現在、長期出張で仮住まいしているアパートには電気ポットもヤカンもないので、カップラーメンを食べるための電気ポットを無償で提供してくれるコンビニの存在は非常にありがたい。

カップラーメンを食べられるということもあり、コンビニのイートインスペースには、よくお世話になっている。


弁当とカップラーメンを食べ終わると、かなりの満腹感で、イートインスペースから立ち去る気力がなくなるほど疲れていた。

食べる量を減らさないと、胃が疲れる。

胃がムカムカしてきたので、それを抑えるために、同じファミリーマートで購入したミネラルウォーターを飲む。

ファミリーマートのミネラルウォーター「ファミマの天然水 津南」
ファミリーマートのミネラルウォーター「ファミマの天然水 津南」

《名水の郷「津南」の美味しい水です。》
というコピーがペットボトルのラベルに書かれているが、確かに美味しい。

飲んでいると、胃のムカムカ感が少し和らいだように思える。

この水の採水地は、新潟県中魚沼郡津南町とのこと。

覚えておこう。

見た目は小さいが、内容量は350mlもある。
サイズが小さい分値段も88円と、コンビニで買う値段としては安い。

水を買っていて良かったと思った。

  
 

前へ

translate "unvail" into Japanese

次へ

translate "spot" into Japanese