小学館『小学一年生』2012年9月号を娘のために購入した

昨日の昼休みに会社から自宅に戻る時に、小学館『小学一年生』2012年9月号を娘のために購入した。

今月号も娘の大好きな「別冊ふろく 陰山メソッド まいにちドリル」が付いていた(今月はハム太郎が表紙だった)。

今月号で一番目を引かれたのが、「ゲームイレブン」という携帯ゲーム機だ。

なんと11種類ものゲームを遊ぶことができる。

ゲーム機のボディが白、液晶画面が白黒(モノクロ)であるため、ゲーム機を見た瞬間に、私が小学生の頃に流行した初代ゲームボーイを思い出した。

娘の幼稚園時代、小学生時代の友達の中には、Nintendo DS Liteを持っている子などがいるそうだが、娘にはまだ買い与えていない。私のiPod Touchでたまにゲームをするのを楽しみにしているぐらいで、それ以外には娘がゲームをする機会はほとんどない。

娘にとっては、このゲーム機が初めての娘専用のゲーム機になったので、手に取った時は大変うれしそうだった。

娘の一言は「うわ〜、スマートフォンみたい!できるかな〜(使いこなせるかなの意味)」だった。

《注》娘は、iPod Touchのことを「アイポッドタッチ」と言ったり、「スマートフォン」と言ったりする。iPod Touchとこのゲーム機は似ていないと思うのだが、娘にとっては似たようなものらしい。

娘は、今朝、起きてから早速ゲームをしている。

先ほど妻に、「目が悪くなるから、ゲームは30分までよ。ゲームをやって目が悪くなった、と聞く友達が多いよ」と注意を受けていた。

果たして、娘は30分でゲームをやめられるだろうか。

……ゲームに熱中している娘を見て、私も娘が熱中しているゲームをやりたくなってきた。

後で娘に借りて遊んでみようっと。

【送料無料】小学一年生 2012年 09月号 [雑誌]

【送料無料】小学一年生 2012年 09月号 [雑誌]
価格:750円(税込、送料別)

  
 

前へ

PHPでMySQLのデータベース一覧を取得し、データベース名を確認する方法

次へ

『学研の夏休みドリル 小学1年生』の採点が終わった