Excel 2013で入力規則の元の値を定義している場所を確認する方法

Excel 2013で[データ]タブの「データの入力規則」をクリックすると、「入力値の種類」として「リスト」を選択でき、「元の値」でリストデータが何の値を参照しているかが分かるけれど、「元の値」で何の値かが分かっても、その値をどこで定義しているのか、どこでリストの1つ1つの名称を定義しているのかを確認するには、別のところを見ないと分からない。

Excel 2013で、入力規則の元の値を定義している場所を確認するには、[数式]タブの「名前の管理」をクリックすればよい

これで、どのシートで定義しているかまで分かるので、リストの名称変更等を行うことができるようになる。

あまりExcelに慣れていないと、「どこで定義していたっけ?」となって、定義を変更する場所を探すだけで、あっという間に数分間もの時間が過ぎてしまうので、このブログで備忘録として残しておく。

この記事のメインカテゴリ:
SNS:
この記事に付けられているタグ: Excel