ハロウィン絵柄のスタバカードを金券ショップでお得な値段で購入した

金券ショップにふらっと寄って、販売されている様々な商品を眺めていると、スターバックスのカード(スタバカード)が販売されていることに気付いた。
女性の店員さんに有効期限があるのかどうかを聞いてみると、親切にも調べてくれて、特に有効期限はなさそう、ということであった。

値段を聞いてみると、3,000円分のスタバカードを2,900円で販売しているということであった。

スタバカード ハロウィン絵柄 3,000円分
スタバカード ハロウィン絵柄 3,000円分。

今日は10月31日で、ハロウィンの日。
金券ショップで販売されているスタバカードの絵柄がハロウィン仕様で、カードの表面には「HAPPY HALLOWEEN」という文字の横にいかにもハロウィンという感じのかぼちゃの絵と可愛い白猫の絵が描かれていた。

「ハロウィンのカード!今日はハロウィンだから、ちょうどいいですね。このカード買います」

店員さんにそう言って、スタバカードを購入した。
店員さんからはきちんとした説明があった。

「番号を入れてみて、金額が3,000円あることを確認しています」

カードの裏面を見ると、カード番号とPIN番号の記載がある。
PIN番号は番号が見えないようにシールのような物が貼られているのだけれど、金券ショップで購入したスタバカードではシールのようなものが削り取られてPIN番号が見えるようになっていた。
金券ショップの店員さんは、このカード番号とPIN番号を使って金額が3,000円分残っていることを確認したのであろう。

これまでに何度か利用したことがある安心できる金券ショップであるため、店員さんの言葉を信じて購入した。
帰宅後、iPhoneのスターバックス・アプリを起動し、金券ショップで購入したスタバカードのカード番号とPIN番号を入力して3,000円分の金額が入っていることを確認した。
既存のメインのカードへの3,000円分の残高移行も簡単に行うことができた。

スターバックスにはよく行くので、少しでも安くスターバックスが利用できるのは有り難い。
今回は3,000円分を2,900円で購入したのだから、100円も得している。
9,000円分のスターバックスカードを購入したら、300円も得することになる。

もっと得する方法があるかもしれないけれど、今まではアプリ内の残高が足りなくなってきたらスタバの店員さんに現金を渡して残高を増やす、というようなことをしていたから、今までよりは今回のように金券ショップで安く購入したスタバカードから残高を増やす方が明らかにお得であろう。

他にもっとお得な方法が見つかるまでは、今後も金券ショップでスタバカードを購入しようと思った。

  
 

前へ

JR名古屋駅太閤通口(新幹線口)から徒歩4本のホテル・ヴィアイン名古屋新幹線口に宿泊した感想

次へ

MacBook Airの電源ケーブルの被膜が破れたのでビニールテープで応急処置を実施した