湯平温泉旅行 - 2日目 (大分県→愛媛県)

2004年4月1日(木曜日)

お腹がすいた。
(撮影:8時1分)
宿潦ばん屋の朝食。
とてもおいしかった。中でも、手作りの豆腐(写真上の赤い器に入っている)が、特においしかった。
(撮影:8時5分)
朝食後、お風呂に入ることにした。
昨日入ることができなかった相対露天風呂「山香(さんが)」に入ることができたのでとても嬉しかった。

お風呂から上がると、帰り支度を始めた。10時がチェックアウトだったが、僕は9時50分の時点でもまだトランクス+浴衣姿だった。のんびりしすぎたかなあ・・・。
(撮影:8時45分)
楽しかった湯平温泉も今から去らなくてはいけない・・・。

※写真正面の建物が、今回宿泊した宿潦ばん屋。

★宿潦ばん屋
 住所:大分県大分郡湯布院町大字湯平798
(撮影:10時12分)
ここに来た時は宿潦ばん屋の若旦那に車で連れてきてもらったけれど、帰りは徒歩でこの石畳を降りていった。
(撮影:10時13分)
猫が見えた。
わくわく。
(撮影:10時16分)
ここで、昨日、若旦那の迎えの車に乗ってこの坂道を登る時に、一緒に行った人が手際よく注文しておいた湯の華まんじゅうを購入した。

★湯の華まんじゅう
 ・1個50円(10個で500円)
 ・前日に注文しておいたほうが良い(前日に注文しないとどうなるかは不明)
(撮影:10時17分)
猫、そこにいたか。
かわいい〜!
(撮影:10時17分)
湯平に来て初めて出会った猫だ。
待ってくれ。行かないでくれ・・・。
(撮影:10時17分)
そこで止まって〜。
(撮影:10時18分)
よし、戻ってきてくれた!
(撮影:10時18分)
行かないで・・・。
(撮影:10時18分)
よし、また戻ってきてくれた。
(撮影:10時20分)
ああ、また・・・。行かないで・・・。
(撮影:10時20分)
おおおおおお!猫が2匹も!幸せ〜!
(撮影:10時20分)
商店街の人によると、1匹はハッピーという名前だった、と思う。
どっちの猫がハッピーだったんだろう・・・。
(撮影:10時20分)
かわいい〜!

湯平を去る前に、猫に出会えて嬉しかった。また、ここに来た時に、この猫達に会えたらいいな。
(撮影:10時21分)
振り返ると、もう猫達はいなかった。
(撮影:10時23分)
石畳の道の路地裏はこのように川になっている。川の音が気持ちいい。
(撮影:10時25分)
石畳、路地裏、川、橋を色々眺めて楽しんだ。
(この写真はビデオから切り出しているので写りはあまり良くない。)
(撮影:10時27分)
石畳を歩いていて楽しくなってきた。
(この写真はビデオから切り出しているので写りはあまり良くない。)
(撮影:10時29分)
その後、とある路地裏に入り川の小さな橋を渡ると、山頭火ミュージアム「時雨館」(しぐれ)があった。
(撮影:10時33分)
時雨館の2階に上がると、このように筆と墨汁が置いてあった。半紙もあったので、俳句を書いてみた。
筆と炭と半紙で文字を書くのはとても久しぶりで、わくわくした。
(どのような俳句を書いたかは、恥ずかしいので秘密にさせてください。季語が入っていないので、五七五の形式になっているとはいえ、俳句とは言えないでしょうね・・・。)
(撮影:10時35分)
時雨館で心を和ませた後、湯平温泉観光案内所に行ってみた。
誰もいなかったが、驚くべき時刻表を発見した。
(撮影:10時55分)
湯平駅行きのバスは、1日に2本(しかも朝のみ)しかなかった。旅館の人に聞いていたので本日はこの時間だとバスを利用できないのは分かっていたが、こんなに少ないとは思いもしなかった。
(平日なので18時のバスがあるが、待てない・・・。)

仕方がないので、タクシーを呼ぶことにした。
(撮影:10時55分)
タクシーを待っている間、少し近くを散歩した。
時間いっぱい、湯平を楽しもうと思った。

川の上で、桜が咲いていた。湯平はまだまだ寒いが、ここももう春なんだなあ、と思った。
(撮影:11時17分)
この石畳の道を降りてきた。
(撮影:11時19分)
タクシーが来るまでにもう少し時間があったので、水掛地蔵尊を参拝することにした。
・・・石段を登って行かなくてはならなかったので、ちょっと疲れてしまった。
(撮影:11時24分)
水掛地蔵(右側)。頭から水をかけてお願い事をすると願いがかなうとされているそうなので、とても真剣に水をかけてお願いをしてみた。かなうといいなあ。
(撮影:11時29分)
観光案内所に戻ると、タクシーがちょうどやってきたところだった。
湯平駅まで送ってもらった。
(撮影:11時48分)
南由布方面。
(撮影:11時48分)
南由布方面。
トンネルにを挟む桜と菜の花がとても綺麗だった。
(撮影:11時49分)
庄内方面。
これから、この方面に向かって帰ることになる。
(撮影:11時50分)
列車が到着した。
(撮影:11時55分)
JRの列車で、乗車時に乗車券を取るのはとても久しぶりだと思う。
(撮影:11時55分)
車内の風景。
運転席には運賃表がある。
(撮影:11時56分)
乗車駅証明書「湯平」JR九州。
(湯平→大分までは690円)
(撮影:11時57分)
大分に着くと、商店街をぶらぶらした。
(撮影:12時47分)
昼食は、商店街にあるSICILIA RYOMAでとることにした。

★SICILIA RYOMA
 住所:大分県大分市中央町1-4-8 シャンテビル2階
(撮影:12時52分)
SICILIA RYOMAの日替わりパスタランチ(700円)。
おいしかった。
(撮影:13時9分)
昼食後、ふたたびぶらぶらとお店を回ると、とてもお腹がすいたのでPARCO前(大分駅の近く)のベンチに座ってクレープを食べることにした。

★ROMANDO ROLL
 ・明日は、テレビ番組の「マネーの虎」に出演予定らしい。
(撮影:14時52分)
バナナ生クリーム(400円)。
うまかった。
(撮影:14時59分)
鳩がクレープを奪いに来た。
膝の上に乗ったりしてとてもしつこかったので、クレープのかけらを「ほらっ」と与えてみると、うまそうにぱくついてきた。
鳩はとてもお腹が空いていたらしく、その後も何度も何度も僕のクレープを奪おうとして襲ってきた。
・・・ちょっと怖かったなあ。
(撮影:15時4分)
クレープを食べ終わり、鳩に別れを告げると、大分駅に行った。

目的の列車が到着するまでの間に、特急列車を撮影。
(撮影:15時16分)
この列車で西大分駅に行く。
(撮影:15時17分)
車内の様子。
なかなかおしゃれな座席だと思った。
(撮影:15時18分)
天井の吊革が円を描いていたのが面白かった。四国にも円形のものはあるのかな?ここで初めて見たような気がする。
(撮影:15時18分)
16時10分大分発、19時45分松山着のダイヤモンドフェリーに乗った。
旅の疲れがどっと出たのか、松山に着くまでのほとんどの間、毛布にくるまって眠っていた。

写真は、2等船室にて撮影。
(撮影:16時34分)
松山観光港から帰宅途中に、うどんのめんたで夕食をとった。

★うどんのめんた 松江店 (パルティフジ松江内)
 ・住所:愛媛県松山市松江町5-38
(撮影:20時14分)
ぶったま(315円)、牛丼(315円)、冷奴(105円)。
おいしかった。

湯平温泉旅行は、これで幕を閉じた。

また、行きたいな、湯平温泉。
(撮影:20時19分)
  
 

前へ

湯平温泉旅行1日目 (愛媛県→大分県)

次へ

従兄弟の結婚式 - 1日目 (愛媛県 → 兵庫県神戸市)