Windows 7のコマンドプロンプトでWindowsのバージョンを確認する方法

Windows 7のコマンドプロンプトには、Windowsのバージョンを表示するためのコマンド「ver」がある。

私のノートPC(Windows 7 Home Premium)でこのコマンドを実行すると以下のようになる。

C:\Users\neko>ver

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]

どうやら「Windows 7 Home Premium」のバージョンは、「Version 6.1.7601」ということらしい。

ところで、コマンドプロンプトを起動した直後の画面最上部には以下のメッセージが表示されている。

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

このメッセージに「Microsoft Windows [Version 6.1.7601]」とあるので、コマンドプロンプトで「ver」コマンドを実行しなくても、コマンドプロンプトの画面を見ればバージョンを確認できることが分かる。

このことを考えると、Windowsのバージョンを確認するためにコマンドプロンプトを起動した場合、「ver」コマンドをわざわざ使う必要性はあまりないであろう、と思った。

Windowsのバージョンに応じて処理を変更するバッチ処理でも考えるのであれば、使うことがあるのかもしれないなぁ……・。

  
 

前へ

Internet Explorer 9が「dw20.exe」というエラーで頻繁に強制終了した時の解決方法

次へ

「もーてーこい!」と言いながら提灯行列で頂く大量のお菓子(愛媛県松山市の地方祭)