温泉・銭湯・宿泊施設等の最近のブログ記事

2004年1月6日(火曜日)

たかの子温泉の施設外観 たかの子温泉に行った。
温泉らしいぬるぬるしたお湯がとても良かった。温泉の温度はぬるめだったので、長時間つかっていてものぼせたりはしなかった。露天風呂の打たせ湯(滝湯)が気持ち良かった。

★たかの子温泉
 料金   :大人400円
 営業時間:24時まで
 住所   :愛媛県松山市鷹の子町744
(撮影:21時39分)
猫を眺めた後、いよ温泉でお風呂に入った。そして、その風呂上りにいよ温泉の1階で夕食をとった。
おでん。厚揚げと大根を食べた(1本100円)。大根は娘の大好物だ。
(撮影:19時31分)
オニギリも食べた。2個入りで150円が定価なのだが、遅い時間帯だったせいか、半額の75円で売ってくれたので嬉しかった。
(撮影:19時34分)
うどんを2杯頼んだ(1杯250円なので安い)。このうどんを妻、娘、私の3人で食べた。うどん、おいしい!
(撮影:19時41分)
いないないばあ?などをして遊ぶ娘。1歳6ヶ月の娘は上機嫌。いよ温泉の1階和室での食事を楽しんでくれて良かった。またここで食べたいと思った。
(撮影:20時05分)

宇和海展望タワーに向かう途中に偶然見つけた「ゆらり内海(うちうみ)」という施設が個人的にかなり気になっていたので、寄ってみることにした。

(今回、初めて訪れる。)

(撮影:17時17分)

「ゆらり内海」は、国道56号沿いにあり、松山方面から来た場合は、左側にある。

ちなみに、露天風呂ではないのだが、お風呂の浴室から屋外に出ることができる。屋外はあまり広くなく、風呂の中を覗くことができないようにしている壁があるため少し殺風景な景色となっているのだが、屋外にあるちょっと大きめの石の上に登ると、国道56号とその周辺の景色を眺めることができる。なお、壁の横は通路になっているので、施設利用客に裸を見られないように注意する必要がある。

(撮影:17時17分)

「ゆらり内海」の施設内。

右手に見えるロッカーのようなものは、下駄箱。

(撮影:17時18分)

お風呂の入口。

宇和海の天然海水を使った「潮湯」がとても気持ちよかった。

(撮影:17時22分)

お風呂の後は、施設1階の食堂で晩御飯を食べることにした。

※写真は、食堂の入口。

(撮影:18時30分)

私は、「愛南びやびやかつおタタキ定食」(1400円)を食べることにした。

かつお、うますぎ〜!

(撮影:18時42分)

妻は、「唐揚定食」(980円)を食べることにした。

唐揚、私も少し食べさせてもらったのだけれど、おいしかった。

(撮影:18時42分)

天然温泉キスケのゆ(愛媛県松山市宮田町4)には何度も訪れているが、いつも温泉には入るが食事をとったことはなかった。

今夜は、初めて食事をとることにした。

食事をするには、入浴券を番台で渡した後、食堂コーナーに入り、券売機で食券を買えばよい。

天然温泉キスケのゆの刺身定食

本日注文したのは、刺身定食(お値段は680円)。

お味噌汁が美味しい。

量もなかなか多くてお腹いっぱいになった。

少し前に宿泊したウィングパークホテル(WING PARK HOTEL、住所:〒739-2208 広島県東広島市河内町入野1296-72)の温浴施設のフロントで「温泉の素 ウイングパークホテルの湯」という入浴剤を買っていたことを思い出した。

今夜は松山市内の温泉に行ってみようかな、と考えていたが、今夜は「温泉の素 ウイングパークホテルの湯」で自宅のお風呂を温泉っぽくして、自宅のお風呂に入ることにした。

2012-10-07-2141-28-033.JPG

「温泉の素 ウイングパークホテルの湯」は、3回分が1セットになったものを購入していた。

今夜は1回分のみを使うことにする。

なお、「ウイングパークホテルの湯」とは、獅子伏温泉(ししぶせおんせん)のこと。

この入浴剤をお風呂に入れると乳白色になって綺麗だった。

気持ちよかったので、また、近いうちに残り2回分を使いたいと思う。

《温泉の素 ウイングパークホテルの湯のパッケージに記載されていた内容》
成分:炭酸水素No、炭酸Na、硫酸Na、塩化Na、炭酸Ca

今夜宿泊するホテルサンルート有明(東京都江東区有明3-6-6)にようやくチェックインした。

フロントに「コンビニはありますか?」と聞くと、2階にあります、ということだったので階段を歩いて2階に向かう。

ホテルサンルート有明のフロント前の巨大なクリスマスツリー

フロント前にある巨大なクリスマスツリーを2階に登る階段から眺める。

ホテルサンルート有明の2階にあるローソン ホテルサンルート有明店

ホテルサンルート有明の2階にある「ローソン ホテルサンルート有明店」に入る。

ここで、飲み物と明日の朝食を購入する。

ローソンで買い物をすませた後に、宿泊する部屋に向かう。

部屋は、楽天トラベルのANA楽パックというプランで予約した。

《楽天トラベルで予約した「部屋タイプ」の情報》
洋室・シングル・バス・トイレ付
☆エアーパッケージ☆スタンダードシングル(禁煙)
 (お部屋の広さ:17.3平米/ベッド幅:140センチ(シモンズ社製)/LAN接続無料(VPN対応)/ユニットバス/ウォシュレット付トイレ/禁煙フロア)

室内の入口から眺めたホテルサンルート有明の室内の様子

室内の入口から眺めたホテルサンルート有明の室内の様子。

左手に全身ミラー、右手にトイレと風呂への扉、前方に机、机の後ろにはベッド、という配置だ。

ホテルサンルート有明室内のベッドの隣の棚

ベッドの隣には棚があり、その棚に電話機があった。

珍しい配置だなぁ、と思った。

あまりいないと思うが、寝ながら電話をかける人にとっては便利なのかもしれない。

私は電話は不要なので、特に気にしないことにした。

ホテルサンルート有明室内からドアまでの通路

室内からドアまでの通路は広い。

通路の床は明るくて綺麗で、清潔感がある。

ホテルサンルート有明室内の幅140センチのシモンズ社製ベッド

幅140センチのシモンズ社製ベッドということで、広々していて気持ちよさそう。

ホテルサンルート有明の壁に据え付けられた長机

壁に据え付けられた長机は、作業スペースが広くあり、使い勝手が良さそう。

ホテルサンルート有明室内のユニットバス(トイレとお風呂の浴槽)

お風呂とトイレは同室内にあるユニットバスタイプだが、広々としている。

ホテルサンルート有明室内の洗面台と鏡とシャワーとハンガー

洗面台前の鏡は、大きくて綺麗。

お風呂のシャワーも背の高い所に固定位置があり、使い勝手がよさそう。

私は使わないが、浴槽内には、ハンガーがかかっていたので、洗濯をして干しておく、という利用をすることもできるように見えた。

後でお風呂に入ったが、大変気持ちよかった。

今日の宿泊地は、「サンホテル水前寺」(熊本県熊本市中央区出水1-6-16)だ。

ホテルの名前に「水前寺」が付いていることから想像がつくかもしれないが、水前寺公園がすぐ近くにある。

サンホテル水前寺

ホテルの予約は、楽天トラベルで行った。

《楽天トラベルで予約した時に表示された「部屋タイプ」》
【禁煙・シングル】125cmセミダブルベット使用(s-kin)×1部屋
【125cmセミダブルベット使用】駐車料無料!朝食無料!【全館ウォシュレット・空冷蔵庫、ドライヤー完備】

サンホテル水前寺の室内:入口から眺めた様子

部屋の入口側から室内を眺めた様子。

右手の扉の先には、ユニットバス(トイレとお風呂)がある。

サンホテル水前寺の室内:セミダブルベッド

部屋のベッド

予約した時の情報によると、125cmのセミダブルベットとのこと。

サンホテル水前寺の室内:机、椅子、テレビ、冷蔵庫など

机、椅子、テレビ、冷蔵庫など。

机は広いので嬉しい。

今夜宿泊するホテルは、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)だ。

横浜赤レンガ倉庫付近から眺めた横浜みなとみらい地区21(横浜ランドマークタワー、観覧車、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルなど)

横浜赤レンガ倉庫付近から横浜みなとみらい地区21の夜景を眺める。

横浜ランドマークタワー、観覧車の右手に位置する半月状の建物が、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルだ。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

赤レンガ倉庫から、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの目の前まで歩いて行く。

見る角度が変わると、半月状の建物が厚みを持ち、直線部を中心として、半月状の建物が左右対称に開いていることが分かった。

このホテルが海沿いに立っている美しい光景を眺められたのは良かったのだが、どうやら海側からホテルに直通している道がなさそうだったので、ホテルが目の前にあるのに、左側からぐるっと大回りをしてホテルに向かわねばならなかった。

ようやくホテルのロビーに入り、ホテルのフロントでチェックインする際にびっくりしたのが、ホテルウーマンの次の一言だった。

「お部屋までご案内致しましょうか?」

普段安いビジネスホテルにしか宿泊していないので、予想外の一言にびっくりしてしまい、返答に詰まってしまったが、何とか次の一言を押し出した。

「いえ、大丈夫です」

次元の違うホテルに宿泊してしまった、という緊張でドキドキしながら、自分が今夜宿泊することになる13階の部屋に向かう。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの室内の様子(部屋の入口より)

部屋の入口から室内を覗いた様子。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの室内の様子(洋室)

室内の様子。

本日は、楽天トラベルの「ANA楽パック」で以下の「部屋タイプ」で予約していた。 

洋室・ツイン・バス・トイレ付
【禁煙】スーペリアツイン シティビュー(街側)7〜16F
 (シティビュー側の客室からはダイナミックな横浜市街・みなとみらいを一望。7階〜16階のいずれかでのご案内となります。)

通常であれば、飛行機の往復運賃とホテルの宿泊料金を合計すると、ANA楽パックの10日前予約であっても39,800円もしてしまうのだが、今回は、「【ANA楽パック】ご好評につき追加!11月1日〜1月14日ご出発に使える10,000円クーポン:10,000円」という1万円割引のクーポンを使ったので、なんと39,800円の料金が29,800円になった。この金額であれば、普段宿泊する安いビジネスホテルと飛行機の往復代金を合わせた合計よりも安くなった。このクーポンを見つけてくれた妻には感謝したい。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルのベッド(ツインタイプ)

ホテルには1人で宿泊するのだが、ツインタイプの部屋が提供された。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの机

机は、美しい街の夜景を眺められる窓際に設置されてあった。

しかし、今から、仕事のために東京に行かないといけないので、机を使うのは、数時間後のことになる。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの室内の椅子とテーブル

ゆったりとくつろげそうな椅子とテーブルもある。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの室内から眺めた夜景(観覧車、ランドマークタワーなど)

部屋からの眺め。

左手に観覧車の側面、右手に横浜ランドマークタワーが見える。

観覧車の正面が見えないのは非常に残念だったが、私が約2年ほど毎週のように横浜で宿泊してホテルから眺めた夜景としては最高に美しい夜景だった。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの室内から眺めた夜景

室内の明りを消し、室内のベッド付近から眺めた夜景。

ライトアップされた観覧車、遊園地の光やビルの光が部屋の窓からよく見える。

さて、もっと眺めていたいが、今から仕事のため東京に行かなくてはいけないから、この部屋を去らねばならない。

部屋に帰ってくるのは何時になることやら……。

東京で仕事を終えて新橋駅から桜木町駅まで電車で移動し、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルに戻ってきた時には、深夜0時を過ぎていた。

桜木町駅からホテルに向かって歩いている時に、観覧者の電気が消えるのを見た。

もう寝ないといけない時間だ。

しかし、ホテルの部屋でノートPCを開いて仕事をしないといけない。

部屋に入るなり早速仕事……というわけにはいかなかった。

桜木町駅からホテルまで歩いたことにより、冬だというのに、汗をかいていた。

だから、まずは、お風呂に入ろう。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの浴室内(洗面所とトイレ)

浴室には、洗面所、トイレ、お風呂があった。

広々としている。

いわゆるユニットバスタイプだったが、これだけ広いと、特に、気にはならない。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの浴室内(浴槽)

お風呂。

足を延ばせるほどゆったりとしている。

バスマットが黒ずんでいてあまり綺麗ではなさそうに見えるのが気になったが、たぶん、年季が入っているものであり、仕方がないことなのだろう、と思うことにした。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの入浴剤「BATH SALT」(バスソルト)(製造販売元:株式会社ペリカン石鹸)

洗面所に「BATH SALT」(バスソルト)という入浴剤が置いてあったので、使ってみることにした。

《「BATH SALT」(バスソルト)のパッケージに記載されていた内容》
【入浴用化粧品】内容量25g
海辺の爽やかな潮風を思わせるエレガントな香り

全成分:海塩、硫酸Mg、香料、シリカ、スクワラン、水、メチルパラベン、青1、黄4

販売名:バスソルトICYG

製造販売元:株式会社ペリカン石鹸

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの浴槽(入浴剤「BATH SALT」投入後)

お風呂にお湯を入れ、「BATH SALT」(バスソルト)を投入した。

お湯が青くなって面白かった。

お湯につかると、ざらざらとした感触があった。

あ、お湯に溶けていないかも、と思って、熱いお湯を注ぎ足したり、かき混ぜたりして溶かした。

そこがまた面白かった。

ゆったりと体をつけて、温まった。

お風呂のおかげで、随分とリラックスできた。

お風呂から出た後、せっかくリラックスできたにもかかわらず、やらねばならない仕事はやらないといけないのだろう、と思って仕方なく仕事を始めた。

仕事は徹夜をしても終わらないであろう、ということは分かっていたので、徹夜をすべきかどうかを迷いながら仕事を進めていくうちに、「せっかくこんないいホテルに泊まっているのに一睡もしないのは、アホらしい」と思って2時間ほど眠ることにした。

机の横のベッドに入ると、すぐに眠りに落ちた。

朝6時に目覚めた。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの13階の部屋から眺めた横浜みなとみらい地区21付近(観覧車側)の朝6時20分の風景

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの13階の部屋から眺めた横浜みなとみらい地区21付近(観覧車側)の朝6時20分の風景。

この時間は、観覧者にも遊園地にも明かりはついていない。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの13階の部屋から眺めた横浜みなとみらい地区21付近(観覧車、横浜ランドマークタワー側)の朝6時21分の風景

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの13階の部屋から眺めた横浜みなとみらい地区21付近(観覧車、横浜ランドマークタワー側)の朝6時21分の風景。

人通りが途絶えているが、これから日が昇るにつれ、人が増えてくるだろう。

私は残念ながら、その様子を窓からぼんやりと眺めていることはできない。

今からホテルをチェックアウトし、次の仕事場に移動しなくてはいけない。

朝6時50分にパシフィコ横浜前付近(ホテルの西側)より眺めたヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

朝6時50分にパシフィコ横浜前付近(ホテルの西側)より眺めたヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル。

この位置から見ると、ホテルは半月状ではない。

半月状の建物2つの間に長方形の建物があることが分かる。

さて、今から、みなとみらい線のみなとみらい駅に向かう。

呉駅から歩いて約5分ほどで呉ステーションホテル(広島県呉市中央1-3-8)に到着した。

呉ステーションホテル外観(玄関前)

呉ステーションホテル玄関前。

呉ステーションホテル外観(1階)

呉ステーションホテルの1階。

ガラス張りなので中がよく見える。

呉ステーションホテル外観(ホテル名の看板と客室)

ホテル名「呉ステーションホテル」の緑色のネオンと客室。 

呉ステーションホテル室内(入口から眺めた様子)

呉ステーションホテルの入口から眺めた室内の様子。

呉ステーションホテル室内(ベッド、机、テレビ)

ベッドの足元側に机、テレビ、冷蔵庫が設置されている。

呉ステーションホテル室内(机、テレビ)

机はなかなか広くて使いやすそう。

椅子は、実用重視の機能的なタイプ。

背もたれがあるので良い。

机の右手には鏡がある。

左手にはテレビがある。

液晶サイズはあまり大きくないが、テレビはほとんど見ないので問題ない。

呉ステーションホテル室内(ベッド)

ベッドには、電話機と目覚まし時計があった。

ベッドの頭側の裏手には浴室があり、浴室扉に向かい合う室内の壁には、姿見がある。

呉ステーションホテル室内(お風呂、トイレ、洗面台)

浴室内。

お風呂、トイレが同じ浴室内にあるユニットバスタイプ。

体が冷えていたし、昼間は体調が悪くて寒気がしていたことを思い出し、風邪をひいてはいけない、と思って、シャワーでしっかりと体を温めた。

室内が冷え切っていたので、エアコンで室内をガンガン温めた。

おかげで、翌日は風邪をひくこともなく、元気に目が覚めた

「天然温泉キスケのゆ」の新源泉のお湯をペットボトルに入れる娘

キスケの湯の「新源泉」のお湯を500mlのペットボトルの空き容器に入れる6歳の娘。

このお湯は、持ち帰り自由のものだ。

もちろん、温かい。

自宅で手や顔を洗うのに使うと気持ちよさそう。

(と思って持って帰ったが、しばらくすると温泉はすぐに冷めてしまった……。持ち帰ってすぐに使えば良かった。)



今夜の宿泊先は、ホテルクドウ大分(住所:大分県大分市金池町1-11-6)だ。

ホテルクドウ大分の室内の様子(室内の入口付近より)

ホテルクドウ大分の室内の様子(室内の入口付近より)。

ホテルクドウ大分の机、椅子、テレビなど

机、椅子、テレビなど。

ホテルクドウ大分のベッド

ベッド。

ホテルクドウ大分のすぐ近くにあるコンビニ(ローソン)で購入した具沢山タルタルのチキン南蛮弁当

ホテルのすぐ近くにあるコンビニ(ローソン)で購入した具沢山タルタルのチキン南蛮弁当(498円)。

現在の時刻は、午前1時2分。

《弁当のパッケージに記載されている情報》
九州限定
たっぷりの具沢山タルタルで食べるボリューム満点のチキン南蛮

ホテルクドウ大分のすぐ近くにあるコンビニ(ローソン)で購入した具沢山タルタルのチキン南蛮弁当と食塩無添加トマトジュース(デルモンテ)

「具沢山タルタルのチキン南蛮弁当」は、とにかくタルタルソースが美味しい!

ボリュームもたっぷりで良かった。

一緒に購入した食塩無添加トマトジュース(デルモンテ)も美味しかった。

ホテルクドウ大分の温泉「金池温泉岩の湯 殿湯」の入口

翌朝、ホテルの温泉「金池温泉岩の湯 殿湯」に入る。

温泉は、ホテルの1階にあるので、タオルと着替えを持って移動する。

ホテル宿泊客は、この温泉の利用は無料だ。

ホテルクドウ大分の温泉の脱衣所

脱衣所。

鍵付のロッカーがあるので有り難い。

ホテルクドウ大分の温泉の浴室扉

浴室扉。

中には誰もいない。

ホテルクドウ大分の温泉の湯船

湯船は、大きくはない。

しかし、他には誰もいないから、この大きさで十分だ。

お湯の色は、黒。

色を見ているだけでも楽しい。

この温泉につかり、幸せな気分になる。

ホテルクドウ大分の温泉のシャワー

浴室内にはシャワーもあるので、体を洗うのに便利だ。

ホテルクドウ大分の朝食

ホテルの朝食。

宿泊客は、無料でこの朝食を食べることができる。

とても美味しかった。

レオプラザホテル佐世保前の道路

今夜宿泊するホテルは、佐世保駅から徒歩数分の距離にある「佐世保駅前ビジネスホテル レオプラザホテル佐世保」(住所:長崎県佐世保市三浦町4-28)だ。

佐世保在住の友人もホテルの場所は知らなかったようだが、佐世保駅に設置してあった周辺地図を見て「ああ、この辺ね」と大体の場所が分かったようで、私をホテルの所まで案内してくれた。

道に迷いやすい私にとっては大変有り難かった。

ホテル前の道は坂道になっており、長崎市だけでなく、佐世保市も坂が多いのだなぁ、と思った。

レオプラザホテル佐世保の外観・玄関付近

レオプラザホテル佐世保の玄関。

門松が出されていて、正月を迎える準備がされていた。

レオプラザホテル佐世保玄関前の料金表

レオプラザホテル佐世保玄関前には料金表があった。

《料金表に記載されていた内容》
シングル現金価格(税込)5,250円
朝食無料サービス

只今1泊税込 4,980円 自社ホームページ お電話・ご来店限定サービス中
朝食無料サービス

今回、私は4,980円の料金で宿泊する。

友人とは、明日、佐世保市内を観光する約束をしてここで別れた。

(友人は、佐世保市内の実家に帰った。)

レオプラザホテル佐世保のシングルルーム(禁煙)の室内

今夜宿泊する部屋の入口から眺めたシングルルーム(禁煙)室内の様子。

ベッドの後ろにソファーがあるので物を置くのにちょうどよい。

レオプラザホテル佐世保のシングルルーム(禁煙)の室内(ベッドなど)

部屋の窓側から眺めたシングルルーム(禁煙)室内の様子。

机とベッドの間のスペースが広いのでゆったりとできそうだ。

レオプラザホテル佐世保のシングルルーム(禁煙)の室内(机、テレビ、冷蔵庫など)

机は幅が広いので使いやすそうだ。

テレビはあまり大きくはなく、机の端にあるため見づらいかも、と思ったが、基本的にテレビは見ないので問題ない。

ミニ冷蔵庫もあった。

レオプラザホテル佐世保のシングルルーム(禁煙)の室内(お風呂、トイレ、洗面台)

お風呂、トイレ、洗面台は同じ部屋にあるユニットバスタイプだ。

レオプラザホテル佐世保の朝食サービス券

レオプラザホテル佐世保の朝食サービス券。

《朝食サービス券に記載されている内容》
2階「鯉太郎」で和食をご用意いたしております。
時間は7:00〜9:00でございます。

レオプラザホテル佐世保の朝食会場

レオプラザホテル佐世保の朝食会場。

和室のテーブル席に座る。

部屋の周囲を取り囲む透明な窓ガラスからは庭が見える。

庭で流れ落ちる水の音が気持ちいい。

レオプラザホテル佐世保の朝食(和食)

レオプラザホテル佐世保の朝食(和食)。

この朝食が無料なのは、大変嬉しい。

おいしかった!

エクストールイン 熊本水前寺(熊本県熊本市出水1-6-16)

エクストールイン 熊本水前寺(熊本県熊本市出水1-6-16)。

今日は、このホテルに宿泊する。

このホテルの建物は、先月までは「サンホテル水前寺」だった(先月、サンホテル水前寺に宿泊したばかりだった)。

「サンホテル水前寺」が先月2013年4月30日で閉館となり、5月1日より別会社が経営する「エクストールイン 熊本水前寺」というホテルに生まれ変わったようだ。

新しいホテルであるため、まだインターネット上の地図(Google Maps等)やカーナビなどではホテル名では検索できないようだが、「サンホテル水前寺」か住所(熊本県熊本市出水1-6-16)で検索するとホテルの位置は分かるだろう。

エクストールイン 熊本水前寺(熊本県熊本市出水1-6-16)

「エクストールイン 熊本水前寺」の看板。

この看板が目に入れば、徒歩でやや遠くからこのホテルを探していても、この建物が「エクストールイン 熊本水前寺」であることは分かる。

エクストールイン 熊本水前寺(熊本県熊本市出水1-6-16)のシングルルーム室内

エクストールイン 熊本水前寺のシングルルーム室内。

リニューアルしたばかりということもあり、リニューアル前のサンホテル水前寺と比べると、綺麗になった印象を受ける。

 

ホテルは、楽天トラベルで予約した。

楽天トラベルで予約した時の情報は、以下の通り。

【プラン適用】

5月31日まで特別価格!3980円☆リニューアルオープン記念☆ウェルカムコーヒー&朝食無料サービス♪

部屋のタイプ 【禁煙】エクストールシングル 123cmセミダブルベッド(ns)×1部屋
焼きたてパン&炊き立てご飯が自慢の朝食付き★ベッドは123cm高密度スプリングベッド★女性にはアメニティーバイキング
その他記載事項 ■ 無料朝食 セミバイキング ■
焼きたてパンと炊きたてごはんをご用意します。
卵料理、ウインナー、フレッシュサラダ、和惣菜、ヨーグルト、フレッシュジュース、コーヒー、みそ汁、コンソメスープ

おいしい朝食で元気にご出発して下さい。

■ 交通・観光にも抜群です ■
水前寺公園までは徒歩5分!
空港行きリムジンバス停、及び九州各県への高速バス停「水前寺公園前」バス亭まで徒歩1分!

■ 快適なお部屋 ■
123cm特注高密度スプリングセミダブルベッド、洗えるスリッパ(清潔です)、寝心地抜群!デュベカバー採用、厚手のタオル

■ 豊富な貸し出し備品 ■
低反発など貸し出し枕、リセッシュ(消臭剤)、電気スタンド、ソーイングセット、加湿器、マイナスイオンドライヤー、毛布、アイロン、延長コード、ズボンプレッサー、一般的な常備薬など・・・

 

エクストールイン 熊本水前寺(熊本県熊本市出水1-6-16)のシングルルーム室内(ベッドと机)

ベッドと机。

エクストールイン 熊本水前寺(熊本県熊本市出水1-6-16)のシングルルーム室内(机、テレビ、冷蔵庫、鏡)

机、テレビ、冷蔵庫、鏡。

エクストールイン 熊本水前寺(熊本県熊本市出水1-6-16)のシングルルーム室内(ベッド)

ベッド。

枕は大きく、気持ちよさそう。

シーツも清潔そう。

ベッドには、電話とティッシュが置いてある。

エクストールイン 熊本水前寺(熊本県熊本市出水1-6-16)のシングルルーム室内(浴室-ユニットバス、トイレ、洗面台)

浴室-ユニットバス、トイレ、洗面台。

5千円以下の料金のビジネスホテルの部屋としては、なかなか良い部類に入ると思う。

ビジネスホテル「エクストールイン 熊本水前寺」の朝食

昨日から宿泊しているビジネスホテル「エクストールイン 熊本水前寺」の朝食。

朝食は無料だった。

バイキング形式で、好きなものを好きなだけ食べられるのだが、仕事まであまり時間が残されていなかったので、量は少なめにした。

おかずは、ポテトサラダ、玉子、きんぴらごぼう、千切りキャベツ、ソーセージ、ひじきなど色々ある。

味噌汁が大好きなので、味噌汁があるのは嬉しい。

さらに、納豆まであるのは有り難い。

飲み物は、オレンジジュースにした。

色々と美味しかった。

今日は、東京都23区内、神奈川県川崎市・横浜市内のどちらで探しても、値段が高いホテルしかなかった。

半年ぶりの東京出張だったので、ホテルの値段を忘れかけていたが、その頃は、5千円前後の結構綺麗なビジネスホテルがゴロゴロあったはずだった。

それが今日は、値段が高い。

ビジネスホテルですら高い。

下限が1万5千円からのものばっかりとは、いったい、どういうことだろうか。

少し迷ったが、今日は、カプセルホテルに泊まってみることにした。

カプセルホテルに泊まるのは初めてだ。

初めてのカプセルホテルに選んだのが、JR蒲田駅東口から徒歩1分程度の距離にある「カプセルイン蒲田」だ。 

楽天トラベルで予約したところ、何と、2600円という値段だった。

普通のビジネスホテルよりも、かなり安い。 

会社を出る前に、東京に住んでいる社員に「今日はどこに泊まるんですか?」と聞かれた。

「今日はホテル高いところばっかりだから、カプセルホテルにしました」と答えると、「え!?それ、疲れとれますか?」と驚いていた。

カプセルホテルはこれまでに泊まったことがないから、疲れが取れる、取れないなんて分からない。

「もう今日は仕事するつもりないし、寝るだけだから、たぶん、大丈夫です」と適当に答えるしかなかった。

カプセルイン蒲田(東京都大田区蒲田5-20-5)前の通り(夜間)

カプセルイン蒲田(東京都大田区蒲田5-20-5)前の通り。

時刻は、 21時56分頃。

カプセルイン蒲田の場所は、向かい側には野村證券 蒲田支店、斜め向かい側には横浜銀行 蒲田支店の看板があるので、探しやすい。 

カプセルイン蒲田(東京都大田区蒲田5-20-5)の外観(夜間)

カプセルイン蒲田の外観。

「CAPSULE INN KAMATA(カプセル イン カマタ)」の看板があるので入口はすぐに分かる。

カプセルイン蒲田(東京都大田区蒲田5-20-5)スタンダードタイプとロッカー

受付でチェックインを済ませ、寝床まで移動する。

寝床の隣には、鍵付のロッカーがあったので、鞄やスーツなどを入れる。

今回楽天トラベルで予約していた寝床は「スタンダードタイプ 上段」というものだった。

上段には、既に明りがついていた。

たぶん、チェックイン時に受付で電気をつけてくれていたのだろう。

茶色い3段の足場に足をかけ、上段の寝床に潜り込む。

運動不足のせいか、上り込むのにやや苦労してしまった。

情けない……。

カプセルイン蒲田(東京都大田区蒲田5-20-5)スタンダードタイプの寝床(頭側)

スタンダードタイプの寝床(頭側)。

シーツは最初から敷かれている。

カプセルイン蒲田(東京都大田区蒲田5-20-5)スタンダードタイプの寝床(足側)

スタンダードタイプの寝床(足側)。

枕と布団が置いてある。

カプセルイン蒲田(東京都大田区蒲田5-20-5)スタンダードタイプの寝床(足側・ブラインド開放中)

スタンダードタイプの寝床(足側・ブラインド開放中)。

カプセルイン蒲田(東京都大田区蒲田5-20-5)スタンダードタイプの寝床(足側・ブラインドを下ろした状態)

スタンダードタイプの寝床(足側・ブラインドを下ろした状態)。

ブラインドは鍵をかけることなどはできないので、盗難に遭わないように注意をする必要がある。

この後、フロントで借りたパジャマに着替え、バスタオルを持って無料のお風呂に入りに行った。

洗い場にはボディソープ、シャンプーが置いてあったのでタオルさえあれば問題ない。

浴槽にはジェットバスがあったので、最近悩まされていた腰痛の痛みを和らげようと思い、ジェット水流を腰にあてて少し幸せな気分になった。

バスタオルは、フロントで渡されたものを使用した。

ハンドタオルは、フロントで渡されたものだと臭いがあってあまりよろしくなかったので、使用を中止した。この点がちょっと残念。

寝床には、11時頃に戻った。

村上春樹の単行本「1Q84」第1巻を読んだり、iPod touchで英単語のクロスワードゲーム(アルクのキクタン)で遊んでいたりすると、1時間も経たないうちに眠くなってきたので寝た。

ブラインドを閉じていたせいか、寝床の中に熱がこもり、ちょっと暑かった。

この程度の暑さであれば、特に問題ない、と思って気にせず寝た。

しかし、暑さのせいか、不慣れな環境のせいか、何度か目が覚めた。

午前4時、午前4時半、午前5時、午前5時半……。

起きるたびにまた眠ったが、午前5時半頃に目が覚めた時には、もう寝ることを諦めた。

眠気はもうなかった。

東京での朝の出勤は、満員電車になって大変かもしれないから、ちょっと早いが、もう会社の近くの新橋駅まで移動しておこうと思って、チェックアウトすることにした。

共同の洗面所で髭をそったりした後、スーツに着替え、フロントでチェックアウトをする。

2600円の領収証をもらい、外に出た時には、6時17分頃になっていた。

カプセルイン蒲田(東京都大田区蒲田5-20-5)の外観(早朝)

カプセルイン蒲田の外観(早朝)。

外の空気がひんやりしていて気持ちが良い。

宿泊先で仕事をする必要がなく、寝るだけでよいのであれば、カプセルホテルもたまには良いかもしれない、と思った。

カプセルイン蒲田(東京都大田区蒲田5-20-5)前の通り(早朝)

カプセルイン蒲田前の通り(早朝)。

早朝のためか、歩いている人はほとんどいない。

JR蒲田駅東口まで1分程度の距離だ。

蒲田駅に向かって歩き出す。

愛媛県松山市で蛍(ホタル)を鑑賞できる所と言えば、どこがあるのかと問われると、私が知らないだけでいっぱいあるのだろうけれど、私は、竹山荘(チクザンソウ/住所:愛媛県松山市川の郷)ぐらいしか思いつかない。

竹山荘の住所は松山市とは言え、市中心部から石手川ダムを通り過ぎ、そこから今治方面に向かって数キロ先の山奥に位置する。

それでも市中心部から車で30分程度の距離なので近い、と言える。

 

今日は、蛍を鑑賞するために、竹山荘に行った。

竹山荘(チクザンソウ/住所:愛媛県松山市川の郷)

竹山荘に向かう妻と娘。

竹山荘(愛媛県松山市川の郷)で注文した料理「竹山得々定食」

晩御飯として注文した竹山得々定食。

メニュー表には、この定食の内訳として、「山菜盛 山芋 和え物 マス刺 マス塩かバター焼き あめ飯 お吸い物 コーヒー付」と記載されている。

テーブルに並べられると、なかなかの量。豪華だ。

料金は1575円。

この内容であれば、高い金額ではない。

妻と小学2年生の娘との3人で美味しく頂いた。

竹山荘の料理「竹山得々定食」の魚(塩焼き、バター焼き)

魚は、私は塩を選び、妻はバター焼きを選んだ。

美味しい!

 

晩御飯を食べた後は、竹山荘の近くで蛍(ホタル)観賞を行った。

残念ながら先週頃までが蛍が飛ぶピークの時期だったらしく、本日は蛍の数は少なくて10匹程度しか飛んでいなかった。

それでも十分に楽しめた。

妻も娘も大はしゃぎだった。

竹山荘/住所:愛媛県松山市川の郷で鑑賞したホタル

また、飛んでいる蛍を手の上に乗せることもできた。

これまで何度か蛍は見ているが、これは初めてだったので嬉しかった。

竹山荘/住所:愛媛県松山市川の郷で鑑賞したホタル

娘の髪の毛がかかっているのが少し残念だが、蛍の写真を撮ることもできた。

暗闇の中を発光しながら飛んでいる様子については、写真に撮ることは困難であると思ったので、目にしっかりと焼きつけておいた。

来年は、もう少し早い時期に蛍鑑賞に行きたいなぁ。

久しぶりに横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)に宿泊した。

以下に、その時の感想を記す。

横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)の廊下

客室間を通る廊下。

横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)のシングルルーム

入口から眺めたシングルルーム内部の様子。

横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)のシングルルームのベッド、机

ベッド、机。

広くはないが、狭くもない。

横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)のシングルルームのベッド

ベッド。

枕は2つもある。

ゆったりとできる。

寝心地もよい。

横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)のシングルルームの机

机。

横長タイプで、作業できるスペースが広くて便利が良い。

机の上には、テレビ、湯沸し装置、ドライヤー、ティッシュなどがあり、机の下には、冷蔵庫、寝間着などがある。

横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)のシングルルーム内のお風呂とトイレ

お風呂とトイレ。

ユニットバスタイプだ。

手洗い用石鹸とボディソープは別々に配備されている。

シャンプー、リンスもある。

横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)のシングルルームの窓から眺めた「みなとみらい21」の夜景

窓から眺めた「みなとみらい21」の夜景。

時刻は午後9時25分。

まだ深夜ではないが、ホテル前の大通りを通る自動車などはほとんどなく、ひっそりとしている。

当初、楽天トラベルで予約した時のプランでは、街側のプランだったのだが、チェックイン時にホテルの人が気を利かせてくれたらしく、特に私から何かを言ったわけではないが、海側の部屋を用意してくれた。

おかげで、美しい夜景を部屋から眺めることができ、高級な気分を味わえた。

横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)のシングルルームの窓から眺めた「みなとみらい21」の早朝の風景

窓から眺めた「みなとみらい21」の早朝の風景。

時刻は、午前4時54分。

この時間でも随分明るいが、まだ道路を通る自動車などはほとんどない。

 

横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)の外観

横浜桜木町ワシントンホテル(神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1)の外観。

フロントの隣には24時間営業のコンビニ(ファミリーマート)があること、桜木町駅から徒歩30秒ぐらいの距離であることは、大変便利が良い。

さらに海側の部屋に泊まることができれば、みなとみらい21の綺麗な夜景を眺めることもできる。

また、泊まりたいなぁ。

スーパーホテル東京・JR新小岩の入口

「スーパーホテル東京・JR新小岩」(東京都葛飾区新小岩1-31-5)の入口。

入口の自動ドアから中に入り、エレベーターでホテルのフロントがある2階に移動する。

(1階にはエレベーターしかなかった。)

フロントでチェックインを済ませ、客室に向かう。

スーパーホテル東京・JR新小岩の客室前廊下

客室前廊下。

スーパーホテル東京・JR新小岩のシングルルーム室内

シングルルーム室内。

1人しか宿泊しないのだが、スリッパは2つあった。

ということは、この部屋は、二人で宿泊することもある、ということだろう。

スーパーホテル東京・JR新小岩のシングルルーム室内のベッド

ベッド。

楽天トラベルでこのホテルを予約した時の「部屋タイプ」は以下の内容で記載されていた。

 ■禁煙■シングル(sk010)×1部屋
 ■140cmワイドベッド ■32inch大型TV ■無線LAN完備

「140cmワイドベッド」なので、ベッドが広い!

スーパーホテル東京・JR新小岩のシングルルームのお風呂とトイレ

お風呂とトイレはユニットバスタイプで、それぞれは独立していない。

広くはないが、狭すぎることもない。

スーパーホテル東京・JR新小岩のシングルルーム室内の机、椅子、空気清浄器、冷蔵庫

室内の机、椅子。

どちらもお洒落な印象を受ける。

机の右隣には空気清浄器、机の下には冷蔵庫とゴミ箱がある。

机とベッドの間の壁には全身鏡がある。

スーパーホテル東京・JR新小岩のシングルルーム室内の机にあるLANケーブル、携帯電話・スマートフォン充電器

室内の机の上にあったLANケーブル、携帯電話・スマートフォン充電器。

iPod touch(第5世代)、iPad mini、ウィルコムのPHS(ハニービー)、ウィルコムのスマートフォン(ハニービー)の充電ができた。

iPod touch(第5世代)の充電ができたので、iPhone 5の充電もできるだろう。

これらの充電器を持ってくるのを忘れてしまった人は、ホテル室内備え付けのこの充電器が非常に役に立つだろう。

色々なホテルに宿泊しているが、部屋の1つ1つにこれらの充電器が無償で備え付けられているホテルには今回初めて出会った。

スーパーホテル東京・JR新小岩の朝食

朝食。

バイキング形式で、好きなだけ食べられる。

朝の時間帯は自動販売機(紙コップ・タイプ)が無料となるので、好きなジュースを好きなだけ飲める。

美味しかった。

スーパーホテル東京・JR新小岩の入口(朝)

スーパーホテル東京・JR新小岩の入口。

今年の4月(3か月前)にできたばかりのホテルであるため、まだまだ新しくて綺麗。

スーパーホテル東京・JR新小岩の外観(ホテル名入りの黄色い看板)

スーパーホテル東京・JR新小岩の外観。

御馴染みにの黄色い看板が屋上に設置されている。

このホテルは綺麗で居心地がよかったので、また来たいなぁ、と思った。

昨夜(8月5日の夜)は、神戸市営地下鉄三宮駅近くの「神戸サウナ&スパ」(住所:兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目2-10)に宿泊した。

「神戸サウナ&スパ」前の通り

「神戸サウナ&スパ」前の通り

三宮駅西出口を出ると、目の前がこの通りだった。

西出口から徒歩1分程度の距離に、「神戸サウナ&スパ」がある。

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)1階入り口

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)1階入り口

カプセルホテルとは思えないほどの、お洒落な雰囲気が漂っている。

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)の外観

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)の外観

表にある看板によると、「神戸サウナ&スパ」の受付フロアは、この建物の6階にあるようだった。

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)6階エレベーター前の通路

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)6階エレベーター前の通路

観葉植物などが置かれ、楽しそうな雰囲気が漂っている。

この後、受付でカプセルホテルでの宿泊手続きを行い、お風呂に入った。

お風呂は、天然温泉「神乃湯温泉(かみのゆおんせん)」で、露天風呂もあり、大変気持ち良かった。

少し残念だったのは、雨が降ってしまったこと。

雨に打たれながら露天風呂に入るのは、久しぶりのことだったように思うので、楽しいな、と思いつつも、雨が顔にあたると寒くなってくるし、気持ち良さが半減してしまうので、露天風呂には長居できなかった。

お風呂の施設内にある看板などを読んでいると、この「神戸サウナ&スパ」は、サウナ発祥の地であるフィンランドの「フィンランドサウナ協会」の日本初の正会員とのこと。そのような誇りがあるからか、施設内のサウナは、他の施設と比べると、気合が入っていたような気がする。 

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)カプセルホテル前の通路兼休憩所

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)カプセルホテル前の通路兼休憩所

通路脇の椅子に座ってボーっとするのもよい。

私は読まなかったが、新聞なども多数あるので、暇つぶしに良さそうなスペースだ。 

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)カプセルホテル

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)カプセルホテル

カプセルホテルは、良い客が多いのか、とても静かだ。

カプセルホテルは、2段式で、私は、今夜は上段に宿泊した。

上段は4700円、下段は4900円なので、上段の方が200円安い。

上段の方が安い理由はよく分からないが、上段の方が、ステップを登ってカプセル内に入るのが、ちょっとしんどい、というところだろうか。

他にも私が知らない何らかの理由があるかもしれないが、私は200円も安いのであれば、上段で良いと思った。

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)カプセルホテル・カプセルルーム上段

カプセルホテル・カプセルルーム上段

枕は、「テンピュール枕」というものらしい。

枕、掛布団、マットレス、どれをとっても寝心地がよいものだった。

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)カプセルホテル・カプセルルーム上段(内部の様子)

カプセルホテル・カプセルルーム上段の内部の様子。

テレビはあるが、見ていないので、どのような映像が映るかは不明。

部屋は、窮屈さは感じない。

臭いなどもせず、清潔感がある。

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)「朝食バイキング無料サービス」のポスター

「朝食バイキング無料サービス」のポスター

カプセルホテル利用のお客は、朝食バイキングが無料になるサービスのようだった。これは嬉しい。

《ポスターに記載されている情報》
メニューは和洋合わせて約70種
お好きなものをお好きなだけ…
午前6時から午前10時(オーダーストップ 午前9時30分)
8階 レストラン・ルオンにて
滞在中はコーヒー・紅茶が飲み放題
オーダーストップ 午前11時45分
(レストランスタッフにお申し付けください)

「神戸サウナ&スパ」(KOBE SAUNA&SPA)「朝食バイキング無料サービス」で食べた朝食

私が朝食バイキングで食べた朝食

白ご飯とカレー、味噌汁、魚、蒲鉾、玉子、ミートボール、パスタ、ブロッコリー、豆腐などを食べた。

飲み物は野菜ジュースを頂いた。

「神戸サウナ&スパ」は、カプセルホテルではあるが、天然温泉、朝食無料といったサービスがあるので、三宮駅周辺に来た時には、また利用したいなぁ、と思える宿泊施設だった。

一本松温泉あけぼの荘(住所:愛媛県南宇和郡愛南町増田5470番地)に温泉に入りに行った。

※一本松温泉あけぼの荘は、宿泊が可能な施設だが、宿泊をしなくても、日帰り温泉としての利用も可能。

「一本松温泉あけぼの荘」前を通る国道56号

国道56号(愛媛県南宇和郡愛南町増田5470番地付近)。

愛南町で国道56号を愛媛から高知に向かって進んでいくと、右手に「一本松温泉あけぼの荘」がある。

一本松温泉あけぼの荘(愛媛県南宇和郡愛南町増田5470番地)

一本松温泉あけぼの荘(愛媛県南宇和郡愛南町増田5470番地)。

一本松温泉あけぼの荘(愛媛県南宇和郡愛南町増田5470番地)の施設外観と駐車場

施設外観と駐車場。

駐車場は、ほぼ満車に近い人気ぶり。

一本松温泉あけぼの荘(愛媛県南宇和郡愛南町増田5470番地)の看板

一本松温泉あけぼの荘の看板。

《看板に書かれている情報》
宿泊 食事 休憩
営業11時から21時まで

一本松温泉あけぼの荘(愛媛県南宇和郡愛南町増田5470番地)の施設入口

施設入口。

一本松温泉あけぼの荘(愛媛県南宇和郡愛南町増田5470番地)の施設入口付近の案内板等

施設入口付近の案内板等。

案内板によると、整体のサービスがあることが分かった。

料金は、20分:1100円、40分:2200円、60分:3300円のようだった。

妻からの勧めで、お風呂上がりに、20分の整体を試したところ、整体師の人がかなりの腕前で、驚愕するほど体の調子が良くなった。

温泉施設の整体やマッサージでこれほどまでに体の調子が良くなったのは、今回が初めて。

家の近所だったら、頻繁に通いたい、と思うほど。

一本松温泉あけぼの荘(愛媛県南宇和郡愛南町増田5470番地)入口付近にある使用料金・使用時間の案内

使用料金・使用時間の案内。

《使用料金》
入浴 大人510円 中人360円 小人300円 65歳以上360円
宿泊(食事別) 大人3080円から5140円 小人2570円から4110円
客室 和室7-収容人員21名 大広間1-収容人員24名
家族風呂 2050円(基本時間1時間、大人3人または大人2人・小人2人)
テニス 2時間720円(昼) 1330円(夜)

《使用時間》
入浴11時0分から21時0分(札止め20時30分)
広間・室 9時0分から21時0分
テニスコート 9時0分から22時0分
食堂喫茶 11時0分から20時30分(オーダーストップ20時0分)

※ガムテープ(?)か何かでプールに関する記述が消されていたので、昔はプールのサービスがあったが、今はなくなっているのであろうと推測。

一本松温泉あけぼの荘(愛媛県南宇和郡愛南町増田5470番地)の大人と小学生の入浴券

自動券売機で購入した大人(一般)2名と小学生1名の入浴券。

一本松温泉あけぼの荘(愛媛県南宇和郡愛南町増田5470番地)施設内

施設内。

右手は休憩スペース。

休憩スペースの向かい側の衝立がある付近が、整体スペース。

左手奥の廊下を進んだ先に、女湯の入口(赤い暖簾)と男湯の入口(青い暖簾)がある。

施設内で確認した情報によると、源泉名は「川渡温泉(南宇和郡愛南町中川762番1先)」で、泉質は「単純硫黄冷鉱泉(低張性アルカリ性冷鉱泉)」とのことだった。

脱衣場には、鍵付のロッカーがあり、浴場内には、シャンプー、石鹸が備え付けられていた。

露天風呂はないが、屋外に出ることは可能。

お湯は、あまり熱くないので、長湯に向いている。

気持ち良かった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち温泉・銭湯・宿泊施設等カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはバスです。

次のカテゴリは生き物です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ