iPad miniの最近のブログ記事

2013年7月31日有効期限のauひかりiPad mini等販促用チラシ

自宅のインターネットが「auひかり」なので、「auひかりをご利用ならWi-Fiのご利用で、タブレット月額基本料最大2年間0円〜START!」といった宣伝が書かれているクーポン付チラシが自宅に届いた。

《チラシに記載されている主な情報》
本案内状限定のスペシャルクーポンご利用で
機器代金から最大10,800円割引
有効期限:本案内状到着後〜2013年7月31日(水)まで
対象機種:iPad mini / iPad Retinaディスプレイモデル / AQUOS PAD SHT21

期間限定 Wi-Fi+Cellularモデルの本体価格がおトク
本案内状限定! スペシャルクーポンご利用で
機器代金一括 28,800円
クーポン適用でWi-Fiモデルと同額(iPad mini 16GB Wi-Fiモデル)
■参考販売価格(一括)39,600円

家でも外でもWi-Fiご利用で
月額基本料 最大2年間0円〜

auひかりの手提げ袋

クーポンで1万8百円も安くなるのは安い、と思って少し悩みながらも、家電量販店店内のauショップで契約してしまった。

販促用チラシ、恐るべし。

届いた人の多くがゴミ箱にポイッと捨てているのだろうけれど、私はこれを有り難く使ってしまった。

auショップで購入したApple iPad mini本体を収納している箱

auショップで購入したApple iPad mini本体を収納している箱。

auショップで購入したApple iPad mini本体と箱

auショップで購入したApple iPad mini本体と箱。

auショップで購入したApple iPad mini本体と箱と充電用ケーブル

auショップで購入したApple iPad mini本体と箱と充電用ケーブル。

充電用ケーブル(USBケーブル)を接続できるアダプターが付属していたので、PCがなくてもコンセントで充電できる。

iPod touchの場合、アダプターは付いておらず、PCとケーブルを結んで充電をするという面倒な充電方法だったので、大変有り難い。

さらに、嬉しいのが、iPad miniとiPod touch(第5世代)はケーブルの差込口の規格が一緒だったということが分かり、試してみると、iPad miniのケーブルと電源アダプターでiPod touchも充電できることが分かった。

これで、今後は、iPad miniだけでなく、iPod touchもコンセントで充電できるので充電作業が楽になった。

auショップで購入したApple iPad mini本体(背面側)

auショップで購入したApple iPad mini本体(背面側)。

透明シートのラッピングはまだ付けたまま。

auショップで購入したApple iPad mini本体(液晶側)

auショップで購入したApple iPad mini本体(液晶側)。

auショップでの手続き上、必要だったのだろう。

電源は、既に入っていた。

バッテリーも半分以上残っているようだ。

13.2GB中、438MB使用しているようだった。

12GBぐらいは空いているようだった。

空き容量としては、申し分ない。

今いる場所(竹山荘/住所:愛媛県松山市川の郷)は山奥なので、au Wi-Fiスポットは当然のことだろうけれど、存在しない。

少しひっかかるのは、この今いる場所では、ウィルコム(PHS)、ウィルコム(スマートフォン=ソフトバンク)、au携帯(会社携帯)は全て通話が「圏外」になっているのだが、softbankのWi-Fiスポットは存在した、ということ。

そういえば、竹山荘の玄関の扉には、softbankのイメージキャラクターである白い犬のWi-Fi用ステッカーが貼られていた。

おかげで、ウィルコム(スマートフォン=ソフトバンク)でsoftbankのWi-Fiスポットにログインし、インターネットを利用することができた。

通話は圏外だが、インターネットには接続できる、という不思議。

しかし、au Wi-Fiは存在しないから、iPad miniでは接続できない。

このiPad miniのau Wi-Fiスポット初体験は、後日のことになるだろう。

※iPad miniの3G、4Gについては、まだ試していない。この方法で繋いだ場合、従量制で課金されるプランで契約しているからだ。3G、4Gで勝手につながることを防止するために、「モバイルデータ通信」は常にオフにしている。しかし、1600円分ぐらいまでは追加料金を取られないプランになっているので、ちょっとぐらい繋がるか試せば良かった。

iPad miniの液晶が傷だらけになるのが嫌なので、液晶保護フィルムを購入した。

購入したのは、トリニティ株式会社の「Simplism iPad mini 保護フィルム 抗菌仕様 つや消し 非光沢 TR-PFIPDM12-AG」という商品。

「Simplism iPad mini 保護フィルム 抗菌仕様 つや消し 非光沢 TR-PFIPDM12-AG」(トリニティ株式会社)

《商品パッケージに記載されている情報》
simplism
Designed in Japan
Protector Film Set Anti-glare
For iPad mini
反射を抑える
さらさらタッチ/つや消し保護フィルムセット
いつもキレイに。抗菌加工
【パッケージ内容】
・ディスプレイ保護フィルム(アンチグレア)×1
・マイクロファイバークリーニングクロス×1
・フィルム添付補助カード×1
・埃取りテープ×1

ディスプレイを傷や汚れからしっかりと守る反射防止タイプの保護フィルムです。フィルムは貼り直しが可能な自己吸着タイプで、剥がした後に接着剤が残らず美しさを保ちます。さらに、雑菌の繁殖を抑える抗菌加工が施されているため、頻繁に触れるディスプレイをいつまでも清潔にお使いいただけます。

抗菌の効果 - 24時間後の大腸菌生存率
 通常加工
  テスト開始時:30万個
  24時間後:130万個

 抗菌加工
  テスト開始時:30万個
  24時間後:10個以下

特徴
・つや消し保護フィルム(アンチグレア)
・反射を抑えて滑らかなタッチで指紋も目立たないアンチグレア仕様
・雑菌の繁殖を抑え、いつまでも清潔に保つ抗菌仕様
・大切な液晶ディスプレイをしっかりとカバー
・ハイレベルアンチスクラッチ
・接着剤を使わず、何度でも貼り直し可能
・指紋や汚れを拭き取る、マイクロファイバークロス付属
・気泡を押し出す、フィルム添付補助カード付属
・フィルム添付時に気泡の原因となる埃を吸着し取り除く、埃取りテープ付属

「Simplism iPad mini 保護フィルム 抗菌仕様 つや消し 非光沢 TR-PFIPDM12-AG」(トリニティ株式会社)-保護シール本体

保護シール本体。

この写真では分かり難いが、液晶面(黒い部分)だけでなく、液晶面の周辺(白い部分)……カメラやボタンがある部分もフィルムが保護してくれるタイプだ。(カメラとボタンがある位置では、フィルムがカメラやボタンのサイズに合わせてくり抜かれている。)

「Simplism iPad mini 保護フィルム 抗菌仕様 つや消し 非光沢 TR-PFIPDM12-AG」(トリニティ株式会社)の保護シールを装着したiPad mini

保護シールをiPad miniの液晶面に装着した後。

写真では装着したかどうかが分かり難い。

実は、肉眼で見ても、装着しているかどうかは分かり難い。

それほど、この保護フィルムはiPad miniに違和感なく貼りついた。

この後、iPad miniを操作してみたが、タッチ感、液晶の見え方などは全く問題なかった。

良い買い物だったと思う。


仕事で忙しい私の代わりに、妻がiPad mini用の保護ケースを100円ショップで購入してきてくれた。

100円ショップ・シルクでiPad miniの保護ケースとして購入した「アクティブクッションケース(ミニノートPC)」

100円ショップ・シルクで購入できる「アクティブクッションケース(ミニノートPC)」という保護ケース。

色は黒色で模様などは特にないので、仕事、プライベートどちらでも使える。

《商品タグに記載されていた情報》
CUSHION CASE
クッションケース
ACTIVE SERIES
ミニノートPC
ミニノートパソコンや、その他周辺機器の持ち運び収納ケースに!

SJI-11618-650
アクティブクッションケース(ミニノートPC)

サイズ:約195×260mm
材質:ポリエステル、ポリウレタン樹脂
SYNAPSE JAPAN
high sense creation

100円ショップ・シルクでiPad miniの保護ケースとして購入した「アクティブクッションケース(ミニノートPC)」とiPad mini

保護ケースの上にiPad miniを重ねると、ケースの方がかなりサイズが大きいことが分かる。

ミニノートPC用を想定した保護ケースのようなので、仕方がない、かな。

妻が訪れた100円ショップ・シルクでは、販売されていた保護ケースの中では一番小さなサイズだった、とのこと。

100円ショップ・シルクでiPad miniの保護ケースとして購入した「アクティブクッションケース(ミニノートPC)」の中の構造

保護ケースの中。

特に仕切りなどはない。

100円ショップ・シルクでiPad miniの保護ケースとして購入した「アクティブクッションケース(ミニノートPC)」の中に収納したiPad mini

保護ケースの中にiPad miniを収納してみる。

これほどの余裕があれば、LogicoolのiPad mini用ミニキーボードを一緒に入れてもゆったりと入るので、キーボードを携帯する私にとっては嬉しい。

保護ケースの口はファスナーで閉じる方式で、使いこなしてみないと確かなことは言えないが、ファスナーは丈夫そうに見える。

今後は、この保護ケースにiPad miniを収納して持ち運ぶことになりそうだ。

チャレンジタッチ(進研ゼミ/ベネッセ)の箱

進研ゼミ(ベネッセ)のタブレット教材「チャレンジタッチ」が自宅に届いた。

箱が大きくてびっくり。

箱は、タブレットのサイズよりも何回りも大きい。

箱には「おうちのひととあけよう!」と書いてあるので、娘と私で箱を一緒に開ける。

チャレンジタッチの箱に入っていた教材、チラシ等

チャレンジタッチの箱が大きい理由が分かった。

春休み2年生おさらいドリル、100点ばっちり!1学期まとめテストなど教材やチラシがいっぱい入っていた。

申し込み手続きをした妻によると、チャレンジタッチは基本的にタブレットのみで学習し、紙の教材は使わないということだった。

紙の教材もたまには届くかも、みたいなことだったが、どの程度の頻度で届くのかは、今後の楽しみとしておこう。

チャレンジタッチとiPad miniの大きさ比較

チャレンジタッチとiPad miniの大きさを比較してみる。

写真左側がチャレンジタッチ、右側がiPad miniとなる。

チャレンジタッチの方がかなり大きい。

チャレンジタッチとiPad miniの薄さ比較

チャレンジタッチとiPad miniの薄さを比較してみる。

写真左側がチャレンジタッチ、右側がiPad miniとなる。

チャレンジタッチの方がかなり分厚い。

iPad miniの2倍以上の厚みがありそうだ。

大きさも厚みもiPad miniを上回るチャレンジタッチは、それに応じて重量もなかなかのもの。

iPad miniのように片手で楽々と持つことはできない。

保護ケースを装着したチャレンジタッチ

付属の保護ケースを装着したチャレンジタッチ。

(注文時に、保護ケースの色は、赤色と青色から選べる。)

保護ケースを装着していれば、落下による衝撃を多少は吸収できるだろうが、チャレンジタッチが重いので、たぶん、床に落としたら壊れるだろう。

娘には、持ち運び時には落とさないようにと注意しなくては。

チャレンジタッチで学習するもうすぐ小学三年生の娘

チャレンジタッチで学習する娘。

チャレンジタッチは、タブレット端末だが、文字の入力は指ではなく、ペンで行う。

ペンを使うことが前提である仕様は、子供が鉛筆で学習する時と大きな差が出ないのではないかと感じさせてくれるので、良いと思う。

ペンは、鉛筆やボールペンで代用できるものではなく、タブレット用のペンだ。

娘がペンをなくさないことを祈る。

 

もうすぐ小学三年生になる娘にとって、チャレンジタッチの操作が難しくて使いこなせるかどうか、という心配は全く抱いていなかった。

普段から、iPod touchやiPad miniのフリーの学習アプリやゲームアプリで、娘はこの手の機器の操作には慣れていると思っていたからだ。

ベネッセの商品だから、子供向けの配慮もできているであろうという安心感もあった。

予想通り、娘は全く説明書を読むことなく、私に何も質問することなく、チャレンジタッチをスイスイと操作して、楽しそうに学習を始めた。

 

《2014年5月14日》
チャレンジタッチで学習を始めてから2か月ほど経過した。

娘は、今でも毎日ほぼ欠かさずチャレンジタッチで勉強をしている。

新しい問題がアップデートで追加されたり、お楽しみイベント的なものが色々あるのが楽しいようだ。

親にとってもメリットがあり、娘がチャレンジタッチで勉強をすると、その取り組みの様子が登録メールアドレス宛てに配信される仕組みになっており、私が毎日出張先でもスマートフォンでメールを確認できるのは有り難い。また、そのメール本文に記載されているリンクから、娘を「ほめる」ためのコメントを登録でき、娘がチャレンジタッチで私のコメントを読むことができる機能は、大変嬉しい。

ある日、そのことを娘に話すと、娘からは、「でも、私からは返信できないんよ」と言われたので、私からのコメントに対して、娘としては、返事を書きたい気持であることも分かった。

親がほめたコメントに対して、子供が返事をできる機能、さらに親がコメントを返す機能……(ここ数年流行っている)LINEのようなメッセージ交換機能まであったら、楽しいだろうなぁ、と思った。

肝心の学習効果については、まだ3年生の1学期が終わっていないのでよく分からないが、学校の授業を先取りした学習方式のようなので、学校の授業で手を挙げやすくなったらしい。

良い効果が出ている。

今後が楽しみ。

SONYの液晶テレビ(BRAVIA)の画面にiPod touch 5やiPad miniの画面を表示したかったので、Apple TVを購入した。

2014年7月12日に松山市内の某お店で購入したのだが、価格は、10,584円だった。

Apple TV MD199J/Aの箱

Apple TV MD199J/Aの箱。

Apple TV MD199J/Aの箱とその中身

箱とその中身。

黒地にリンゴマークとtvとという文字があるのが、Apple TV本体。

本体の電源ケーブルは、黒くて太い。

リモコンは、銀色のスティック型で、かなり薄い。

紙の設定ガイドがあるのは、嬉しい。

Apple TV MD199J/Aの本体

Apple TV MD199J/Aの本体。

本体は据え置き型の機械なのに、手に取って使うことが前提のiPod touch 5やiPad miniのように本体の角をかなり丸くしているのに、デザイン上のこだわりを感じる。

Apple TV MD199J/Aの背面

Apple TV MD199J/Aの背面。

電源ケーブルの差込口、HDMIケーブル差込口、Optical Audioと書かれている差込口(?)、LANケーブルの差込口がある。

Apple TV MD199J/Aのリモコン、本体、iPad mini

Apple TV MD199J/Aのリモコン、本体、iPad miniの本体。

なんと、Apple TV本体は、リモコンよりも縦サイズが小さい。

iPad miniと比べると、縦横サイズ共に、Apple TVの方が小さい。

このサイズなら、テレビ台の片隅にでも置いておいても邪魔にならない。

 

さて、設定関連はちょっと苦労した。

Apple TVとSONYのテレビとはHDMIケーブルで接続し、液晶テレビ画面にApple TVの設定画面を表示することまでは簡単。

設定は、やや面倒。

特に、Apple TVのリモコンで画面上に表示されているボタンを押す方法が分からず、1時間ほど悩んだ(適当にボタンを押していて自己解決した)。

iPod touch 5などが直観的な操作だけでストレスなく色々なことができるのとは対照的だ。

何とかインターネット接続までができるようになり、いよいよ、iPod touchとiPad miniをApple TVに接続しようと思って、App Storeで「Remote」というアプリをiPod touch 5とiPad miniにインストールしようとする。

このアプリケーションにはiOS 7.0が必要です。
このアプリケーションをダウンロードして使用するにはiOS 7.0にアップデートする必要があります。

といったメッセージが画面に表示されて、愕然。

iOS 6のデザインが好きだったので、iOS 6のままで使いたかったのに、iOS 7にアップデートしないといけないなんて……。

10,584円もお金を出してApple TVを買っておいて、iOS 7にアップデートしたくないという理由で、iPod touchやiPad miniの画面を液晶テレビ画面に表示したい、というApple TVを買った目的を諦めるのは、アホらしい。

迷ったのは束の間。

iPod touch 5とiPad miniをどちらともiOS 7にアップデート。

アップデート後、iPod touch 5とiPad miniにRemoteアプリをインストールすると、液晶テレビ画面にiPod touch 5やiPad miniの画面を表示することができて、感動。

設定はやや面倒だったが、使えるようになってからの満足感は大きい。

iPod touchで撮影した画像や動画を見ていると、家族も寄ってきて楽しんでもらえる。

iPad miniでGoogle Earthを操作すると、液晶テレビ画面いっぱいに地球が映り、楽しい。子供に世界や日本の地名を教えるといった教育目的としても活用を始める。

買って良かったと思える商品だ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちiPad miniカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはAmazon Kindleです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ