カメラ・ビデオカメラの最近のブログ記事

妻に「EOS KissデジタルN ダブルズームキット」(CANON)を買ってもらった(ちょっと遅くなったけれど、結納返しということ)。当初は望遠レンズは予算の都合上省く予定だったが、私がどうしても欲しかったので、望遠レンズに相当する費用は私が出す、ということにしてこのダブルズームキットを買ってもらった。また、電気屋さんの5年間保証の費用も私が出した。とはいえ、かなりの費用を妻に出してもらったことになる。感謝。
写真上の箱は、「EOS KissデジタルN・ダブルズームキット 撮影サポートグッズ」で、EOS KissデジタルN ダブルズームキットを購入した人への無料プレゼント(ただし、先着順のため、全員がもらえるわけではない。購入した家電量販店に運良く在庫が残っていたのでもらえた)。写真の下の箱が、EOS KissデジタルN ダブルズームキットの箱。右が、1GBのコンパクトフラッシュの箱。コンパクトフラッシュは、カメラ購入時についたポイント分だけで購入できた(これも妻が家電量販店の人と交渉してくれたおかげ)。

《参照》
、「EOS KissデジタルN・ダブルズームキット 撮影サポートグッズ(2006年06月18日)
(撮影:23時9分)
一眼レフデジタルカメラは何年も前から欲しがっていたので、一眼レフカメラを持っている自分の姿を撮ってもらったら大変にやけていて気持ち悪かった(この写真は、2002年8月に購入して以来愛用している「PowerShot S40(CANON)」のカメラで妻に撮影してもらった)。

最初、妻はもっと安く買えるamazonで購入しようとしていたのだが、運悪く在庫切れになってしまい、6月末までのCANONの1万円キャッシュバックキャンペーンに間に合わなくなるため、松山市の家電量販店で購入することになった。(後日確認すると)しかし、すぐにamazonの在庫切れも解消されたようだ。人気商品だから、在庫切れになってもすぐに商品が補充されるのだろう。
(撮影:23時57分)



無料でもらったプレゼント(撮影サポートグッズ)の中には、以下のグッズが入っていた。
 ・キヤノンアクションバッグII
 ・ベルボンCX-200
 ・Enjoy!デジタル一眼レフカメラ(入門書)
 ・親子パーカー(サイズ;大人用 フリーサイズ・子供用 140cm)
カメラを入れるバッグを買わなくて済んだので、キヤノンアクションバッグIIがもらえたのが一番嬉しかった。

《参照》
EOS KissデジタルN ダブルズームキットを買ってもらった(2006年06月17日)
(撮影:0時16分)
W-ZERO3 [es]に液晶保護シートを貼るため、まず事前準備としてW-ZERO3 [es]の液晶面を眼鏡拭きで拭いたのだが、微細な埃を取ることは難しかった。さて、どうしようと思った時、ふと、Eos Kiss Digital Nのクリーニングをするために以前King CAMERA CLEANING SET ECONOMY(キングのカメラクリーニングセット「徳用」)というのを買っていてまだ使用していなかったことを思い出した。
(撮影:14時15分)
このブロアーの先端は・・・
(撮影:14時16分)
・・・このように外れる。これで、丸い部分を押してやれば空気が吐き出されてくる。このブロアーでW-ZERO3 [es]に付いた埃を吹き飛ばしてやることにする。

・・・さて、ブロアーの使用結果だが、埃は簡単に飛ばせた!今後も液晶に液晶保護シートを貼る時にはブロアーで埃を飛ばすことにしよう、と思った。
(撮影:14時16分)
妻が娘を撮影していると、突然、その時はやってきたらしい。私が5年前(2002年)の8月に6万6千円ぐらいの価格で松山市の家電量販店で購入したCANON PowerShot S40(キヤノン パワーショットS40)が壊れてしまったのだ。まだ完全に壊れたわけではなく、レンズを覆うカバー部分がうまく開かないために正常に起動できない(撮影した画像を閲覧することはできるが、撮影はできない。)この写真は、無理やりレンズカバーを開けて妻に撮影してもらったもの。購入後5年間を経過しているため、家電量販店の5年間保証の対象外となるし、有償修理したら何万円も請求されそうなので、修理は諦めることにした。5年間、ほとんどいつでもどこにでも持ち歩いて思い出の写真・動画を撮影し続けてきた愛用のカメラなだけに、壊れた・・・もう使えない、ということを考えると大変つらかった。たまに思い出したように無理やり使うこともあるかもしれないが、もしかしたら今日の撮影が最後となるかもしれない。悲しい・・・。
(撮影:00時14分)


今なら送料10円!+もれなくスクラッチカード付き《中古》Canon PowerShot S40
2ヶ月ほど前に私が5年間愛用していたデジタルカメラ「CANON PowerShot S40」が壊れた(参照「さようならCANON PowerShot S40」)。その時から代わりのカメラをどうしようかと悩んでいたのだが、今日やっと「CANON PowerShot A720IS」を購入した。
(撮影:23時17分)
PowerShot A720ISの表側(レンズ側)。
(撮影:23時24分)
PowerShot A720ISの裏側(液晶側)。
(撮影:23時25分)
PowerShot A720ISを斜め上から。
(撮影:23時26分)
カメラ付属のメモリはCANONの16MBのSDカードだった。16MBって少なすぎ・・・。
(撮影:23時35分)
カメラ付属のストラップ。腕を通す輪を小さくすることができず、手首にピッタリと止めることができないのが非常に残念。
(撮影:23時37分)
電池は単三電池2本でよい。SDカードの交換時には電池を落とさないように注意しなくては。
(撮影:23時43分)
レンズを出すとこのようになる。光学6倍ズームがどれぐらいのものまで見えるかが楽しみだ。
(撮影:23時45分)


【5年保証付】キヤノン PowerShot A720IS
CANON PowerShot A720ISを収納するケースも購入した。
(撮影:23時48分)
ケースの中身はこのようになっており、左右のクッション部分がいかにもカメラを衝撃から守ってくれそうな構造をしているので安心する。
(撮影:23時50分)
カメラを収納した状態。肩掛けバンドが付いているので、ショルダーバッグとして使用できて便利。これから、どこに出かけるにしてもこのバッグを肩にかけることになるだろう。
(撮影:23時53分)




キヤノン ソフトケース PSC-1900『1~2営業日後の発送』
CANON PowerShot A720ISの付属メモリは16MBなので、写真1枚につき3〜4MB消費するCANON PowerShot A720ISでは4、5枚しか撮影できないことになってしまう。これでは実用上全く物足りない。というわけで、ハギワラシスコムの1GBのSDメモリカードを購入した。
(撮影:23時54分)




HAGIWARA SYS-COM(ハギワラシスコム) SDメモリーカード「CLASS4」HPC-SD1GT4C[HPCSD1GT4C]
2ヶ月前に壊れるまで5年間ほぼ毎日のように使用していた愛機CANON PowerShot S40(写真左)と今日購入したCANON PowerShot A720IS(写真右)を並べてみた。
(撮影:23時56分)
高さについてはCANON PowerShot S40の方が小さい。
(撮影:23時57分)
厚みについてはPowerShot A720ISの方が薄い。
(撮影:23時58分)
PowerShot A720ISは高さがある分、液晶画面のサイズが大変大きくなっている。
(撮影:23時59分)
シャッターボタンPowerShot A720ISの方が押しやすい位置にある。
(撮影:23時59分)

やはり5年以上も後の機種であるから当たり前のことだが、PowerShot A720ISの方が色々な面で勝っている。形状的な面については、元々PowerShot A720ISとPowerShot S40では系統が異なるため、単純には比較できない。S〜は他のPowerShotシリーズの中でも高級品の部類に入っており、PowerShot S40だと元値がたしか10万円近くするもので、買った時も6万6千円ぐらいしたと思う(新品で購入)。PowerShot A720ISと似たような形状のものは既に5年前からSシリーズよりも低価格のシリーズ(3〜4万円の機種だったかな)で存在していたが、液晶面については当時はS40のように小さかった。だから、このように大きくなってくれて大変嬉しい。画素数については、S40が400万画素だったのに対し、A720ISは800万画素。なんと、私が持っているデジタル一眼レフカメラ「Eos Kiss Digital N」と同じ画素数ではないか!A720ISの前身となる5年前の機種では200万画素だったので、たいした進歩だ。さらに5年後だとどのように進歩しているのだろうか。その時がくるのが楽しみだ。

壊れてしまったCANON PowerShot S40。壊れる前は、娘の写真もこのデジタルカメラでたくさん撮影した。娘はその私の様子を見ていたのでこのカメラをすごく気にしていて、いつもカメラに触ろうとしていた。壊れてしまった今となっては、もうカメラを娘に壊される心配などしなくてよいので、娘に自由に触らせることにした。1歳9ヶ月の娘は嬉しそうにカメラで撮影するポーズをとっていた。
(撮影:12時27分)
CANON PowerShot S40の付属ケーブル「AVケーブル AVC-DC100」でデジタルカメラとテレビを接続する娘。1歳9ヶ月ともなるとこんなこともできるんだなあ。教えてもいないのにびっくり!
※デジカメ側は私が事前に接続しておいた。娘の担当はテレビ側の接続。
(撮影:12時28分)
単3電池を入れるための電池ケースを購入した。
このケースには、主にデジカメで使用する単3電池(充電式)を入れることになると思う。
これでデジカメで写真を撮りまくっても電池切れの心配が少し減る。
(撮影:22時14分)



電池ケース(単三型用・クリア) 単三電池を4本収納できる電池ケース。クリア。

明日は、娘の小学校の入学式だ。

ビデオカメラ用のビデオテープを買っていなかったので、今日、ジャスコ松山店で「Victor ミニDVカセット 60分 3巻 日本製 M-DV60D3」を購入した。

60分テープが3本もあれば、時間的には十分だろう。 たぶん、1本ぐらいしか撮りきれないだろうけれど、予備があると安心だ。

《パッケージに記載されている情報》

商品名 ミニDVカセット
適応システム ミニDV/DV
録画時間 標準60分/LP90分
原産国 日本
事業者名 ビクターアドバンストメディア

家電量販店のポイントを使いたかったので、松山市内の家電量販店にわざわざ出向いて、10月発売予定のiPod Touchの新型を予約しようかと思ったが、主に値段的な問題で家電量販店でiPod Touchを買うことはやめ、何故か代わりに全く買う予定を考えていなかったビデオカメラを買ってしまった。

iPod Touchを家電量販店で買わないとなると、ポイントの使い道に困る。

妻に何か欲しいものがないか、と尋ねると、ビデオカメラ、という回答がきた。

そういえば、来週は、小学校1年生の娘の運動会。

ビデオカメラは既に持っているが、フルハイビジョンではない6年ほど前の古い、ビデオテープタイプのもの。

妻にとっては、このビデオカメラは重いらしく、このタイプの古いものを持っている人は少数派に思える、という意見だった。

私は、ビデオカメラではなく、デジタルカメラでフルハイビジョンを撮影することに興味を抱いていたが、運動会の撮影ということを考えると、デジタルカメラのビデオ撮影機能ではきっと満足できないだろう。

特に、ズームが。

家電量販店のビデオカメラコーナーでCANONのビデオカメラ、SONYのビデオカメラという順でビデオカメラの実機を手に取って品定めをしていると、販売員さんが現れて色々と説明を受けた。

「この店で一番のお勧めは、どのビデオカメラ?」と聞くと、ビクターのビデオカメラということだった。

ズームが光学40倍もあり、その店ではダントツの性能だった。

個人的には、これまでずっとCANONを使ってきたため愛着という意味でCANONに惹かれること、CANONだと現在愛用している一眼レフ、ビデオカメラ、かつて使用していたコンパクトデジカメ(これは壊れてしまった)のバッテリーの型が同じであり、バッテリーの替えがたくさんあったから、CANONを使った方が良いのではないか、と販売員さんに相談をすると、驚くべき事実を伝えられた。

なんと最近、バッテリーの型が変わってしまった、ということだった。

販売員さんが親切にもバッテリーの端子部分を見せてくれたので見てみると、愕然とした。

全然違う!

何故、乾電池のように、何十年も同じ規格にしてくれないのだろうか。

バッテリーの規格が変わったのであれば、CANONにするこだわりは、「愛着」以外にはもうなかった。

しかし、以前のバッテリーが使えない、ということが分かってから、がっかり感と「何で規格を変えるんだよ!」というちょっとした怒りにより、CANONへの愛着は消えてしまった。

CANONの他に気になっていたSONYのビデオカメラには、撮影したビデオを家の壁などに投影して大画面で見ることができる、という面白そうなプロジェクター機能があった。

しかし、光学ズームの最大倍率が低くて買う気になれなかった。

運動会の撮影には、「撮る」という行為とは直接は関係がないオマケ的なプロジェクターみたいな面白機能よりもズームの倍率が大きいという実用的な機能の方が大切だろう、と思った。

ズームが店内で最大だったら、SONYを買ったと思うが、最終的に、ズームが光学40倍というほぼそれだけの理由で、ビクターのビデオカメラ「Everio GZ-E265-N(ピンクゴールド)」を買うことに決めた。

買うことを決めた後で気づいたことだが、販売員さんの首からぶら下がっている名札を見ると、家電量販店の社員さんではなく、家電量販店に出向しているビクターの販売員さんであることが分かった。

結果的には、ビクターの販売員さんの説明により、私が買うことになったビデオカメラが、販売員さんの自社製品「ビクター」(正式には株式会社JVCケンウッドみたい)になっているが、特に、そこでイヤラシサや不快感などは感じず、敬意を抱いてしまった。

この販売員さんは、他社製品を特に批判したりする姿勢などなく、かなり熱心に丁寧に他社製品の良い機能を説明してくれた。

私が「この店で一番のお勧めは、どのビデオカメラ?」と聞いた時に、さりげなくビクター製品の素晴らしさをアピールしていたことが私の心に残ったのだろう。

だから、ビクター製品をこの販売員さんに勧められていなければ、ビクター製品を買ったことがない私にとっては、光学ズームの倍率が劣っていても、CANONかSONYを選んでいたかもしれない。

ちょっと感動したので、「説明分かりやすかったです」とお礼を言っておいた。

販売員さんの営業力……努力、他社製品の知識、自社製品の(さりげない)アピールの仕方……これらは、私も見習うべきところがいっぱいあるなぁ、と感じた。

ビデオカメラ「Everio GZ-E265-N(ピンクゴールド)」(株式会社JVCケンウッド)およびそのおまけ(ビデオカメラケース、三脚、8GBのSDカード)

家電量販店でビデオカメラ「Everio GZ-E265-N(ピンクゴールド)」(株式会社JVCケンウッド)を購入した時には、ビデオカメラ専用の収納ケース、三脚、販促用の8GBのSDメモリカードをおまけで付けてくれた。

価格は、家電量販店の5年保証の料金も含めて3万円だった。

これでポイントは全て使えた。この商品は、ポイント対象外・現金特価というものだったので、ポイントを使い切る、という目的ではお得な買い方だったと思う。

昔、CANONのビデオカメラを7万円近く出して買ったことを思えば、かなり安い、と思った。

……と価格面で満足していたのだが、帰宅して各社のオンラインショッピングを見てびっくり。

2万2千円前後で販売されていた(苦笑)。

5年保証やおまけを省いたとしても、オンラインショッピングの方が圧倒的な安さ。

まあ、これは、今の世の流れとしては、仕方がないか……。

今回は、ビクターの販売員さんの営業っぷりが良かったので、この買い物はアリだと思う。 


富士フィルムのデジタルカメラ「ファインピックス XP70」(FUJIFILM FinePix XP70)を購入した。

色は、ブルー、イエローなどがあったが、オレンジにした。

このカメラを買った主な目的は、水中でも撮影ができるという防水仕様があることだ。

富士フィルムのデジタルカメラ「ファインピックス XP70(オレンジ)」のパッケージ

富士フィルムのデジタルカメラ「ファインピックス XP70(オレンジ)」のパッケージ。

パッケージ(箱)の色は、黒い。

富士フィルムのデジタルカメラ「ファインピックス XP70(オレンジ)」のパッケージ開封後

パッケージ開封後。

カメラに取り付けるストラップも付属している。

富士フィルムのデジタルカメラ「ファインピックス XP70(オレンジ)」本体(電池・SDカードメモリ収納部)

本体(電池・SDカードメモリ収納部)。

本体(カメラ)

本体のカメラ

光学5倍ズームレンズ機能があり、有効画素数は1,640万画素ある。

富士フィルムのデジタルカメラ「ファインピックス XP70(オレンジ)」本体(上部・シャッターボタン、動画撮影ボタン、電源ボタン)

本体(上部・シャッターボタン、動画撮影ボタン、電源ボタン)

富士フィルムのデジタルカメラ「ファインピックス XP70(オレンジ)」本体(底部)

本体(底部)

富士フィルムのデジタルカメラ「ファインピックス XP70(オレンジ)」本体(背面・液晶画面、ズームボタン等)

本体(背面・液晶画面、ズームボタン等)

富士フィルムのデジタルカメラ「ファインピックス XP70(オレンジ)」本体(側面・バッテリー、SDメモリカード収納部)

本体(側面・バッテリー、SDメモリカード収納部)

本体側面の円形のツマミの内側にある円形のボタンを押しながら、外側のツマミを回すと、バッテリーとSDメモリカードを装着できる収納部を開くことができる。

富士フィルムのデジタルカメラ「ファインピックス XP70(オレンジ)」本体、充電器、バッテリー

本体、充電器、バッテリー

充電をする場合は、カメラにバッテリーを装着し、カメラに充電器(電源アダプタ+USBケーブル)を付ける。

よく考えると、「電源アダプタ+USBケーブル」の組み合わせには充電機能はないので、これらは充電器ではない。

充電器は、カメラ本体だ。

富士フィルムのデジタルカメラ「ファインピックス XP70(オレンジ)」のバッテリー

カメラのバッテリー

カメラ本体は、MADE IN CHINA(中国製)だったが、バッテリーは、MADE IN JAPAN(日本製)だった。

《バッテリーに記載されている情報》
RECHARGEABLE LI-LION BATTERY
リチウムイオン充電式バッテリー
NP-45S
DC3.7V
typ.740mAh
min.700mAh 

 

今後、このカメラで面白い写真・動画をいっぱい撮ることができるといいなぁ。



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカメラ・ビデオカメラカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはPHS・携帯電話です。

次のカテゴリはコンピュータです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ