ユニクロ エキュート上野店で感謝価格のブロックテック フリースパーカを購入した

寒風で体が冷えると冬の季節到来を実感せざるをえず、暖かい衣服が欲しくなる。

特に、先週の土曜日は寒かった。
私はその日、東京都台東区上野にある銭湯・寿湯で体を温めた後、カフェ・ベローチェでブログを書き、夜になって帰宅するためにJR上野駅の常磐線快速電車のホームに向かっていた。

ホームに向かう駅構内には様々なお店が並んでおり、その中にユニクロ エキュート上野店がある。

ユニクロ エキュート上野店の住所:東京都台東区上野 7−1−1 JR上野駅構内 3階 ecute上野内 [Googleマップで場所を確認]

ユニクロ エキュート上野店の店舗外観
ユニクロ エキュート上野店の店舗外観。

ユニクロの店舗を左手にして通り過ぎようとすると、感謝祭2990円というキーワードが目に飛び込んでくる。
気になってしまう。

ユニクロ エキュート上野店前の通路(JR上野駅構内 3階 ecute上野内)
ユニクロ エキュート上野店前の通路(JR上野駅構内 3階 ecute上野内)。

ちなみに、常磐線のホームから上がってきた場合、この写真のように右手にユニクロ、左手に書店がある。
私はこの書店にはよく訪れていて、この書店で本を買うことが多い。

さて、ユニクロ。
寒いから、暖かい衣服で体を温めたい。
ユニクロのあったかそうな服を買った方がいいかも。

ユニクロの店舗に近づく。

「33周年誕生感謝祭 感謝価格 ブロックテック フリースパーカ 2990円+消費税」に並ぶ商品(ユニクロ エキュート上野店店舗入口)
「33周年誕生感謝祭 感謝価格 ブロックテック フリースパーカ 2990円+消費税」に並ぶ商品(ユニクロ エキュート上野店店舗入口)。

これ、暖かそう。
何かと妻に相談をする私としては、妻に念のため電話をする。

「緊急事態」
「いかんよ」

私の語尾に重なるように、妻からは即答。
妻の声音には面白半分な雰囲気が混じっていたので、きちんと説明すればイケルと確信し、落ち着いて会話を続ける。

「まだ何も言っていないよ」
「どうせろくなことじゃないやろー」

最近私が妻に目をつけられているろくでもないものの代名詞仮想通貨
仮想通貨でささやかなマネーゲームをして楽しんでブログを書いている私が、全財産を投入したりしないかを心配しているということは知っている。

「ユニクロに暖かそうな服があるんだけど、買っていいよね?もちろん、自分のお金で買うけど」
「安い?いつもこれ買わない?と言って安い時に買おうとしているのに、その時は買わなくて、後から値段が高い時に同じ物を買おうとすることが多いけど、どうなん?」

妻とたまにユニクロなどの衣服を販売しているお店に行っても、私は衣服にほとんど興味がないので「これ買わない?」と提案されても「別にいいよ。今持っているので十分」と言って買わないことが多い。
妻から提案される時は、何かのキャンペーンやセールなどで通常時よりも価格が安くなっていることが多い。
私は、その時々の気分によって買う・買わないの気持ちが変わってくるので、滅多に買わない衣服を買う気になった時は、通常時よりも価格が安いかどうかは全く考えずに衣服を買ってしまいがちである。
大金持ちでもない私が、少し気を付けていれば数千円も安く買えるのに、それをしないのはどういうことだ、という考えが妻にはあるようで...もっともな意見かな。
仮想通貨で1000円儲かったとか言っているような私は、そんなことで喜ぶ前に、生活必需品を通常価格よりも安く買う賢い買い方をした方がよいのだろうなぁ。

「33周年誕生感謝祭 感謝価格ってなってるよ。ブロックテック フリースパーカというのが暖かそうだし、格好いいから買おうと思ってる。値段は2990円+消費税」
「ふーん、どれどれ。調べてみる」

妻はそう言ってPCでユニクロのサイトを調べたらしい。

「たしかに、安いね。お父ちゃんが自分から買いたいって言っているのは珍しいから、気に入っているんなら買っていいんじゃない?色はダークグレーが良さそうよ」
「分かった。ありがとう。じゃあ、ダークグレーを買うね」

妻からもお許しが出たことで、堂々と欲しかったブロックテック フリースパーカを買うことができた。

ユニクロで購入したブロックテック フリースパーカ(色:ダークグレー)
ユニクロで購入したブロックテック フリースパーカ(色:ダークグレー)。

買った当日の夜、早速、アパートの部屋の中でブロックテック フリースパーカを着る。
暖かいし、格好いい!
部屋の中でも外でも着る私のお気に入りの一着となった。
買って良かった。

  

前へ

どうよ、とモフモフな白い胸毛と腕毛を自慢げに見せつける猫-ゆきお

次へ

紐を追いかけてソファーの下に突っ込んで停止する猫-ゆきお