Windows 10にPHP 7をインストールする手順のメモ

4月2日より、私が利用しているレンタルサーバXREAのPHPのバージョンが7になった。
PHP 7は使用したことがなかったけれど、この機会にちょっとPHP 7で遊んでみようと思って、NECタブレットPCのWindows 10にPHP 7をインストールしてみた。

以下にWindows 10でのPHP 7のインストール手順をメモとして記載する。

1.PHP 7をダウンロードする。
PHP本家サイト(php.net)の「PHP For Windows: Binaries and sources Releases」というページからPHP 7のインストールファイルをダウンロードする。

《参考》2017年4月6日現在のダウンロード用サイト
http://windows.php.net/download#php-7.1

Windows用のPHP 7のインストールファイルは複数の種類があるけれど、私が今使っているNECタブレットPCのCPUが64ビットなので、64ビット版をダウンロードすることにした。
Non Thread SafeとThread Safeのどちらを選ぶべきかであるが、ダウンロードページ内に書かれていた

If you are using PHP as FastCGI with IIS you should use the Non-Thread Safe (NTS) versions of PHP.

という記述を読んで、将来的に私がIISを使うことはきっとないであろうけれど、ひとまず色々なWindows環境で使えそうなNon Thread Safeを選んだ。

ダウンロードしたファイルの情報は以下の通り。(php.netに記載されている情報より抜粋)
VC14 x64 Non Thread Safe (2017-Mar-16 00:40:12)
・Zip [23.22MB]
sha256: 45c75ab77d8fe33fdf2f30b8fbcb4696645c2547a577730c0cab3718fd3ac8e3
・Debug Pack [20.76MB]
sha256: 20313786763e2db7cd54c0f5c5657e7e3554f8aeaf0cd87c6d1a4c23e5b508a5

Zip版とDebug Packの2種類があったので、Zip版をダウンロードすることにした。

Zip版のダウンロード用のURL
http://windows.php.net/downloads/releases/php-7.1.3-nts-Win32-VC14-x64.zip

ダウンロードしたZipファイル(圧縮ファイル)は解凍する。
Windows 10であればファイルを右クリックし、「すべて展開」のメニューをクリックすることで解凍できる。

2.PHP 7のインストール先を決定する。
まず、PHPのフォルダ名が「php-7.1.3-nts-Win32-VC14-x64」では長くて利用し難いので、「php7.1.3」に変更した。

インストール先は任意の場所となるけれど、Cドライブ直下としてみた。
つまり、インストール先は、C:\php7.1.3にした。

インストールと言っても、Windowsのレジストリへの登録は不要で、コントロールパネルでPHPプログラムを管理することもない。
PHPプログラム実行ファイルが入ったフォルダを任意のフォルダに設置するだけで、初期インストールは完了となる。

3.コマンドプロンプトでPHPを実行してみる。
[Windows]キー+Rキーで「cmd」と入力するなどしてコマンドプロンプトを起動。

PHPのインストールフォルダに移動。
C:\Users\nobu>cd C:\php7.1.3

バージョン確認のコマンドを実行してみる。
C:\php7.1.3>php -v
PHP 7.1.3 (cli) (built: Mar 14 2017 23:33:35) ( NTS MSVC14 (Visual C++ 2015) x64 )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies

9かける9の掛け算をした結果を画面に表示するコマンドを実行してみる。
C:\php7.1.3>php -r "echo 9*9;"
81

とりあえず、今日のところはコマンドラインでPHP 7を動作させるところまでできた。
PC環境やメモを取りながら作業するかどうかにもよると思うけれど、PC環境が私と同じで、メモを取らないのであれば、PHP 7をダウンロードしてから簡単なPHPコマンドを使えるようになるまでに要する時間は、5分程度だと思う。

XREAのサーバOSはWindowsではなくてLinuxであるから、XREAに設置するPHPプログラムの動作検証用としてはWindows環境のPHP 7環境は適切ではないけれど、参考程度にはなるであろうし、個人的にPHP 7を趣味として楽しむのであれば、Windows環境で気軽に使えるPHP 7環境はとても便利で良いと思う。

今後、PHP 7を楽しむためのお手軽環境が用意できて、ちょっと嬉しくなってきた。

前へ

金沢名物!ハントンランチをカフェ・アルコ スタツィオーネで食べた感想

次へ

いろはすをぶん投げる猫-ゆきお