鼻毛カッターの箱を首からぶら下げる猫-ゆきお

昨夜、自宅にいる小学5年生の娘から一瞬意味の分からないLINEが届いた。

《娘からのLINEメッセージ》
ゆきおが...
お父ちゃんの、カッターに首輪を
絡めてしまった〜
どうしてこうなった...

このLINEメッセージを最初に受け取った時、LINEアプリではなく、iPhoneのメッセージ通知機能で見ていたから、テキスト情報は見たけれども写真は見ていないという状況であった。
通知文の中には、「写真を送信しました」というメッセージも含まれていたので、娘は写真も送ってくれているはずだ。

娘からのメッセージを見て、私は我が家の飼い猫ゆきおの首にカッターが突き刺さったのではないかと早とちりをした。
まさかとは思うけれど、娘が送ってきた写真は、カッターが首に刺さった血みどろのゆきおではないだろうか。

不安が募る一方なので、大慌てでLINEアプリで娘からのメッセージと写真を確認する。

写真に写っていたのは、Panasonicの鼻毛カッターの箱を首輪の鈴に引っ掛けている我が家のおすまし顔の猫ゆきおの可愛らしい姿だった。

鼻毛カッターの箱を首からぶら下げる猫-ゆきお
鼻毛カッターの箱を首からぶら下げる猫-ゆきお。

お父ちゃんのカッターって紙を切るカッターではなくて、鼻毛を切るカッターだったとは。
胸をなでおろした私は、娘に電話をして状況を確認する。

「これ、やらせじゃないよね?ゆきおが自分で首に付けたの?」
「そうよ。集中して絵を描いていたから、ゆきおの方を見ていなかったんだけど、ガタッと音がして何事かと思って見てみたら、カッターの箱の穴の空いている所にゆきおの首輪の鈴が引っかかっとったんよ」

ゆきおが意図的にこのような面白いことをしたのではないだろうけれど、娘も私もこのゆきおのお間抜けな格好にとても喜んだ。
その後、ゆきおは自分で鼻毛カッターの箱を外したということであった。

《関連リンク》
鼻毛カッター 一覧

この記事のメインカテゴリ:
この記事のサブカテゴリ: ,
SNS: