松山名物鍋焼きうどんをヨドバシカメラ秋葉原店8階の山羊で頂く

15時30分頃、まだ昼ご飯を食べていなかったので、お腹がかなり空いていた。

食べるお店を探すために、ヨドバシカメラ秋葉原店(マルチメディアAkiba/ヨドバシAkiba)の8階にあるレストラン街に今日初めて行ってみた。

お店はどれもおいしそうだけれど、お値段は高めの設定のものが多い。
1000円前後であるため、お金は払えるけれど、どれも食べられそうにない。
矛盾するようだけれど、お腹は空いていたけれど食欲はなかったので、食べられそうなものを軽く食べようと思っていたから、1000円前後のお肉がいっぱい使われている料理は食べられそうにない気がしたから、あっさり系を探していた。

お店のショーウインドーを見て回っていると、何だか懐かしいメニューが目に飛び込んできた。

松山名物鍋焼きうどん。

伊予の手造りうどんとお酒 山羊 ヨドバシAKIBA店の外観と周辺の様子
伊予の手造りうどんとお酒 山羊 ヨドバシAKIBA店の外観と周辺の様子。

このお店のショーウインドーに松山名物鍋焼きうどんのメニューがあった。
愛媛県松山市出身の私。
現在も自宅は松山市にある。

鍋焼きうどんは、私の大好物でもあった。
このお店にしよう。

伊予の手造りうどんとお酒 山羊 ヨドバシAKIBA店のメニューに書かれている「松山名物鍋焼きうどん」
伊予の手造りうどんとお酒 山羊 ヨドバシAKIBA店のメニューに書かれている「松山名物鍋焼きうどん」

松山名物鍋焼きうどんのお値段は税抜き850円。
税抜きであることを支払い時まで気づかず、消費税8%分を加算した918円をレジで請求された時には、高いなぁ、と思ってびっくりしてしまった。鍋焼きうどんに918円ものお値段がかかるのは、松山の感覚ではちょっと高いけれど、ここは東京なので、仕方がない。

うどんの玉は、一玉、二玉、三玉から選べるようであった。
店員さんに聞くと、玉数が増えても値段は変わらないということであった。
16時まではランチサービスで炊き込みご飯を無料でつけてくれるということであったから、うどんを三玉も頼むと食べきれないだろうと思い、二玉にした。

伊予の手造りうどんとお酒 山羊 ヨドバシAKIBA店の「松山名物鍋焼きうどん」(うどん二玉)とランチサービスの炊き込みご飯
伊予の手造りうどんとお酒 山羊 ヨドバシAKIBA店の「松山名物鍋焼きうどん」(うどん二玉)とランチサービスの炊き込みご飯。

伊予の手造りうどんとお酒 山羊 ヨドバシAKIBA店の「松山名物鍋焼きうどん」(うどん二玉)
伊予の手造りうどんとお酒 山羊 ヨドバシAKIBA店の「松山名物鍋焼きうどん」(うどん二玉)。

うどん二玉のボリュームは、なかなかのものであったけれど、炊き込みご飯がなければ、三玉は食べられたかな。

鍋から立ち上る湯気が気持ちよく、松山の鍋焼きうどんらしく、ちくわや卵が入っていて、とても嬉しかった。
おいしいので、鍋に入っているお汁も全て飲み干した。
食べ終わる少し前頃からは、体中、汗をかいていた。
辛いものではなく、熱いものを食べて汗が出るというのは、久しぶりのことであった。
体の中から温まり、空腹感もなくなったので、とても気持ちがよくなった。

何だか疲れているのか、体調が悪いのか、食べられる物を体が選ぼうとしている時には、故郷の好物を食べるのが良いかもしれないなぁ。


《関連リンク》
アサヒの鍋焼きうどん持ち帰り用を自宅で頂く

この記事のメインカテゴリ:
SNS: