漫画『今日からゾンビ!』第1巻を読んだ感想


今日からゾンビ! 1 (ビッグコミックス)

漫画『今日からゾンビ!』(作/石川優吾、画/荒木宰)の第1巻を読んだ。

グラビアアイドル・田畑 風花(たばたけ ふうか 17歳)が主人公。
このグラビアアイドルは、登場時にはもちろん、普通の人間で可愛らしい女の子。
その女の子が、突然、ふとしたアクシデントでゾンビになってしまい、ゾンビとして生活を始めなくてはいけなくなるとんでもないお話。

女の子のマネージャーが「"幽霊トンネルグラビア"は人気の企画だからね」と言っていたけれど、本当なのだろうか。
そのマネージャーがゾンビにあっけなくやられてしまうのはかわいそうだったなぁ。

この漫画の中に出てくる
売れないグラビアアイドル・ゾンビぷぅか
というネーミングは、すごいと思う。

その他にもなかなか秀逸な言葉が登場する。

「ゾンビとして生きるために <制作・富士存美村>」

これは、ゾンビになった人に見てもらうための教育ビデオのタイトル。
そんなビデオがあることにも驚きだが、ゾンビを漢字で書くと、存美となることにびっくりした。
ゾンビって片仮名表記しかないと思い込んでいたけれど、漢字表記もあったとは!(もちろん、この漫画内だけでしか通用しないような気もするけれど。)

存美と書くと、美とはかけ離れた存在であるゾンビに、美が存在するように思えてしまう効果があるかもしれない。......そんなわけないか。

第1巻の終わりに井戸から登場した「村役場の受付、吉田さん」がビキニ姿で登場したが、どう見てもゾンビには見えない。
主人公のグラビアアイドルの女の子もゾンビに見えない。

ゾンビには見えない主人公とこの村役場の女性で、お色気な漫画を展開していくのかなあ。

ゾンビなのにお色気?
なかなか新鮮だと思う。

見た目がとても可愛らしい女の子でも、実はゾンビだと考えると気持ちが悪くなってくるけれど、第2巻も早く読みたい、と思えるほどには、ほどよくこの漫画は面白い。

  
 

前へ

漫画『魔法科高校の劣等生 来訪者編』第1巻を読んだ感想

次へ

コタツテーブルから前脚を垂らして上を見る猫-ゆきお