100円ショップ・ダイソーの折りたたみ椅子を購入して使用した感想

東京で仮住まいをしているアパートでの生活が長引いており、1年ほどアパートの部屋には椅子がない状況が続いていたが、先日、100円ショップ・ダイソーで偶然見つけた折りたたみ椅子を衝動買いしたことにより、部屋に椅子がない状況は、事実上は、解消した。

座り心地がイマイチなのは何となく予想していた通りではあったが、ないよりはマシ。
床の上に座り込むと腰が痛くなりやすいが、こんな椅子でも座ることができれば、腰が痛くなりにくい。

100円ショップ・ダイソーの折りたたみ椅子(折りたたんだ状態)
100円ショップ・ダイソーの折りたたみ椅子(折りたたんだ状態)。

100円ショップ・ダイソーの折りたたみ椅子(開いた状態、つまり座れる状態)
100円ショップ・ダイソーの折りたたみ椅子(開いた状態、つまり座れる状態)。

折りたたんだ状態から、ワンタッチで簡単に開くことができるので、使用したい時にさっと使えるお手軽さ。

ワンタッチで元の閉じた状態に戻せるので、収納するのも簡単。

小さいから持ち運びも楽々。

折りたたみ椅子をカバンに入れて持ち運びたいと思っている人は、カバンのサイズにもよるが、そんなに大きなカバンでなくても入れられるコンパクトさ。

この椅子は、買ってよかったと思える商品。

100円ショップ・ダイソーの折りたたみ椅子(開いた状態、つまり座れる状態)を逆さまにした様子
100円ショップ・ダイソーの折りたたみ椅子(開いた状態、つまり座れる状態)を逆さまにした様子。

100円ショップ・ダイソーの折りたたみ椅子の商品タグ
100円ショップ・ダイソーの折りたたみ椅子の商品タグ。

お値段は100円ではなく、200円(税抜き価格)。
サイズは、横幅235mm、奥行き190mm、高さ180mmとのこと。

耐荷重量が約50kgというのが、実は気になるところ。
私の体重は50kgよりも、少しどころか、ちょっとどころか、...重いので、壊れないかが心配。

床に足をつけて座っていれば、椅子への圧力は減るはずなので、椅子にかかる重さはたぶん50kg未満と信じたい。

「折りたたみ椅子」を英語で言うと「folding chair」となるようだ。
ダイソーの商品タグでも勉強になるなあ。

この記事のメインカテゴリ:
SNS: