SoftBankショップでPepperのハイテク紙芝居を観る娘

SoftBankショップに行く用事があったので、小学五年生の娘と一緒に行ってきた。

ショップには先客がいたので、順番待ちをすることになったのだけれど、目立つ位置にロボットのPepperがいたので、娘は嬉しそうにPepperに近づき、遊び始めた。

Pepperのお腹についている液晶パネルを操作し、Pepperに言われるがままに、液晶パネルを操作して「くすぐって笑わせて」と言った要求にも娘は答えていた。

そのうち、ハイテク紙芝居というものが始まった。

SoftbankショップでPepperのハイテク紙芝居を観る娘
SoftbankショップでPepperのハイテク紙芝居を観る娘。

Peperのお腹の前にある液晶パネルに浦島太郎をモチーフとした絵が表示され、その絵の内容を説明するようにPepperが身振り手振り付きで「紙芝居」を始めた。

娘は楽しそうにPepperの紙芝居を観ていた。

Pepperがいれば、10分、20分程度の待ち時間など、全く気にならないぐらい楽しい時間が過ごせた。

Pepper、面白い奴だと思った。

  
 

前へ

Translate "ancient human bones" into Japanese

次へ

簡単な質問に答えるだけで自分にオススメの枕を提案してくれるサイト